ニュース速報

ワールド

アストラ製ワクチンの波紋拡大、豪・比など年齢制限 購入停止も

2021年04月09日(金)06時06分

英アストラゼネカの新型コロナワクチンとまれな血栓症の発症が関連している可能性があるとの指摘を受け、8日までに使用に年齢制限を設定する国が相次いでいるほか、同社ワクチンの購入をストップする動きも出ている。写真は4月7日、クロアチア・ザグレブで撮影。(2021年 ロイター/Antonio Bronic)

[8日 ロイター] - 欧州連合(EU)の医薬品当局が英アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンとまれな血栓症の発症が関連している可能性があると指摘したことを受け、8日までに使用に年齢制限を設定する国が相次いでいるほか、同社ワクチンの購入をストップする動きも出ている。

フィリピンは60歳以下へのアストラゼネカ製ワクチンの接種を停止すると発表。オーストラリアも50歳以下の人にはアストラ製ではなく米ファイザーのワクチンを接種するよう推奨した。

オランダはアストラ製ワクチンの接種を60歳よりも上の世代に限定。ポルトガルは60歳未満への接種を停止した。

アフリカ疾病対策センター(CDC)によると、アフリカ連合(AU)はアストラ製ワクチンを製造するインドのセラム・インスティチュートから同ワクチンを購入する計画を撤回し、米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)製の購入にシフトする選択肢を模索しているという。

英国は7日、30歳未満については他のワクチンを使用するよう提言。イタリアはアストラ製ワクチンを60歳以上に限定して推奨すると発表した。フランスやドイツ、オランダも年齢制限を設けている。韓国も60歳以下へのアストラ製接種を中断した。

また、インドネシアのブディ保健相は、アストラ製ワクチンの到着が遅れているため、中国に最大1億回分のワクチンの供給を要請していることを明らかにした。

インドは、国内のコロナ感染者が急拡大する中、セラム・インスティチュートが製造するアストラ製ワクチンの輸出を一時停止する方針を示している。

アストラ製ワクチンを巡っては、当初は高齢者への効果が不明とされていたが、最近になって60歳以下の女性を中心に接種後にまれな脳血栓症が発生する事例が報告されている。

欧州医薬品庁(EMA)は7日、同ワクチンと血栓症の関連の可能性を指摘しつつも、依然として利点がリスクを上回っているとの認識を再表明した。アストラゼネカは、ワクチン接種に伴い「非常にまれな副反応」として脳血栓症が発生する可能性を明記する方向で、欧州と英保健当局と取り組んでいると明らかにした。

コロナワクチンの世界的な公平分配を目的とした枠組み「COVAXファシリティー」に関する声明の中で、アストラゼネカのソリオ最高経営責任者(CEO)はこれまでにCOVAXを通じて3700万回を超えるワクチンを供給したとし、「公平で手頃な価格のワクチンを提供するという揺るぎないコミットメントを実現するために、絶えず努力を重ねている」と述べた。

*情報を追加します。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米最高裁判事の増員検討へ、バイデン氏が大統領令で委

ワールド

中国、アリババに27.5億ドルの罰金 独禁法違反で

ワールド

アングル:女性の経済政策リーダー続々、コロナ禍克服

ビジネス

アングル:メキシコ対ブラジル、投資家振り回した大統

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米国で広がっている

  • 2

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 3

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 4

    「よい誤解」だから許される? 日本の「ハーフ観」…

  • 5

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 6

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 7

    あなたが仕事を始めないのは「やる気が出るのを待って…

  • 8

    「日本のお金で人殺しをさせないで!」ミャンマー国…

  • 9

    今年のアカデミー賞候補はハズレなし! 一方で過去…

  • 10

    障がいを持ち、産みの親に捨てられた少女を偉大なア…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 4

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 5

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 6

    マスクなしでスーパーを埋め尽くす「買い物テロ」に…

  • 7

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 8

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    誤って1日に2度ワクチンを打たれた男性が危篤状態に

  • 3

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 4

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 5

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 6

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 7

    親指の爪ほどの貝がインフラを破壊する 侵略的外来…

  • 8

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 9

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 10

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中