プレスリリース

「遠鉄フォークリフトスクール浜松」の開校と「フォークリフト運転技能講習」の予約開始について

2022年05月13日(金)10時30分
株式会社遠鉄自動車学校(本社:浜松市東区小池町、社長:飯尾 圭介)では、労働安全衛生法に基づく資格取得を支援するため、2022年6月6日(月)より浜松市東区丸塚町の浜松自動車学校内に「遠鉄フォークリフトスクール浜松」を開校し、「フォークリフト運転技能講習」を開始いたします。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/309796/LL_img_309796_1.jpg
使用する車両

この講習は、従来自動車学校として行ってきた大型・中型等の運転免許取得のための教習に加え、この度当社が遠鉄グループとして新たにチャレンジする取り組みです。この講習実施を通じて、コロナ禍で雇用情勢が不安定な中、個人のスキルアップを目指す方や、物流業界などへの就職を志す方のニーズに応えてまいります。

下記が詳細となりますので、ご案内方お取り計らいの程、宜しくお願い申し上げます。


1. 講習の概要
『フォークリフト運転技能講習』とは・・・
厚生労働省が認定する国家資格。労働安全衛生法により「最大荷重1トン以上のフォークリフトの運転業務に従事する者は、登録教習機関が実施する講習を修了しなければならない。」と定められています。

名称 :遠鉄フォークリフトスクール浜松
静岡労働局長登録教習機関 登録番号 第82号
所在地 :浜松市東区丸塚町1番地(浜松自動車学校内)
講習種類:フォークリフト運転技能講習
受講資格:第1種普通自動車免許所持
講習日程:全4日間、31時間(学科1日、実技3日)
平日プラン・土曜プランから選択可
受講料 :32,000円(税込)


2. 目的
(1) 物流業界等への就職を志す方の資格取得ニーズに応えるため
(2) 将来の就職に備え、個人のスキルを向上させたいという方のニーズに応えるため
(3) 大型・中型等自動車免許の取得希望者でフォークリフトの資格も取得したいという方に対し、ワンストップでそのニーズに応えるため


3. 特徴
(1) 車でアクセスしやすい好立地
東名浜松IC、三方原スマートICからも程近く、西遠・中遠からも車でアクセスしやすい好立地で、駐車場も多数完備しております。

(2) 親切丁寧な指導
実務経験豊富な講師が親切丁寧な指導を行います。

(3) 安心できる車両
使用する車両2台は新車で安全装置完備なので安心して受講していただけます。

(4) 料金
リーズナブルな料金設定

(5) お客様の生活リズムに合わせたプラン選択
平日・土曜プランの2つから選べるのでスケジュールに合わせて受講が可能です。

(6) 長年の経験で培った教習ノウハウ
自動車学校として長年培ってきた教習ノウハウを活かしたスムーズな講習を実現

(7) 快適な講習施設
学科を行う教室など、新しく快適な講習施設です。


4. 申込み受付
ホームページの予約フォームから申し込みを受付けます。
https://entetsu-drivingschool.co.jp/
※5月11日(水)より正式に受付開始いたしました。
※原則、WEBからの申し込みとなり、講習受講当日まで来校不要です。

電話連絡先 053-461-9300
電話受付時間 10:00~19:00


5. 参考資料
(1) 【講習車両(2両)】

(2) 【実施スケジュール】
(6月の例) ※各月につき平日プラン、土曜プラン各1回ずつ開講いたします。

2022年6月
【学科】A(平日プラン)とB(土曜プラン)を併せて実施
【実技】AとBを別々に実施

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/309796/LL_img_309796_3.png
実施スケジュール


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

独シーメンス、建物管理ソフトの米ブライトリー買収 

ビジネス

GEのカルプCEOが航空機部門トップ兼務、会社3分

ビジネス

米フォード、電動ピックアップトラック約2900台を

ワールド

UAEとサウジの増産余力乏しい、仏大統領がバイデン

MAGAZINE

特集:広がるインフレ 世界経済危機

2022年7月 5日号(6/28発売)

急激なインフレ、食糧・エネルギー不足、米バブル崩壊...... 「舵取り役」なき世界経済はどこへ

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR会社」と「情報戦」の深層

  • 4

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 5

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 6

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 7

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 8

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから…

  • 9

    40年ぶりの「超インフレ」アメリカに暮らして

  • 10

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 9

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中