ニュース速報

ワールド

中国インターネット規制当局、業界との緊密な関係構築に意欲

2022年08月19日(金)14時27分

中国国家インターネット情報弁公室(CAC)は19日、外国資本を求める国内企業を支援すると表明し、企業の保有データが外国政府に悪用されるリスクの有無が審査の焦点になるとした。インターネットの発展に関する記者会見で述べた。写真は昨年7月撮影(2022年 ロイター/Florence Lo)

[北京 19日 ロイター] - 中国国家インターネット情報弁公室(CAC)の牛一兵副主任は19日、インターネット企業と政府の間に緊密な関係を築きたいとの考えを示した。

業界の健全な発展を支持するとし、規則を実施する一方で「意欲的な起業家の雰囲気」を作りたいと記者会見で述べた。

景気減速に直面する中、規制当局は今年、昨年のようなペースでは新たな規則を発表していないものの、企業は慎重な姿勢を崩しておらず、アリババ・グループや騰訊控股(テンセント・ホールディングス)など多くの企業が新規投資の抑制や人員削減を行っている。

CACのサイバーセキュリティー調整部門トップは、外国資本を求める国内企業を支援すると表明し、企業の保有データが外国政府に悪用されるリスクの有無が審査の焦点になるとした。

データ保護法違反で先月に12億ドルの罰金を科した配車サービス大手、滴滴(ディディ)の是正に向けた取り組みを指導・監督していることも明らかにし、今後も隠れたセキュリティーリスクを取り除き、国家安全保障やデータの安全性を危険にさらす行為を罰する方針を示した。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング