ニュース速報

ワールド

アングル:原油市場は先物急伸、現物が低迷 調整危惧する声も

2018年05月17日(木)10時45分

 5月15日、原油市場は中東情勢の悪化などを背景に先物相場が約3年半ぶりの高値を付け、年内に90ドルまで上昇するとの予想すらある。仏ニースのガソリンスタンドで2014年12月撮影(2018年 ロイター/Eric Gaillard)

[ニューヨーク/ロンドン/シンガポール 15日 ロイター] - 原油市場は中東情勢の悪化などを背景に先物相場が約3年半ぶりの高値を付け、年内に90ドルまで上昇するとの予想すらある。ただ、足元の基礎的諸条件をより良く反映する現物相場は低迷し、先物との価格差が開いており、市場は近く調整に見舞われるのではないかと危惧する声も聞かれる。

原油はこの数週間、トランプ米大統領がイラン核合意破棄を打ち出したことなどで上昇。北海ブレント先物が一時79ドル台と2014年11月以来の高値を付け、米WTI原油先物も72ドルに迫った。

パシフィック・インベストメント・マネジメント・カンパニー(PIMCO)のコモディティ・ポートフォリオ・マネジャー、グレッグ・シャレノー氏は、原油はイランからの供給が細れば需給が一段と引き締まり、先物は近いうちに80ドルを突破すると予想した。

ブレントが10月末までに90ドルを付けると見込むオプション取引の建玉は2130万バレル相当と過去最高を記録。WTIが6月半ばまでに85ドルを付けると見込むオプションも1万4000枚強と過去最高だ。

ICAPのエネルギー先物ブローカー、スコット・シェルトン氏は、原油高を見込むポジションが組まれたのは地政学的な情勢の不安定化だけでなく強い需要が原因だと指摘する。

しかし現物市場は様相が先物とは異なり、油価の先行きに懐疑的だ。トレーダーによると、米国の原油輸出が日量200万バレルを超えたため一部の市場は需給が飽和状態で、指標原油の価格は調整の機が熟しているという。

中国系製油所のトレーダーは「先物はファンダメンタルズとのかい離が大きい。20ドルの調整があっても驚かない」と話す。

油質が米国産と近く、欧州や中南米で競合するナイジェリアやアゼルバイジャン産の原油は米国産との競争激化で販売が落ち込んでいる。

現物は先物の急伸を尻目に価格が低迷。ウラル原油の北海ブレントに対するディスカウントは7年ぶりの水準に拡大し、カザフCPCブレンドもブレントとの価格差が2012年半ば以来の水準に広がった。

また米市場では主要油種が、パイプラインの輸送能力の不足によって供給が阻まれたことが嫌われて価格が下がり、指標に対するディスカウントが3年ぶりの水準に開いた。

中国の製油所が定期的なメンテナンス作業を終えれば供給過多は解消すると自信を示す市場関係者もいる。ある米原油トレーダーは「メンテナンス作業が終了すれば日量300万バレルの需要が新たに生まれる」と期待を寄せる一方、それが北海ブレントを80ドル以上に押し上げるのに十分かどうかは「予断を許さない」と話した。

(Devika Krishna Kumar、Libby George、Florence Tan記者)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

再送-米国が新型ミサイル開発なら、同じ手段で応酬=

ワールド

イランの石油生産、サウジ・ロシアの生産で代替できな

ワールド

仏大統領、核廃棄条約の重要性をトランプ氏に強調

ワールド

独経済相、EU諸国にサウジへの武器輸出中止呼び掛け

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    真っ裸の水遊びに学校公認の火遊び......アメリカ人…

  • 6

    トランプ貿易戦争の皮肉 ブラジル農家に豊かにし米…

  • 7

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 8

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 9

    故ホーキング博士、遺伝子操作による「超人間」の誕…

  • 10

    新世代の独裁者が跋扈する「アラブの冬」がやって来た

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 4

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性…

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 9

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を…

  • 5

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 6

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 7

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    発見した研究者が我を忘れるほど美しい、新種の魚「…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!