ニュース速報

ワールド

英、オミクロン対応2価ワクチン承認 世界初 モデルナ製

2022年08月16日(火)08時44分

英政府は15日、新型コロナウイルスのオミクロン変異株と派生型に対応する「2価」ワクチンを承認した。同ワクチンの承認は世界初。英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)によると、米モデルナ製で、成人向けブースター(追加)接種で使用される。(2022年 ロイター/Dado Ruvic)

[ロンドン 15日 ロイター] - 英政府は15日、新型コロナウイルスの従来株とオミクロン変異株に対応する「2価」ワクチンを承認した。同ワクチンの承認は世界初。英医薬品・医療製品規制庁(MHRA)によると、米モデルナ製で、成人向けブースター(追加)接種で使用される。

英国は9月から追加接種キャンペーンを実施する見通し。英政府の諮問機関であるワクチン・予防接種合同委員会(JCVI)は50歳以上や医療従事者、高リスクの人を対象にするよう提言している。

英国保健安全保障庁(UKHSA)の試算によると、これまでに少なくとも2回のワクチン接種を済ませている約2600万人が対象となる見通し。

MHRAは今回の承認について、追加接種によって従来株とオミクロン株「BA.1」の両方に対して「強い免疫反応」が見られたことを示す臨床試験のデータを基に判断したと説明。

また、現在主流となっているオミクロン株の派生型「BA.4」と「BA.5」に対しても「良好な免疫反応」が見られることが予備的な分析で示されているとした。

モデルナは、オーストラリアやカナダ、欧州連合(EU)でも数週間中に承認を獲得する見通しとした。

EUの欧州医薬品庁(EMA)当局者はこれまでに、変異株対応ワクチンが9月までに承認されるという認識を示し、この秋の追加接種ではBA.1を標的としたワクチンを使用する用意があると示唆している。

一方、米食品医薬品局(FDA)は米国内で今後使用するワクチンをBA.4とBA.5に対応させるよう求めている。

米ファイザーと独ビオンテックもオミクロン株対応ワクチンの試験を行っている。

*システムの都合で再送します。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米金融部門、アジア系女性昇進になお「竹の天井」=調

ビジネス

8月の豪小売売上高、前月比+0.6% 予想上回る

ビジネス

JPモルガンの英個人向け金融部門、2年以内に従業員

ビジネス

アップル、新型iPhone生産拡大見送り=ブルーム

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 2

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 5

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ば…

  • 6

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 7

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 8

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 9

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 10

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中