ニュース速報

ワールド

米加NAFTA協議、乳製品や紛争解決でなお対立 7日も継続へ

2018年09月07日(金)11時48分

 9月6日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡る米国とカナダの二国間協議が続けられた。しかし、乳製品、メディア企業の保護、紛争解決プログラムの3つの問題で合意に至っていない。写真はカナダのフリーランド外相。ワシントンのカナダ大使館で撮影(2018年 ロイター/Chris Wattie/File Photo)

[ワシントン 6日 ロイター] - 北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉を巡る米国とカナダの二国間協議を6日も続けられたが、乳製品、メディア企業の保護、紛争解決プログラムの3つの問題で合意に至っていない。米国側の関係者は、双方が意見の隔たりを埋められるか、あるいはトランプ米大統領がメキシコとの二国間合意を推進するのかはなお不透明だとの見方を示した。

同関係者によると、協議での対立点は、協定19条の紛争解決制度、文化的課題、乳製品分野の3つに絞られた。同氏は「カナダが交渉の席に着くよう働きかけている」とする一方、「カナダが乳製品分野における取り組みで後戻りしている」と指摘した。

トランプ大統領は、カナダが米国製乳製品を不当に排除していると主張。また、反ダンピング(不当廉売)関税をめぐる紛争を解決するための19条の仲裁パネルについて、米側はカナダが不当な補助金による対米材木輸出を守るために利用してきたとして、撤廃を求めている。

まだ解決に至っていない3つ目の問題は、カナダが米メディアによるカナダのテレビ局や新聞の買収を禁じる規定の維持に固執している点だ。

カナダのトルドー首相は今週、これはカナダの主権やアイデンティティーに関わる重要な問題だと主張。一方、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表は、カナダ企業は米国メディアを買収できると指摘し、「文化の保護主義政策だ」と批判した。

カナダのフリーランド外相は、夕方のライトハイザー代表との会談後、協議は「順調に進んでいる」と述べた。交渉の具体的な内容にはコメントしなかったが、7日も協議を継続すると明らかにした。

一方、ブルームバーグによると、カナダ政府高官は、今週の合意を見込んでいないと述べた。

米下院歳入委員会のブレイディー委員長は記者団に、カナダの乳製品を巡る数量規制や紛争解決手続きなどの問題で双方の意見に開きがあると述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

アングル:原油が記録的供給過剰に、生産増とアジア景

ワールド

対イタリア制裁手続き勧告へ、欧州委が21日に=関係

ワールド

英産業界、メイ首相のEU離脱案を支持 「合意なし」

ワールド

アングル:土俵際のメイ英首相、後任候補の顔ぶれ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 3

    安倍首相は「三つの原則」と言っていなかった──日本の代表カメラの収録から

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    人肉食が予防した不治の病

  • 6

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    中国のスパイ技術はハイテクだけじゃない

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    リー首相「アジアはもうすぐアメリカか中国を選ばな…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 3

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 4

    人肉食が予防した不治の病

  • 5

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 6

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 10

    「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    安倍首相はよく耐えた!

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 8

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 9

    人肉食が予防した不治の病

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!