ニュース速報

ワールド

米・サウジ・ロシア、原油減産巡り平行線 OPEC+会合に不透明感

2020年04月09日(木)08時38分

 4月8日、イランのザンギャネ石油相(写真)は石油輸出国機構(OPEC)宛ての書簡で、石油市場に対する明確な結果が期待できなければロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」会合の開催には同意しないと伝えた。ウィーンで2018年12月撮影(2020年 ロイター/LEONHARD FOEGER)

[ドバイ/ロンドン 8日 ロイター] - 原油価格下支えのための協調減産を巡り、石油輸出国機構(OPEC)最大の産油国であるサウジアラビア、ロシア、そして世界最大の産油国である米国が、依然として意見の隔たりを埋められずにいる。

OPECにロシアなど非加盟産油国を加えた「OPECプラス」による会議が9日に迫る中、サウジとロシアは、米国などOPECプラスの枠組みに加わっていない産油国の協力が得られない限り、減産には合意しない構え。しかし、米国は繰り返し、米石油会社は原油安などを受けて既に生産量を削減しているとして、協調減産に加わらない考えを示している。

ロシアのペスコフ大統領報道官は、米国の産油量の自然減が国際的な減産に貢献していると見なされるかとの質問に対し「全く別の削減だ」と応じた。

米国では反トラスト法(独占禁止法)によって石油会社が共謀して価格をつり上げるカルテルが禁じられているが、法の専門家によると、州の規制当局や連邦政府が生産水準を下げるよう命じるのは可能。ただ、トランプ大統領は今週、OPECから米石油会社に減産を要請するよう求められてはいないと述べ、「状況を見守る」立場を示した。

トランプ氏は前週に、サウジとロシアが主導する形で日量1000万─1500万バレルの減産に踏み切る可能性があると述べているが、サウジは減産の幅や分担に関する合意がまとまったとは全く示唆していない。OPEC関係筋は7日、OPECプラスは米国など他の産油国の協力が得られない限り、大幅減産には合意しない構えだと話した。

タス通信が8日、エネルギー省当局者の話として報じたところによると、ロシアは日量160万バレルの減産を行う用意があると表明した。

<基準生産量が争点>

あるOPEC筋は、減産の基準生産量が争点になっていると指摘。4月に従来の日量1000万バレル弱から1230万バレルに増産したサウジは、4月の生産量を基準に減産量を決めるべきと主張しているという。これに対しロシアはあくまでも1―3月期の生産量を基準にすべきとの考えを崩していない。

イランのザンギャネ石油相は、石油市場に対する明確な成果が期待できなければ会合の開催には同意しない意向だ。

ザンギャネ氏は、ロイターが入手した7日付のOPEC宛て書簡で「来るべきOPECおよびOPEC非加盟国の閣僚級会合を巡る漠然とした状況は私にとって深刻な懸念だ」と指摘。「明確で合意を伴う結果(が期待されること)なしに」会合を企画することは始まる前から失敗したとのメッセージになりかねず、「現在の低価格環境をさらに悪化させる可能性がある」とした。

一方、米下院の共和党議員団50名は8日、サウジのムハンマド皇太子への書簡で、サウジが減産を通じた原油価格の安定化に取り組まない限り、両国の経済・軍事協力が危うくなると警告し、圧力を強めた。書簡は「サウジがこの人為的なエネルギー危機の収拾に向けて正当な行動を取らなければ、われわれは米政府に適切な報復措置を講じるよう促すことになる」としている。

上院共和党の議員らも、サウジが原油を減産しない場合、同国から米国製の防衛システムと米軍兵士を引き揚げる法案を3月に提出している。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

WHO財団を新設、新型コロナ対策向けの資金源確保で

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルスを巡る海外の状況(2

ワールド

ファーウェイ幹部、カナダの身柄引き渡し裁判で主張認

ビジネス

S&P終値3000ポイント回復、経済再開受けた景気

MAGAZINE

特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

2020-6・ 2号(5/26発売)

意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

人気ランキング

  • 1

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 2

    「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそも日本が「4月入学」になった理由とは?

  • 3

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 4

    経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で…

  • 6

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 7

    コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

  • 8

    「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 10

    ノーベル賞受賞者が異を唱える──政府は、疫学者の予…

  • 1

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

  • 3

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

  • 4

    カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 8

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 9

    新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

  • 10

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 3

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 9

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 10

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!