ニュース速報

ワールド

インド中銀、予想外の金利据え置き 物価を注視

2020年08月06日(木)19時43分

 8月6日、インド準備銀行(中央銀行)は政策金利のレポレートを4.0%に据え置いた。政策金利の据え置きは予想外だった。写真はムンバイで2013年10月撮影(2020年 ロイター/Danish Siddiqui)

[ムンバイ 6日 ロイター] - インド準備銀行(中央銀行)は6日、政策金利のレポレートを4.0%に据え置いた。足元で消費者物価が上昇していることから、インフレ動向を注視する。ただ新型コロナウイルス危機を踏まえ、緩和スタンスを必要な限り維持する方針を示し、銀行の法人向け融資の再編を認めると発表した

リバースレポレートも3.35%で据え置いた。

政策金利の据え置きは予想外だった。

ロイターのアナリスト調査では、3分の2が25ベーシスポイント(bp)の引き下げを、残りが据え置きを予想していた。

インド中銀は昨年から緩和サイクルに入り、今年は2月以降、レポレートを115bp引き下げている。

ダス総裁は「インフレ見通しを巡る不透明感と、新型コロナによる前例のないショックの中で極度に低迷する経済情勢を踏まえて、政策金利の据え置きを決めた」と表明。

「経済復興を支援する余地を活用するため、インフレ率が持続的に鈍化するか(引き続き)警戒していく」と述べた。

ただ金融政策委員会は、緩和的な政策スタンスを「経済成長の再開に必要な限り長期にわたって」維持することを全会一致で決定した。

インド政府は新型コロナウイルスの流行を受けて、3月下旬に厳格なロックダウン(都市封鎖)を導入。6月から段階的にロックダウンを緩和したが、感染者の増加は続いている。

ロイター調査によると、4─6月のインド経済は20%のマイナス成長となる可能性がある。

エララ・キャピタルのエコノミスト、ガリマ・カプール氏はインフレ圧力が緩和すれば景気落ち込みに対応して今年度(2020年4月─21年3月)後半に25─50bpの利下げもあり得るとみている。

<不良債権問題に対応>

中銀は、不良債権が倍増すると予想される中、1回限りの融資の再編を認めると発表した。

ダス総裁によると、現行の不良債権処理の枠組み内で、銀行は法人向け融資債権を債権放棄せずに再編できるようにする。当該債権は正常債権という区分で変わらない。

L&Tフィナンシャル・ホールディングスのチーフエコノミスト、ルパ・レゲ・ニツレ氏は、モラトリアム(返済猶予)でなく債務再編のスキームを打ち出したことは金融安定の観点で賢明な措置と評価した。

ダス総裁は、新たな債務再編スキームについて、新開発銀行(BRICS開発銀行)元総裁のカマト氏を座長とする諮問委員会を設置すると明らかにした。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

英政策金利、0.1%が下限と認識=ラムスデン副総裁

ビジネス

中国指導部、重要会議で次期5カ年計画成長目標下げ承

ワールド

タイ、外国人の出国猶予と非常事態宣言を10月末まで

ワールド

韓国大統領、南北軍事ホットライン再開必要 射殺男性

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 2

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(パックン)

  • 3

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 4

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 5

    いま売り上げ好調なアパレルブランドは何が違うのか…

  • 6

    国連理事会、西側諸国が中国非難 香港・ウイグル問題…

  • 7

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 8

    世界最大3200メガピクセルのデジタル写真の撮影に成功

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    ルース・ギンズバーグ判事の死、米社会の「右旋回」に現…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 10

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!