ニュース速報

ワールド

ガザ過激派「イスラエルと停戦合意」、エジプトの仲介で

2019年11月14日(木)17時40分

 11月14日、パレスチナ自治区ガザの過激派組織「イスラム聖戦」は、エジプトの仲介による停戦にイスラエルが合意したことを受け、ガザからの攻撃を停止していると発表した。写真はガザ地区で撮影(2019年 ロイター/IBRAHEEM ABU MUSTAFA)

[ガザ/エルサレム 14日 ロイター] - パレスチナ自治区ガザの過激派組織「イスラム聖戦」は14日、エジプトの仲介による停戦にイスラエルが合意したことを受け、ガザからの攻撃を停止していると発表した。

「イスラム聖戦」のスポークスマンによると、停戦は0330GMT(日本時間午後0時半)に開始した。イスラエルが「イスラム聖戦」の最高司令官を差し迫った脅威とみなして空爆で殺害してから約48時間後となる。

パレスチナ側の犠牲者は計34人で、ほぼ半数は民間人。一方で、過激派による数百発のロケット弾によりイスラエル南部の大半はまひ状態となった。

攻撃の応酬は過去数カ月で最も深刻な事態となっている。ガザを実効支配するイスラム原理主義組織「ハマス」は関与していない。

エジプト当局者はロイターに対し、停戦が事実であると確認した。イスラエル軍のラジオによると、ガザのロケット弾の射程内にある地域に課された緊急規制は緩和されている。

「イスラム聖戦」のスポークスマンは、過激派を標的にした殺害と、ガザ境界で毎週行われるパレスチナの抗議活動での軍による致命的な発砲をやめるという同組織の要求を、イスラエルが受け入れたと述べた。

しかしイスラエルのカッツ外相は「静けさには静けさで対応する」と述べ、同国による標的殺害は終わらず、イスラエル軍がガザ境界で行う発砲の方針に変更はないと語った。

エジプトと共に停戦を仲介した国連は、ガザを巡る状況は依然不透明だと示唆。ムラデノフ国連特別調整官はツイッターで「今後数時間と数日間が非常に重要だ。すべての当事者は最大限の自制を示し、流血を防ぐために取り組む必要がある」と指摘した。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

中国、柔軟かつ的を絞った金融政策を下期に進める=人

ビジネス

JALの4─6月期、09年に次ぐ規模の最終赤字 通

ワールド

豪、自宅待機手当導入へ ビクトリア州は小売など営業

ワールド

ジョン・ヒューム氏死去、北アイルランド和平への貢献

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット 一方で「TPOをわきまえろ」と論争に

  • 2

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 3

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    次期WTO事務局長選、韓国は日本に支持を呼びかけた..…

  • 6

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 7

    新型コロナウイルス、患者の耳から見つかる

  • 8

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 9

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 10

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!