ニュース速報

ビジネス

中国成長率、第4四半期は予想上回る+6.5% 通年は+2.3%

2021年01月18日(月)17時43分

 1月18日、中国国家統計局が発表した2020年第4・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.5%増と第3・四半期の4.9%増から伸びが加速し、ロイターがまとめたエコノミスト予想(6.1%増)を上回った。北京で15日撮影(2021年 ロイター/Tingshu Wang)

[北京 18日 ロイター] - 中国国家統計局が18日発表した2020年第4・四半期の国内総生産(GDP)は前年同期比6.5%増と第3・四半期の4.9%増から伸びが加速し、ロイターがまとめたエコノミスト予想(6.1%増)を上回った。新型コロナウイルスの影響で打撃を受けた厳しい年を驚くほど良好な状態で締めくくり、2021年には景気はさらに拡大する見通しだ。

2020年のGDPは前年比2.3%増加し、多くの国が新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受ける中、主要国で唯一プラス成長を維持した。

ANZ(上海)のエコノミスト、XING ZHAOPENG氏は「一部のセクターは依然として回復局面にあるものの、GDPが予想を上回ったことは、中国経済が拡大局面に入ったことを示している」と指摘した。

湖北省武漢を発生源とする新型コロナの感染が国内で拡大する中、第1・四半期には成長率がマイナス6.8%に落ち込んだが、厳しい感染抑制策と政策支援を背景に中国経済は着実に回復してきた。

輸出セクターが予想以上の底堅さを示し、成長のけん引役となっている。

ただ昨年の成長率は1976年以来の低水準となり、新型コロナによる世界的な影響の大きさを反映した。

第4・四半期GDPは前期比では2.6%増加。市場予想は3.2%増だった。第3・四半期は3.0%増に改定された。

20年の小売売上高は3.9%減少し、1968年以来のマイナスを記録。国内消費の弱さを反映した。12月の小売売上高は前年同月比4.6%増と予想の5.5%増を下回り、11月(5.0%増)から鈍化した。衣料品、化粧品、通信、自動車が伸び悩んだ。

一方、12月の鉱工業生産は前年同月比7.3%増と2019年3月以来の高い伸びを記録。ロイターがまとめたアナリスト予想の6.9%増を上回った。9カ月連続の増加。製造業は好調な輸出を背景に新型コロナウイルス危機からの回復が続いている。11月は7.0%増だった。

2020年の固定資産投資は前年比2.9%増。予想は3.2%増だった。1ー11月の2.5%増から加速した。

国家統計局の寧吉哲局長は記者会見で、足元の新型コロナウイルス感染再拡大による中国経済への影響は制御可能だとの見方を表明した。中国にはコロナ抑制の経験と能力があるとした。

国内市場は巨大で、サプライチェーンもしっかりしているとし、当局は多くの好ましい条件が今年の景気回復を支えると見込んでいると続けた。

<21年も漂うリスク>

中原銀行(北京)のチーフエコノミスト、Wang Jun氏は「2021年は以下の問題に警戒するべきだ」とし、「まず、景気回復の不均衡だ。投資や輸出に比べ、消費は全体として弱く、まだ正常な水準に戻っていない」と指摘。「2つ目は過剰で急激な信用収縮の問題だ」と続けた。

このところ新型コロナの感染が北東部を中心に拡大していることから来月の旧正月を前に経済活動や消費への影響を懸念する声も聞かれている。

INGの中国担当チーフエコノミスト、アイリス・パン氏は「人の移動を制限する措置の導入が始まっており、広範な感染拡大のリスクは低いとみられる」と述べた。

ただ、その上で「米国が一部の規制を解除しなければ、中国と一部の国の間でテクノロジー戦争のリスクが残る」と指摘した。

*国家統計局長のコメントを追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

FRBの正副議長、緩和策の維持強調 早期引き締め観

ワールド

米NY市で新たな変異株広がる、南ア型と類似点 研究

ワールド

韓国中銀、政策金利を0.50%に据え置き 市場の予

ワールド

五輪の観客有無は4月から5月初めに判断とIOC会長

MAGAZINE

特集:ルポ新型コロナ 医療非崩壊

2021年3月 2日号(2/24発売)

第3波の日本で「通常」の医療体制は崩壊したが現場には硬直した体制を変え命を守った人々もいた

人気ランキング

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に拍車か

  • 3

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の動物「ラーテル」の正体

  • 4

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 5

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 6

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 7

    全身が炎症を起こす新型コロナ関連の小児病MIS-Cで米…

  • 8

    米欧の研究で分かった、ポピュリスト政党の倒し方

  • 9

    米フロリダ州に座礁したクジラは新種だった

  • 10

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 1

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 2

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    NY在住の大江千里、ワクチン接種後に副反応? 体調…

  • 7

    動画で見る、トランプ時代の終焉の象徴

  • 8

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 9

    ラッド元豪首相の警告「習近平は毛沢東になりたがっ…

  • 10

    米投資会社ブラックロックがビットコインに投資!金…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    「メキシコのキム・カーダシアン」と呼ばれるモデル…

  • 5

    さようならトランプ、負債3億ドルと数々の訴訟、捜査…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 9

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 10

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!