ニュース速報

ワールド

米国産大豆積んだ貨物船が大連入港、中国沖到着から1カ月強経過

2018年08月13日(月)10時45分

 8月12日、トムソン・ロイター・アイコンの海運データによると、大豆を積んでいる米国からの貨物船1隻が11日、中国沖に到着してから1カ月強経過後に初めて大連港に入港した。写真は中国政府が大豆を含む米国産品に25%の高関税を課した直後の7月6日に中国沖に到達した同貨物船「ピーク・ペガサス」(2018年 ロイター/Florence Lo)

[北京 12日 ロイター] - トムソン・ロイター・アイコンの海運データによると、大豆を積んでいる米国からの貨物船1隻が11日、中国沖に到着してから1カ月強経過後に初めて大連港に入港した。

この貨物船は米国産大豆7万トンを積んだ「ピーク・ペガサス」。中国政府が大豆を含む米国産品340億ドル相当に25%の高関税を課した直後の7月6日に中国沖に達していた。

最新のデータによると、ピーク・ペガサス号は12日朝、大連港区域に停泊している。

大連港への入港は荷降ろしが間近であることを示唆しており、新たな高関税が課される最初の米国産大豆の1つとなる可能性がある。事情に詳しい関係筋によると、積み荷の買い手は中国政府系の穀物備蓄企業「中儲糧」だという。

米国産大豆を積んでいるその他2隻「スター・ジェニファー」と「セムテックス・パイオニア」はこの数週間、中国沖に停泊している。

海運データによると、7月24日以降大連沖に停泊していたスター・ジェニファーは今月12日に航行しているが、行き先は今のところ不明。

大豆は米国の農産物としては中国向けで最大の輸出品目。2017年の貿易額は127億ドル。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチェ&ガッバーナの損失は...?

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    邦人4人に禁固刑判決のインドネシア 金採掘場を視察…

  • 6

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 4

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 5

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は…

  • 6

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    「人肉は食べ飽きた」男、終身刑に

  • 9

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    ミス・ユニバース場外戦 米国代表「英語話せない」とカンボジア代表を嘲笑し大炎上

  • 2

    これはひどい! ミス・ユニバース代表の「米朝首脳会談ドレス」に非難ごうごう

  • 3

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 4

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 9

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!