ニュース速報

ワールド

英とEU、「最低限の協定」でも交渉は複雑 日程厳しく=外交筋

2020年01月24日(金)16時04分

 1月24日、1月末に欧州連合(EU)を離脱する英国は、EUと将来の関係について協議し、新たな協定の締結を目指す。写真は昨年10月撮影(2020年 ロイター/Dado Ruvic)

[ブリュッセル 23日 ロイター] - 1月末に欧州連合(EU)を離脱する英国は、EUと将来の関係について協議し、新たな協定の締結を目指す。欧州の外交筋の間では、「最低限の協定」でさえも複雑な交渉を要するうえ、交渉時間がほどんどなく、結局は年末に「合意なき離脱」と同じ状況に直面する可能性も排除できないとみられている。

「最低限の協定」にも、まずは新たな自由貿易協定(FTA)が含まれなければならない。

EU離脱後、直ちに移行期間と呼ばれる激変緩和措置が今年12月末まで適用される。これにより英国とEUの通商関係は離脱前の状態が維持され、急激な環境の変化は回避される。この間に、英国とEUは新たなFTAの締結を目指す。

ジョンソン英首相は、移行期間の延長は行わないという強気の姿勢を崩していない。協定案の翻訳作業や批准手続きなどにかかる時間を踏まえると、10月半ばまでには合意を成立させる必要があり、スケジュールは相当厳しい。

ある外交官は23日、今後数カ月、EUと英国の交渉はほとんど進まないだろうとの見方を示し、「EUでは通常、本当の危機に陥らないと何も動き出さない」と話した。

協定は航空、輸送、漁業などの分野をカバーする必要があるが、とりわけ漁業に関しては、離脱後にEUの漁船が英国の領海で操業できなくなるため、英国が交渉で優位に立つ可能性があるとみられている。

短期間のうちにまとめられるのは「最低限の協定」にとどまるため、その他の項目は後で交渉し、協定に加えればいいとの考えを複数の外交筋が示している。

あらゆる分野について100以上の合意を盛り込んだスイスとの協定の二の舞は避けたいというのがEUの本音だ。交渉に関与しているEUの外交官の1人は、2020年の末までに1つの条約を締結し、あとから追加の条約を付け加えられるような柔軟性を持たせるという考え方もあると語った。

EUは、離脱した英国が労働基準や環境基準を引き下げたり、あるいは一部の産業に補助金を与えたりすることでEUの競争力が低下することを懸念している。

こうした事態を避けるためEUは、英国と結ぶ条約に労働基準や環境基準などを後退させないことを確約する条項を加えるとともに、EUの基準が変更された場合に英国のルールの再調整を検討する共同委員会を立ち上げたいと考えているという。

あるEUの当局者は「英国のルールがEUのものと調和していればいるほど、英国はEUの単一市場にアクセスしやすくなる」と語った。

英国が労働基準や環境基準を引き下げたり、減税したりするようなことがあれば、EUは関税を発動することで英国がEUの単一市場に容易にアクセスできないようにすればいいと外交筋は指摘している。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米とASEAN首脳の会合延期、ウイルス感染拡大で=

ワールド

韓国の感染ペース最悪、国民に外出控えるよう呼びかけ

ビジネス

中国の景況感、2月は過去最低 新型ウイルスの影響あ

ワールド

中国本土の新規感染者、湖北省外では4人に 集計開始

MAGAZINE

特集:AI時代の英語学習

2020-3・ 3号(2/26発売)

自動翻訳はどこまで実用的か? AI翻訳・通訳を使いこなす英語力とは

人気ランキング

  • 1

    世界経済を狂わせる新型コロナウイルスの脅威──最大の影響を受けるのは日本

  • 2

    ユナイテッド航空、新型コロナウイルス感染拡大めぐり東京・大阪・ソウル・シンガポール発着便を停止

  • 3

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 4

    新型コロナウイルス最大の脅威は中国政府の隠蔽工作

  • 5

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

  • 6

    新型コロナウイルス、感染ショックの後に日本を襲う4…

  • 7

    新型ウイルスは段ボール、プラスチックの表面で2時間…

  • 8

    徹底したウイルス対策実施のシンガポール 他国が真…

  • 9

    新型コロナウイルスをめぐる日本国内の最新状況まと…

  • 10

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 1

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

  • 2

    遂に「日本売り」を招いた新型肺炎危機──危機を作り出したのはウイルスでも政府でもなくメディアと「専門家」

  • 3

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 4

    感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

  • 5

    new-style(新型)coronavirus, stay reki(渡航歴)…

  • 6

    アメリカから帰国した私が日本の大手航空会社の新型…

  • 7

    中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

  • 8

    国民の命は二の次か? 武漢パンデミックを後追いす…

  • 9

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 10

    「送料無料」でも楽天はアマゾンに勝てない あえて…

  • 1

    「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

  • 2

    一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

  • 3

    ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

  • 4

    マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

  • 5

    新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

  • 6

    夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

  • 7

    「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー…

  • 8

    「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

  • 9

    BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

  • 10

    文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!