ニュース速報

ビジネス

NZ中銀、政策金利を0.25%に据え置き 資産買入規模も維持

2021年02月24日(水)15時51分

ニュージーランド準備銀行は24日、政策金利を予想通り0.25%に据え置いた。資産買い入れプログラムの規模も1000億NZドルで維持した。写真は同中銀の正面玄関、2017年7月撮影(2021年 ロイター/David Gray)

[ウェリントン 24日 ロイター] - ニュージーランド(NZ)準備銀行(中央銀行)は24日、政策金利のオフィシャルキャッシュレート(OCR)を予想通り0.25%に据え置いた。

また、資産買い入れプログラムの規模を1000億NZドル(732億4000万米ドル)で維持。借り入れコストの低下を促す資金供給プログラム(FLP)も据え置いた。

中銀は、インフレと雇用に関する責務を果たすためには現行の金融政策による景気刺激を維持する必要があるとの認識を示した。

声明では「消費者物価上昇率が目標の中間である年2%に維持され、雇用が最大の持続可能水準に達するかそれを上回ると確信できるまで、現在の景気刺激的な金融状況を維持することで委員会は合意した」とし、これらの要件を満たすにはかなりの時間と忍耐が必要だと続けた。

オア総裁は記者会見で中銀が物価上昇率や雇用の目標達成について「確信を得られるまでにはある程度時間がかかるだろう。これらの結果を確認し、その原動力を理解する必要がある」とした。

中銀は忍耐強くあるべきで、各国中銀が拙速に金融政策を正常化した過去の危機から教訓を得る必要があるとした。

中銀は声明で、最近の国内経済の底堅さは、現時点で大規模な追加刺激策が必要ないことを示唆しているとも指摘した。

一方で、先行きの経済見通しは依然として「極めて不透明」とし、「こうした不透明感が企業投資や家計支出の伸びを抑制する」との見方を示した。その上で、長期的な金融緩和がなければ、インフレと雇用は中期的に目標を下回る状況が続く公算が大きいとした。

オア総裁は「金融状況がわれわれが必要としている状態と整合的でなくなったと判断した場合に中銀は対応する用意があり、OCRを引き下げることが可能」と述べた。

中銀の先行きへの慎重な見通しは一部の市場参加者を失望させた。中銀が昨年11月の政策決定会合以来の経済情勢の改善を認めるとの期待が市場ではあった。

一部のアナリストは景気の改善によって緩和縮小論が強まるとみている。

キャピタル・エコノミクスのエコノミスト、ベン・ウディ氏は「きょうの中銀はハト派的なトーンだったが、われわれは来年に利上げが開始されるとの予想を変えていない」と述べた。

また「中銀は追加緩和の用意があり、マイナス金利の導入も可能だと強調したが、中銀の経済予測を踏まえると、緩和の必要性は低下する可能性が高い」との見方を示した。

一方、ウェストパック銀行は中銀の声明は来年の利上げ論をけん制する内容だったと指摘し、2024年までOCRが現行水準で維持されると予想した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

中国スマホ出荷、3月は前年比67.7%増 コロナ前

ビジネス

中国の3月新規融資は予想上回る、社会融資総量は伸び

ビジネス

フランス水事業ベオリアとスエズが合併で合意、150

ワールド

EU、中国のアルミ製品に暫定的な反ダンピング関税を

MAGAZINE

特集:岐路のビットコイン

2021年4月13日号(4/ 6発売)

大企業や金融大手が次々と参入を開始。膨らみ続けるバブルははじけるのか、それとも?

人気ランキング

  • 1

    「日本人なら中国人の3分の1で使える」 クールジャパンどころではないアニメ業界、中国が才能ある人材爆買い

  • 2

    「頭の切れる人」とそれほどでもない人の決定的な差 いきなり考えても決してうまくいかない理由

  • 3

    ロケット砲で80人以上が死亡、200人以上が行方不明か 内戦の危機迫るミャンマー情勢

  • 4

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 5

    ハリー&メーガンは? 黒い服にタイツ...フィリップ殿…

  • 6

    ミャンマーの衣料品業界、クーデターとコロナで崩壊…

  • 7

    ヘンリー王子の葬儀参列を妨げる壁 「メーガンは彼の…

  • 8

    中国製ワクチン、輸出量は既に1億1500万回分だが....…

  • 9

    【ミャンマー現地ルポ】デモ取締りの警察官に警棒で…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座も危うい

  • 3

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

  • 4

    アマゾンに慣れきった私たちに、スエズ運河の座礁事…

  • 5

    緑豊かな森林が枯死する「ゴーストフォレスト」が米…

  • 6

    北米からシカの狂牛病=狂鹿病が、世界に広がる......

  • 7

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 8

    ビットコイン:規制は厳しくなる、クレジットカード…

  • 9

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 10

    「パパ活」はドイツでは通用しない 若いだけで女子を…

  • 1

    太平洋上空の雲で史上最低気温、マイナス111度が観測される

  • 2

    観測されない「何か」が、太陽系に最も近いヒアデス星団を破壊した

  • 3

    国際宇宙ステーションで新種の微生物が発見される

  • 4

    「夜中に甘いものが食べたい!」 欲望に駆られたとき…

  • 5

    30代男性が急速に「オジサン化」するのはなぜ? やり…

  • 6

    EVはもうすぐ時代遅れに? 「エンジンのまま完全カー…

  • 7

    孤独を好み、孤独に強い......日本人は「孤独耐性」…

  • 8

    ブッダの言葉に学ぶ「攻撃的にディスってくる相手」…

  • 9

    カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

  • 10

    硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中