ニュース速報

ビジネス

インフレ長引く可能性、コロナで下振れリスク=FRB議長

2021年11月30日(火)07時54分

 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は11月29日、需給バランスの改善に伴い高インフレは来年にかけて落ち着くと引き続き予想しているが、当初予想よりも長期にわたり物価が上昇を続ける可能性があるとの見方を示した。2017年11月、ワシントンで撮影(2021年 ロイター/Joshua Roberts)

[29日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は29日、需給バランスの改善に伴い高インフレは来年にかけて後退すると引き続き予想しているが、新型コロナウイルスの新変異株出現などにより先行き不透明感が増し、当初予想よりも長期にわたり物価が上昇を続ける可能性があるとの見方を示した。

上院銀行委員会の証言原稿で明らかになった。

パウエル氏は「供給制約の持続性と影響を予測することは難しいが、インフレ率を押し上げる要因は来年も続くようだ」と述べた。

経済は今後も強さを増し、労働市場は改善し、賃金を押し上げると指摘した。

ただ、最近の新型コロナの感染者増加と新変異株「オミクロン」の出現が「雇用と経済活動への下振れリスクとなり、インフレを巡る不透明感が増した」と指摘。健康に関する懸念が人々の仕事への意欲を低下させ、それに伴い労働市場の進展が遅れ、サプライチェーン(供給網)混乱が増す可能性があると指摘した。

FRBは今月、量的緩和の縮小(テーパリング)開始を決定し、2022年6月に完了する道筋を示した。

ただ、インフレ率がFRB目標の2%を大きく上回っていることから、早期利上げに道を開くため、テーパリングのペース加速に前向きなFRB当局者の発言が増えている。

パウエル氏は、テーパリングの今後のスケジュールには言及しなかったが、FRBが利上げ検討前の条件の1つとする完全雇用に達する前に、労働市場にはカバーすべきことがあるとの認識を示した。

FRBは「物価安定目標にコミットしている」と表明し、経済と労働市場を支えるために、またインフレ率が高止まりすることを防ぐために手段を活用すると述べた。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米ウィスコンシン・ミネソタ州予備選、共和党は中絶反

ワールド

改造内閣発足へ、旧統一教会巡り7閣僚交代 焦点の防

ビジネス

米シガ、政府が静脈注射版抗ウイルス薬発注 嚥下困難

ビジネス

香港キャセイ航空、上期は赤字幅縮小 旅客数増加で

MAGAZINE

特集:世界が称賛する日本の暮らし

2022年8月 9日/2022年8月16日号(8/ 2発売)

治安、医療、食文化、教育、住環境......。日本人が気付かない日本の魅力

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 2

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世界的な著名精神科医が指摘するある『行動』とは

  • 3

    台湾有事を一変させうる兵器「中国版HIMARS」とは何か

  • 4

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 5

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 6

    【動画】プーチン「影武者」説を主張する画像と動画

  • 7

    【映像】華麗なるスライディングを披露するゴリラ

  • 8

    【映像】多指症の猫、25本の指で毛布をこねこね

  • 9

    中国でミャンマー大使が急死 過去1年で中国駐在大使…

  • 10

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリ…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホットコーヒーを浴びせる

  • 3

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ドラ「ちむどんどん」、沖縄県民が挙げた問題点とは

  • 4

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 5

    「これほど抗うつ効果が高いものは思いつかない」 世…

  • 6

    中国ロケット長征5号Bの残骸、フィリピン当局が回収 …

  • 7

    お釣りの渡し方に激怒、女性客が店員にコーヒーを投…

  • 8

    【動画】ノリノリでピザを投げつけるケイティ・ペリ…

  • 9

    【動画】6つの刃でアルカイダ最高指導者の身体を切り…

  • 10

    冬に向けて「脱ロシア化」準備中──じわじわ効果を上…

  • 1

    【映像】ビルマニシキヘビの死体を運ぶアメリカアリゲーター

  • 2

    【動画】黒人の子供に差別的な扱いをしたとして炎上したセサミプレイスでの動画

  • 3

    【空撮映像】シュモクザメが他のサメに襲い掛かる瞬間

  • 4

    「彼らは任務中の兵士だ」 近衛兵から大声で叱られた…

  • 5

    【映像】接客態度に激怒、女性客が店員の顔にホット…

  • 6

    【映像】視聴者までハラハラさせる危機感皆無のおば…

  • 7

    【動画】近衛兵の馬の手綱に触れ、大声で注意されて…

  • 8

    史上最低レベルの視聴率で視聴者が反省会まで 朝ド…

  • 9

    ビルマニシキヘビの死体を担いで泳ぐワニが撮影される

  • 10

    【動画】珍しく待ちぼうけを食わされるプーチン

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中