ニュース速報

ビジネス

米自動車部品メーカー、半導体不足深刻化でさらなる減産を警告

2021年05月10日(月)08時01分

5月7日、 米国の自動車部品メーカーは、世界的に半導体不足が深刻化する中、自動車大手による追加減産を警告した。 メキシコのシウダードフアレスにある自動車部品大手リア・コーポレーションの施設で2020年4月撮影(2021年 ロイター/Jose Luis Gonzalez)

[7日 ロイター] - 米国の自動車部品メーカーは、世界的に半導体不足が深刻化する中、自動車大手による追加減産を警告した。

半導体不足は、需要が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)で打った底から回復しつつあるという、自動車メーカーにとっては不都合なタイミングで起きた。低金利に加え、健康が危機にさらされる中で消費者が個人的な交通手段を好むようになった需要回復の要因だ。

自動車部品大手リア・コーポレーションのジェーソン・カードリュー最高財務責任者(CFO)は7日、「現時点で未公表のさらなる操業停止を見越して、業界生産の3%減少を織り込んだ」と話した。

カードリュー氏は「われわれは4─6月期にIHSマークイットや他の機関による予測よりも大幅な減産を見込んでいる」と発言した。

米フォード・モーターは、半導体不足から4─6月期に自社の自動車生産が半減するとの見通しを示した。

独フォルクスワーゲン(VW)は自動車用半導体の大幅不足で「危機モード」に入ったと表明。半導体不足が4─6月期の収益に打撃を与えているという。

リアは、世界の自動車生産予測を9%増に下方修正。年初には最大12%増としていた。4─6月の売上高は前期比9%減と見込む。

部品各社はまた、半導体不足による打撃は少なくとも来年まで続く可能性があると警告した。

米自動車部品・自動運転技術大手アプティブの最高財務責任者ジョセフ・マッサロ氏は「需給の不均衡が通常レベルに完全回復するのは、2022年以降だと見込んでいる」と話した。

部品メーカーはまた、鉄鋼や銅などの主要材料のコスト上昇による利益率の圧迫にも直面している。

ただ、自動車メーカーがより利益率の高いピックアップトラックやスポーツ用多目的車(SUV)の生産に重点を置くことで、コストの一部を回収可能だとの見方も大きい。

アナリストは、新型コロナワクチン接種の迅速な進展と経済活動の再開を受け、クラウド、家電といった自動車以外の分野でも半導体需要が増加していると指摘した。 カナダ自動車部品大手マグナ・インターナショナルのヴィンセント・ガルフィーCFOは「私の疑問は(減産を)年内に埋め合わせることができるかどうかだ。本当に不明だ」と話した。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

中国が豪をWTO提訴、鉄道車輪など3品目の関税巡り

ビジネス

フィリピン中銀、5会合連続で金利据え置き 下振れリ

ビジネス

海外アクティビスト厳格に監視を、東芝の重要性を理解

ビジネス

アングル:J&Jコロナワクチン、欧州で「脇役」にな

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクスルー

  • 2

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さらに強く

  • 3

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本人が知らない大問題

  • 4

    トルコの海を覆い尽くす「海の鼻水」...茶色い粘液の…

  • 5

    アボカドは「悪魔の果実」か?──ブームがもたらす環…

  • 6

    G7の英コーンウォールで2450%増の感染爆発 人流増で…

  • 7

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 8

    「研究所流出説」を甦らせた素人ネット調査団、新型…

  • 9

    コロナ研究所流出説を裏付けるコウモリ動画

  • 10

    女子学生を美醜でランク付けした中国「アート」作品…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 5

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 6

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 7

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 8

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 9

    徴用工訴訟、ソウル地裁の却下判決 韓国法曹会は正…

  • 10

    本気で国の未来をビットコインに賭けたウクライナ...…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中