ニュース速報

ワールド

イスラエル、ガザ境界沿いに軍部隊集結 4日目も戦闘激化

2021年05月14日(金)06時02分

イスラエル軍とイスラム組織ハマスとの戦闘は、開始から4日が経過した13日も続き、パレスチナ側が商都テルアビブとその周辺地域までロケット弾を撃ち込む中、イスラエル軍はパレスチナ自治区ガザに対する空爆を継続すると同時に、ガザとの境界沿いに戦車や軍部隊を集結させている。写真はガザで撮影(2021年 ロイター/Ibraheem Abu Mustafa)

[ガザ/エルサレム 13日 ロイター] - イスラエル軍とイスラム組織ハマスとの戦闘は、開始から4日が経過した13日も続き、パレスチナ側が商都テルアビブとその周辺地域までロケット弾を撃ち込む中、イスラエル軍はパレスチナ自治区ガザに対する空爆を継続すると同時に、ガザとの境界沿いに戦車や軍部隊を集結させている。

パレスチナの医療当局によると、ガザでは4日間で子ども27人を含む少なくとも103人が死亡。この日だけで49人が死亡した。イスラエル当局によると、イスラエルでは子ども2人を含む7人が死亡した。

この日はハマスがテルアビブとその周辺をロケット弾で攻撃。大部分がイスラエルのミサイル迎撃システムで撃ち落とされたが、テルアビブ付近で5人の負傷者が出た。

イスラエルは、ハマスが所有しているとするガザにある6階建ての居住用のビルを空爆。イスラエルのネタニヤフ首相はこれまでにガザで約1000カ所の標的を攻撃したと述べた。

こうした中、イスラエル軍報道官は「ガザとの境界沿いに軍隊を集結させている」と表明。イスラエル軍による地上侵攻の懸念が出ている。ただ、イスラエル軍に定期的に情報提供を受けている軍事記者によると、多くの死傷者が出るリスクがあるため、地上侵攻が実施される公算は小さいとしている。

この日はこのほか、レバノンからイスラエルに向けて3発のロケット弾が発射されたが、いずれも地中海に落下した。レバノンのパレスチナ人団体による連帯の表明で、新たな攻撃の開始でないとみられている。

攻撃の応酬が収まらない中、国連のグテレス事務総長とロシアのプーチン大統領が戦闘の終結を呼び掛けたほか、米国のバイデン大統領も事態の沈静化を呼び掛けた。

国連では、中国、ノルウェー、チュニジアがイスラエルとパレスチナの問題を討議するために国連安全保障理事会の公開オンライン会議を14日に開くよう要請。ただ米国がこれを拒否した。ブリンケン米国務長官は、外交手段を通した事態の沈静化を図る時間的な余裕を確保するために、こうした会議は来週に先送りするのが望ましいと説明した。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

原油先物は上昇、米在庫減少で燃料需要巡る楽観高まる

ワールド

蘋果日報の廃刊、香港メディアへの「政治的抑圧」 台

ワールド

アングル:米企業、従業員のワクチン接種確認で混乱 

ワールド

フィリピンのベニグノ・アキノ前大統領が死去=関係筋

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 2

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の正体は?

  • 3

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環境破壊と難民危機

  • 4

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 5

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 6

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 7

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    インドの「スーパースプレッダーイベント」、虚偽の…

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中