ニュース速報

ワールド

ザポロジエ原発、ロシアが送電網からの切り離し計画=ウクライナ

2022年08月19日(金)19時32分

ウクライナの国営原子力企業エネルゴアトムは19日、ロシア軍が近くザポロジエ原発の発電設備の運転を停止し、ウクライナの送電網から切り離すことを計画しているとの情報があると表明した。原発の全景、ロシア国防省提供写真。(2022年 ロイター)

[キーウ(キエフ) 19日 ロイター] - ウクライナの国営原子力企業エネルゴアトムは19日、ロシア軍が近くザポロジエ原発の発電設備の運転を停止し、ウクライナの送電網から切り離すことを計画しているとの情報があると表明した。

同社はロシア軍が「大規模な挑発行為」を準備していると主張。「ロシア軍は現在、発電設備の運転停止後に核燃料冷却システム向けの外部電源が失われた場合に使用するとみられるディーゼル発電機向けの燃料供給車を探している」との見方を示した。

ザポロジエ原発は欧州最大の原発で、3月にロシア軍が占拠したが、現在もウクライナ人技術者が働いている。原子炉6基のうち2基のみがフル稼働状態にある。

発電設備を送電網から切り離せば、特にウクライナ南部の電力供給に新たな圧力が生じるとみられる。

ロシアもウクライナ軍が19日に同原発で「挑発行為」を計画していると主張している。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング