プレスリリース

≪SSCV-Smart≫輸送事業における電子取引を支援する新機能をリリース

2022年10月06日(木)15時15分
3PL事業を中心とした総合物流企業である株式会社日立物流は、輸送事業者における電子取引を支援する新しい機能を輸送業務支援ソリューション「SSCV-Smart」に追加し、2022年9月30日より提供開始したことをお知らせします。
新機能は、「SSCV-Smart」上で取引された見積書や発注書、請求書などの電子データを、法令に定められた状態で保管する機能です。
これにより、電子帳簿保存法の改正に対応することができます。


■開発の背景
2022年1月1日より電子帳簿保存法が改正され、2年間の宥恕(ゆうじょ)措置期間が終わる2023年12月31日までに、国税関係の帳簿・書類の電子データ保存が義務化されます。しかし、輸送事業者の間では、法令への理解不足や環境の未整備などが問題となっており、法改正への対応が進んでいるとは言えません。


■新機能によって可能になること
「SSCV-Smart」は、輸送事業者の取引をデジタル化することで、業務効率化や法令遵守を支援するサービスです。従来の各帳票の電子化機能にデータの保存機能を追加することで、電子帳簿保存法の改正に対応することができます。

●「SSCV-Smart」の機能で生成した電子データを帳票イメージとセットで保管
●クラウド上に容量制限なく永年保管でき、保管義務に対応

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/329395/LL_img_329395_1.png
SSCV-Smartにて取引された電子データ保管画面のイメージ画像

■提供に関する詳細な情報
リリース日:2022年9月30日利用開始
提供価格 :SSCV-Smartの基本料金内で利用可能
提供方法 :SSCV-Smartのメニューから利用可能


■「SSCV」について
SSCVは日立物流が提供する輸送デジタルプラットフォームで、SSCV-Smart、SSCV-Safety、SSCV-Vehicleの3つのソリューションで構成されます。「物流企業の視点+テクノロジーの力」を活用して輸送課題を解決します。

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/329395/LL_img_329395_2.png
SSCV概念図

■「SSCV-Smart」について
"ひとつのログインで、輸送課題すべてをスマートに。"
SSCV-Smartは、物流インフラを担う輸送事業者の経営から現場業務まですべてを「スマート」にするための、輸送業務支援ソリューションです。受発注管理、配車管理、運行管理、会計管理、労務管理、調達管理など、物流会社の視点で必要な機能とサービスをひとつに集約して提供することで、輸送会社の事業成長を支えます。


■関連Webサイト
●「SSCV」総合特設サイト
https://www.hitachi-transportsystem.com/jp/sscv/
●「SSCV-Smart」特設サイト
https://www.hitachi-transportsystem.com/jp/sscv/smart/


■会社概要
商号 : 株式会社日立物流
代表者: 代表執行役社長(COO) 高木 宏明(※)
所在地: 〒104-8350 東京都中央区京橋二丁目9番2号 日立物流ビル
創業 : 1950年(昭和25年)2月
URL : https://www.hitachi-transportsystem.com/jp/
※「高」の字は、正しくは「はしご高」です。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

政府内の監視カメラ、調達手続き明確化 リスク対応は

ビジネス

日産の4─12月期は営業益51%増、値上げ寄与 通

ワールド

ロシア軍事会社「ワグネル」、受刑者の採用中止

ビジネス

資産所得倍増、資本逃避・円安助長とは一概に言えず=

MAGAZINE

特集:南進する中国

2023年2月14日号(2/ 7発売)

南太平洋諸国に外交攻勢をかけカネをばらまく中国の狙いはシーレーン確保だけではない

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米不満

  • 2

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 3

    韓国戦車が欧州の戦場を埋め尽くす日

  • 4

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 5

    絶滅危惧種の赤ちゃんを食べた女性インフルエンサー…

  • 6

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 7

    Z世代セレブの間に「ノーパンツ」ブーム? ズボンを…

  • 8

    「片づけを諦めた」──アメリカ人の神「こんまり」の…

  • 9

    「走る要塞?」...防弾仕様、核電磁パルス対応の武装…

  • 10

    性的暴行犯、裁判で「性自認は女性」と訴え女子刑務…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 3

    大雪とEV、欧州でのハイブリッド禁止...そして日本人のアピール下手の話

  • 4

    ワグネル創設者プリゴジン、バフムトでの苦戦を認める

  • 5

    中国にリスク覚悟で「偵察気球」を送らせた3つの対米…

  • 6

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 7

    世界汚職ランキング!最もクリーンな国はデンマーク…

  • 8

    「ねえ、ラブホいかへん?」 家出少女に声をかけられた…

  • 9

    ベルギーの倉庫に眠るドイツ製戦車「レオパルト2」の…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

  • 1

    パリコレで58歳大御所モデル転倒の瞬間...ヒール捨て裸足で会場を圧倒

  • 2

    5万年に1度のチャンス、肉眼で見える緑の彗星が接近中

  • 3

    ビリー・アイリッシュ、二度見されそうな「R指定Tシャツ」で街を闊歩

  • 4

    米人気モデル、ビーチで「ほとんどヒモ」な水着姿を…

  • 5

    本当にただの父娘関係? 24歳モデルと父親の写真、距…

  • 6

    ロシアはウクライナでなく日本攻撃を準備していた...…

  • 7

    8歳の少年がサメに左胸を噛まれ、動画が途切れる

  • 8

    【解説】2月2日に最接近し「肉眼で見える」──二度と…

  • 9

    【閲覧注意】ネパール墜落事故、搭乗客のライブ配信…

  • 10

    「唇どうしたの !? 」クロエ・カーダシアン、ファン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
羽生結弦アマチュア時代全記録
CCCメディアハウス求人情報
お知らせ

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中