ニュース速報

ビジネス

アングル:欧州IT企業が上場計画を加速、好調米市場に熱視線

2020年12月21日(月)12時07分

12月16日、 欧州のIT(情報技術)企業の一部が、来年の早い時期に予定する上場計画の加速化を図っている。フランクフルトで2019年3月撮影(2020年 ロイター/Ralph Orlowski)

[ロンドン 16日 ロイター] - 欧州のIT(情報技術)企業の一部が、来年の早い時期に予定する上場計画の加速化を図っている。好調な米国の新規株式公開(IPO)市場を支えている大量の投資資金の一部を取り込むのが狙いだ。

IT企業の評価額は既に新型コロナウイルス大流行前からうなぎ登りで、目をむくような水準に達している。オンライン販売や料理宅配などの事業は新型コロナ禍を生き残ると見て、投資家がこうした企業に資金を投資しているためだ。

リフィニティブのデータによると、米国は上場先の大半を占め、IPOによる調達が年初来で過去最高の810億ドルに達している。

先週ニューヨーク市場に上場した料理宅配大手ドアダッシュや民泊仲介大手エアビーアンドビーは、いずれも取引初日に株価が70-115%急騰した。

一方、欧州は今年のIPOによる調達が190億ドルと、少なくとも10年ぶりの低水準にとどまっている。プライベートエクイティ(PE)による調達など、IPOに代わる、より魅力的な調達手段が存在していることなどが理由だ。

しかしある株式資本市場(ECM)バンカーによると、彼のチームは欧州全体から上場に向けたマンデートが50件近くも集まっており、そのうち60%以上をITかIT関連企業が占めている。

法律事務所クーリーのパートナー、クレア・キーストバトラー氏は「このセクターには上場作業が終盤を迎えている未公開企業が多数あり、短期や中期のIPOを現実的に視野に入れている」と述べた。

複数の銀行関係者によると、英国ではオンライン料理宅配のデリバルー、サイバーセキュリティーのダークトレース、電子商取引のミュージックマグパイ、オンライン小売りのムーンピッグ、消費者レビューのトラストパイロットなどが来年の上場を目指している。

ドイツでは中古車取引デジタルプラットフォーム運営のアウト1、電子商取引のアバウトユーがフランクフルト市場での上場を計画している。フランスでは過去に上場を検討した複数の「ユニコーン企業」が計画を加速する可能性がある。

関係者がロイターに語ったところによると、小荷物用ロッカーサービスを手掛けるポーランドのインポストは来年初めにアムステルダム市場でIPOを行う予定だ。

<国内か、海外か>

しかし、こうした欧州IT企業の上場先がすべて欧州の証券取引所になるという保証はない。欧州市場を選択する企業もあるだろうが、ITに詳しい投資家層が厚く、上場規則が緩い米国での公開を検討している企業もある。

今年の上場が100件余りに上った特別買収目的会社(SPAC)を利用する手法を選ぶ企業もあるだろう。

RBCキャピタル・マーケッツのECM欧州のグローバル共同ヘッド、ダレル・ウデン氏は「欧州のIPOの量に最も影響を与えそうな要因は、SPACやPEなどIPOに代わる調達手段だ」と述べた。

ベンチャーキャピタル企業ノースゾーンのパートナー、マイケル・コッティング氏は、欧州の証券取引所の一部が今後も域内で魅力のある企業を引きつけると予想。ノルウェーの教材会社カフートはオスロ市場に上場したが、「もちろん、このセクターの企業のほとんどはSPACも選択肢に入れている」とも述べた。

欧州の証券取引所の中には、株式の種類構成や浮動株比率を見直すなど上場規則を緩和する動きも見られる。英国は発行済み株式の少なくとも25%を浮動株とするよう定めた上場規則の見直しを進めている。

IT企業は創業者が経営を率い、資本が中規模で起業から日が浅く、強い議決権の維持を望む場合が多い。ウデン氏は、IPOで株式の種類を分けたり、浮動株比率の基準を緩和したりすれば、創業者や初期投資家が上場で利益を得る可能性を手放さずに済むようにしながら、幅広い調達手段を利用できるため、成長の加速を支援できると説明した。

(記者:Clara Denina、Abhinav Ramnarayan)

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

アングル:人民元堅調、不安視する当局に「レッドライ

ビジネス

全米ライフル協会、破産法第11条の適用申請 リスト

ビジネス

英首相、和歌山沖定置網のクジラ捕獲に懸念=テレグラ

ビジネス

ドル4週間ぶり高値、米指標軟調で安全通貨買い=NY

MAGAZINE

特集:トランプは終わらない

2021年1月19日号(1/13発売)

全世界があきれる米議会占拠事件をあおったトランプがこれからも影響力を失わない理由

人気ランキング

  • 1

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論が出ない理由

  • 4

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 5

    「#ジョンインちゃん、ごめんね」 養父母による虐待死…

  • 6

    ポーランドで過去を偽り聖職者となった青年の実話に…

  • 7

    メルケル独首相が、ツイッターのトランプアカウント…

  • 8

    「夫の死を無駄にしないで」ワクチン接種後、自己免…

  • 9

    新型コロナが重症化してしまう人に不足していた「ビタ…

  • 10

    火星までの移動日数を半分に 原子力推進技術でイギ…

  • 1

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 2

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 3

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(英規制当局)

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 6

    「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

  • 7

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 8

    上院も制したアメリカの民主党。それでも「ブルーウ…

  • 9

    議会乱入の暴徒が叫んでいた「ハング・ペンス(ペン…

  • 10

    米議事堂乱入に中国は「狂喜」するが......信じたい…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 7

    台湾最新のステルス哨戒艦、中国は「ヘリ1機で沈没さ…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    中国を封じ込める「海の長城」構築が始まった

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!