ニュース速報

ビジネス

第一生命、下期は円債積み増し 外債は為替や金利にらみ調整

2020年10月27日(火)17時27分

 10月27日、第一生命保険は2020年度下期の一般勘定資産運用計画で、円債の残高を増加させる方針を示した。都内の本店で2011年撮影(2020年 ロイター/Yuriko Nakao)

[東京 27日 ロイター] - 第一生命保険は27日発表した2020年度下期の一般勘定資産運用計画で、円債の残高を増加させる方針を示した。金利リスク削減の取り組みとして責任準備金対応債券を積み増すほか、プロジェクトファイナンスなどへの投資を継続する。

リスク分散や収益力向上の観点からオルタナティブ、不動産も増加させる。為替ヘッジ付き外債は国内外の金利動向、オープン外債は為替動向などをにらみながら調整する。

円建て債券は上期に続き残高を積み増す方針。上期と同様、国債を責任準備金対応で増やすほか、プロジェクトファイナンス、アセットファイナンス等へ投資する。国債への投資については「下半期は金利水準によらず一定程度は積み増す方向だが、金利水準が上がってくれば加速させるということは十分考えられる」(運用企画部長の甲斐章文氏)という。

上期に低いヘッジコストを踏まえて積み増したヘッジ外債は、下期も国内外の金利動向を踏まえて機動的にコントロールする。外債の中ではクレジット投資が選択肢となり得るが、「モーゲージや国債プラスアルファで(金利が)乗ってくるような州債などはクレジットリスクのボラティリティーが比較的低い」(甲斐氏)として、妙味があれば投資していく考え。

オープン外債の残高は、為替動向を踏まえて資金配分したことにより上期に減少。下期も、リスク許容度などをにらみながら調整していく。

国内株は、リスクコントロールを目的とした売却により残高が減少した。下期も機動的に残高を減らす。外国株は上期に増加したが、下期はリスク許容度や株価水準に応じて調整する。

オルタナティブ資産の残高は積み増す。上期に残高が増えたファンド投資は、下期もポートフォリオ全体のリスク分散につながるとして継続する。プライベートエクイティは低金利環境下の収益力向上を目的としてバイアウトファンド、インフラファンドなどへの投資を強化する。

不動産も上期に続き残高増を計画する。

<米大統領選後の市場変動に留意>

米大領領、議会選挙については、一部のオンライン予想サイトはブルーウェーブシナリオ(バイデン政権・上下院ともに民主党)を4割程度織り込んでいるが、「結果確定まで時間がかかる可能性があり、その間の金融市場変動の高まりには留意が必要」(甲斐氏)とみている。

20年度の相場見通し(レンジと年度末)は以下の通り。▼はマイナス。

日本国債10年物利回り ▼0.20―0.20%(年度末0.00%)

米10年債利回り    0.00─1.50%(同1.00%)

日経平均        2万0000─2万2700円(同2万5000円)

米ダウ         2万4000─3万2000ドル(3万0000ドル)

ドル/円        100.00―110.00円(同106.00円)

ユーロ/円       115.00―135.00円(同125.00円)

(杉山健太郎 編集:田中志保)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

OPECプラス、29日に非公式会合=関係筋

ワールド

米ウィスコンシン州の一部再集計、バイデン氏のリード

ワールド

米ロサンゼルス郡、新たなコロナ規制発表 社会的集会

ワールド

米政権、大統領選前の郵政公社の業務変更差し止め巡り

MAGAZINE

特集:BTSが変えた世界

2020-12・ 1号(11/25発売)

常識を覆して世界を制した「現代のビートルズ」── 彼らと支える熱狂的ファン「ARMY」との特別な絆

人気ランキング

  • 1

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 2

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 3

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中国の証拠動画

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    11月13日、小惑星が地球に最も接近していた......

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 8

    オバマ回顧録は在任中の各国リーダーを容赦なく斬り…

  • 9

    麻生大臣はコロナ経済対策を誤解している?「給付金…

  • 10

    グラミー賞ノミネートのBTSとその音楽がこんなにも愛…

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 5

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 6

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 7

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!