コラム

積雪80cmは、序の口?!

2010年02月21日(日)11時30分

今月の初め、私の実家、新潟では26年ぶりの大雪となりました。
あまりに久しぶりの事で、除雪車も足りなくなるほどの大騒ぎだったそうです。

よく、新潟出身というと、「冬は2階から出入りするの?」と聞かれますが、さすがにそこまでの経験はありません。
私の母も、山間の豪雪地帯出身ではないですが、2階からの出入りを数度経験したことがあるそうで、その時の状況を聞いてみました。

2階から出入りと聞いて、2階 の高さまで雪が降り積もると想像していたのですが、そこは豪雪地帯とは少し違うようです。屋根から降ろした雪が、家の壁際に積み上がり、道路に積もった雪の上にも重ねられ、1階は埋没。それで2階からの出入りとなるのだそうです。

塞がれた窓の向こうはといえば?  ガラス越しに雪で覆われている。
と思っていたのですが、そこはちゃんと 、外側から板で補強。
 
そしてその時1階は?  もちろん真っ暗。 
とは言え、家の温度で雪は解けるし、多少の灯り取り(補強板を斜めに取り付けるらしい)も出来ていたよ うで、常時真っ暗というわけでもなかったそうです。

車はもちろん出せませんが、今のように一家に一台自家用車という時代でもなかったので、その辺は大きな混乱もなかったよう。

サンパチ豪雪といわれる、昭和38年の降雪時には、電線をまたいで(!)歩いた記憶や、左右の歩道を行き来するため、積み固まった路上の雪にトンネルを作って反対側へ渡ったとか、そんな話を聞いてると、今回の一晩で80cmを超える積雪も、なんだが可愛く聞こえてきます。

今では、除雪車もすぐ来るし、消雪パイプも設置され、同じように雪が降っても、昔のような積もり方にはならないでしょうが、一度くらいはそんなドカ雪も体験してみても良かったかなぁと。毎年は嫌ですが。

――編集部・川崎寿子

このブログの他の記事も読む

ビル・クリントンに寝だめのすすめ

世界報道写真展:審査の裏側

イルカ猟告発映画『ザ・コーヴ』は衝撃的か

ミシェル・オバマの肥満撲滅大作戦

不遜なギリシャ首相はタダ者じゃない?

プロフィール

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナGDP、1─5月は前年比4.3%増 5月

ワールド

南アのラマポーザ大統領、2期目就任

ワールド

中国、南シナ海巡る言葉と行動を一致させるべき=フィ

ワールド

中国軍、「根深い」問題に直面 反腐敗を強化=習主席
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が苦言...相変わらず「しつけが悪い」?

  • 4

    「多くが修理中」ロシア海軍黒海艦隊の3分の1が「戦…

  • 5

    トランプ前大統領、選挙演説での「異様な容貌」に支…

  • 6

    SF映画の世界...サウジ皇太子が構想する直線型都市は…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    今回の東京都知事選を「イロモノ」の祭典にしないた…

  • 9

    なぜガザの停戦案はまとまらないのか?「イスラエル…

  • 10

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 10

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された─…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story