ニュース速報

ビジネス

英中銀、大規模緩和維持 インフレ率一時3%超えると予想

2021年06月25日(金)00時36分

6月24日、イングランド銀行(英中央銀行)は金融政策委員会で、経済活動の再開に伴いインフレ率が3%を超えるとの見通しを示したものの、中銀の目標水準を超える物価上昇は「一時的」とし、政策金利と資産買い入れ枠を現行水準に維持することを決定した。写真は6月11日、ロンドンの英中銀(2021年 ロイター/Henry Nicholls)

[ロンドン 24日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)は24日まで開いた金融政策委員会で、経済活動の再開に伴いインフレ率が3%を超えるとの見通しを示したものの、中銀の目標水準を超える物価上昇は「一時的」とし、政策金利と資産買い入れ枠を現行水準に維持することを決定した。

金融政策委は9対0で政策金利を過去最低水準の0.1%に据え置くことを決定。社債買い入れ枠を200億ポンドに据え置くことも全会一致で決定した。国債買い入れ枠の8750億ポンド(1兆2200億ドル)での維持は8対1で決定。資産買い入れ枠は8950億ポンドに維持された。

国債買い入れ枠については、ハルデーン理事が500億ポンドの削減を提案。2回連続での反対となった。同理事は今月、退任する。

一部では、より多くの反対票が投じられるとの見方も出ていた。反対票が多ければ、新型コロナウイルス感染拡大への対応として導入された大規模な支援策の解除を巡る討議が中銀内で加速している兆候となる。

ただ、新型コロナ感染が再拡大し、欧州連合(EU)離脱を巡る緊張も解消しない中、中銀は現時点で支援策を引き揚げる必要はないと強調。声明によると、大部分の金融政策委員が「見通しに対する下向きリスクに留意し、金融情勢の尚早な引き締めで回復が頓挫することがないようにする」との認識を示した。

金利先物は、中銀が2022年8月に主要政策金利を0.25%に引き上げる確率が100%であることを示す水準にある。

バリダス・リスク・マネジメントのグローバル市場担当プリンシパル、マーク・コグリアッティ氏は「景気回復の兆候が示される中、中銀が22年下半期に利上げに着手するとの予想を変えていない」としながらも、「インフレ率が中銀の目標を根強く上回り、予想通りに低下しなければ、中銀がより早い段階で行動を起こすことは正当化される」と述べた。

英国立統計局(ONS)が16日に発表した5月の消費者物価指数(CPI)は前年比2.1%上昇。伸び率は2019年7月以来の大きさで、中銀が目標とする2.0%を上回った。

中銀は「エネルギーを含むコモディティー価格の上昇が主な要因となり、CPIは目標を一段と超えて上昇し、一時的に3%を上回る公算が大きい」とし、「一過性の可能性がある要因よりも、むしろ中期インフレ期待」を注視していく姿勢を示した。

中銀は先月、インフレ率は21年終盤に2.5%に達し、その後は2%に戻るとの見方を示していた。

経済成長率については、今年第2・四半期の成長率予想を5月時点の見通しから約1.5%ポイント上方修正。ただ中期的な成長も加速するかについては、中銀内で見解が分かれた。中銀は物価動向に注目しながら、失業率の上昇についても警戒している。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

中国の滴滴、株式非公開化検討と報道 会社側「うわさ

ビジネス

ABインベブ、予想下回る四半期利益 売上高はコロナ

ビジネス

ユーロ圏景況感指数、7月は119.0と過去最高 上

ビジネス

ノキア、通期予想を上方修正 第2四半期の業績が予想

MAGAZINE

特集:モデルナの秘密

2021年8月 3日号(7/27発売)

コロナワクチンを高速開発したベンチャー企業モデルナの正体とmRNA治療薬の可能性

人気ランキング

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 3

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 4

    地球帰還のベゾス氏、空気を読まない発言に怒りが集…

  • 5

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 6

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 7

    ファーウェイ制裁の不透明な真実、グーグルはNGだが…

  • 8

    東京五輪、男子バスケ米代表は史上3番目の高齢者チーム

  • 9

    「謝らない謝罪」が日本で蔓延している

  • 10

    なぜ日本男子は世界で唯一、女性より幸福度が低くなる…

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女子ビーチハンド代表

  • 3

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手、審判の指摘に絶句

  • 4

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽…

  • 5

    チベットの溶ける氷河から、約1万5000年前の未知のウ…

  • 6

    競泳界の「鉄の女」が水の上を歩く奇跡の一枚

  • 7

    「三国志」は日本人も中国人も大好き(でも決定的な…

  • 8

    東京五輪は始まる前から失敗していた

  • 9

    国際交流を奪われた悲しき五輪で角突き合わせる日本…

  • 10

    東京五輪、視聴率苦戦の根本理由

  • 1

    1匹だけみにくい子猫、病気と思ったら「オオカミ」だった

  • 2

    加害と向き合えない小山田圭吾君へ──二度と君の音楽は聴きません。元いじめられっ子からの手紙

  • 3

    20万円で売られた14歳日本人少女のその後 ──「中世にはたくさんの奴隷がいた」

  • 4

    「無駄に性的」罰金覚悟でビキニ拒否のノルウェー女…

  • 5

    「1日2個、カットしてスプーンで食べるだけ」 メンタル…

  • 6

    「競技用ショーツが短すぎて不適切」英パラ代表選手…

  • 7

    人間のオモチャにされたイルカ死ぬ──野生動物に触る…

  • 8

    韓国で、日本製バイクの販売が伸びている理由

  • 9

    テスラ6月に発売した新型「モデルS」運転中に発火=所…

  • 10

    ある日突然「人工透析です」と告げられたら? 高血圧、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中