プレスリリース

Newton-Rider デンマーク発、世界初(※)、科学とテクノロジーが実現したスタイリッシュで革新的な世界一薄い未来型折りたたみヘルメットN1が4月2日にGREEN FUNDINGで日本上陸!

2022年03月30日(水)10時00分
世界の自転車大国デンマークの首都、コペンハーゲン発のNewton-Riderが環境先進国デンマークの斬新なデザインコンセプトを活かしたサステイナブルな交通手段と安全性を実現する革新的な世界一薄い未来型折りたたみヘルメット"N1"を「GREEN FUNDING」にて2022年4月2日(土)からクラウドファンディングを開始します。

(※) ヘルメットに対する技術、自社調べ

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/303971/LL_img_303971_1.png
ニュートンライダーヘルメット3色

【Newton-Rider Founders】
2020年にそれぞれの専門分野で活躍する3人のクリエーターで結成されたNewton-Rider。サイクリストでもあるデンマーク出身のウルレック ジェンセンは、20年間も変わらないヘルメットに疑問を持ち、バイオテクノロジーとナノテクノロジー専門のドイツ出身のダニエル・ビュンガー、そして工業デザインで活躍するニュージーランド出身のウィル・マーシャルに声をかけ、次世代のヘルメットのために夢のチームを結成したのです。
安全性はもちろんのこと、薄くてミニマム、柔らかくて快適、折りたためて持ち運びが簡単、など若者の生活にフィットする、そんなヘルメットの開発にチャレンジしました。そして、2年半の月日を費やし、これまでにない自転車用(Eバイクなど)のファッショナブルなヘルメットを誕生させたのです。


【現状の日本】
日本はEバイクの発明を手がけた上、世界自転車大国ランキングで4位に位置をします。しかし安全のためのヘルメット着用率は11.2%ととても低いのが現状です。(自転車ヘルメット委員)
「自転車対歩行者」及び「自転車単独」事故は平成29年より、「自転車相互」事故は平成28年より増加しています。令和2年の、自転車乗用中の交通事故においてヘルメットを着用していなかった場合の致死率は、着用していた場合に比べて約3.0倍高くなっています。(警察庁調べ)
最近では愛知県をはじめある都道府県ではヘルメットの着用が義務付けられており、安全性を高めるために、これから多くの都道府県でこの変更が行われていると予想されます。


【安全をスタイルに変える。世界初、画期的な折りたたみヘルメットpat.p】
2年半の月日をかけて完成した革新的な未来型N1ヘルメット
折りたたみ式 | 世界一薄い | 新しい安全 | スタイリッシュ

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/303971/LL_img_303971_2.png
4USPタイトル入り

【DANISH DESIGN】
世界の自転車大国デンマークの首都、コペンハーゲン発のNewton-Rider.
環境先進国デンマークの斬新なデザインコンセプトを活かした持続可能な交通手段と安全性を実現する未来型ヘルメットです。

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/303971/LL_img_303971_3.png
デンマークデザイン

【SCIENCE X DESIGN】
ノンニュートン素材とインテリジェントデザインにより薄く、セミソフトでも安全性を可能に。

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/303971/LL_img_303971_4.png
N1衝撃から守る3つの層

3層の衝撃保護技術は衝撃エネルギーを吸収および放散し、その後、複数の衝撃保護を再利用するために再び自己組織化するための超分子コアを備えた個別のパッドで形成されています。
ニュートンライダーの非ニュートンおよびセミソフト衝撃吸収材は直線的に機能し、小さな 衝撃の事故でも脳震盪を防ぐようにデザインされています。


【SIMPLE X COMPLEX】
シンプルでスタイリッシュなデザインの中に秘められた複雑な内部構造。洗練されたデザインがあなたのスタイルを際立たせます。

画像5: https://www.atpress.ne.jp/releases/303971/LL_img_303971_5.png
折りたたみ式N1ヘルメット

1. 世界で最も薄いヘルメット
厚さわずか16mmのN1ヘルメットは平均的なEPSヘルメットより約40%も薄い。
2. 特許取得済み
折りたためるデザインNewton-Riderは、独自の特許取得済みの 折りたためるデ ザインを採用しておりヘルメットの両端を握るだけで折りたためます。
3. どんなシェープでもフィット
セミソフトなヘルメットの構造により個々の頭 のカタチにピッタリに快適にフィットします。

画像6: https://www.atpress.ne.jp/releases/303971/LL_img_303971_6.png
NR ヘルメット

【MAKING SAFETY A DESIRE】
マルチモーダルで持続可能な都市交通 の未来のために、私たちは安全と同時に快適さやファッションを追求します。

画像7: https://www.atpress.ne.jp/releases/303971/LL_img_303971_7.jpg
創業者チーム

左から:
Ulrik Jensen CEO/Concept Designer
Daniel Bunger/Dipl. Ing. Bio-&Nanotechnologies
Wil Marschall/Industrial Designer

<取扱/展示等>
クラウドファンディング開始(予定) : 2022年4月2日(土)
発送開始(予定) : 2022年7月頃
クラウドファンディング特別価格 : 13,875円(税込)~
メーカー希望小売価格 : 18,500円(税込)
クラウドファンデイング先行販売ページ: https://greenfunding.jp/lab/projects/4816
WEBSITE : www.Newton-Rider.com


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

マクロン仏大統領、7月初めの政権刷新目指す

ワールド

ブラジルのボルソナロ氏、元国防相を副大統領候補に起

ワールド

英仏首脳が会談、ウクライナへの追加支援を確認 

ワールド

焦点:米民主党、中絶巡る最高裁判断を中間選挙争点に

MAGAZINE

特集:沖縄の論点

2022年6月28日号(6/21発売)

「本土復帰50年」を迎えた、オキナワの語られていない語られるべき問題

人気ランキング

  • 1

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別カードを切るはず」と王室作家

  • 2

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 3

    【映像】夫婦と愛犬、すんでのところで猛追クマから逃れる

  • 4

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 5

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 6

    女性の耳から小さなカニ、ピンセットで摘出される動…

  • 7

    BTS「V」熱愛報道は後輩グループの「醜聞隠し」のた…

  • 8

    世界が見るウクライナ戦争の姿はフェイク? 「戦争PR…

  • 9

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 10

    ヘンリー王子夫妻、娘リリベットの誕生日会に参加し…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    アメリカで「転売ヤー」問題が少ない理由

  • 3

    【動画】青唐辛子にかぶりついた少年、案の定ひどく悶える

  • 4

    メーガン妃「いじめ調査」結果はクロか? 「次は差別…

  • 5

    最も明るく、最も急速に成長するブラックホール発見…

  • 6

    冷遇されたヘンリー王子ついに「称号返上」を検討と…

  • 7

    可愛くないはずがない...それでも女王が曾孫リリベッ…

  • 8

    中国に「平伏する」ハリウッドで、『トップガン』が…

  • 9

    逆子の自然分娩「レクチャー映像」がトラウマ級

  • 10

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 1

    治験中のがん新療法、18人全員の腫瘍が6ヶ月で消失 専門医「前代未聞」

  • 2

    女性を踏み殺したゾウ、葬儀に現れ遺体を執拗に踏みつけ去る インド

  • 3

    遺体ばかりか負傷兵も置き去り──ロシア軍指揮官のプロ意識がさらに低下(米戦争研究所)

  • 4

    【映像】突進してくるゾウの赤ちゃんが「ちっとも怖…

  • 5

    英ルイ王子の「やんちゃ」ぶりで、キャサリン妃に「…

  • 6

    極超音速ミサイル「ツィルコン」はウクライナの戦況…

  • 7

    インド人初のK-POPスター誕生へ 4000人から選ばれた…

  • 8

    プーチン「重病説」を再燃させる「最新動画」...脚は…

  • 9

    中国側に「寝返った」ジャッキー・チェン、「父親が…

  • 10

    英ヘンリー王子夫妻、軽い扱いに「激怒」してイベン…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中