ニュース速報

ビジネス

7月のアジア株、海外勢は2カ月連続の買い越し

2020年08月11日(火)19時54分

 8月11日、海外投資家は7月にアジア株を買い越した。買い越しは2カ月連続。写真は2015年8月、バンコクで撮影(2020年 ロイター/Chaiwat Subprasom)

[11日 ロイター] - 海外投資家は7月にアジア株を買い越した。買い越しは2カ月連続。アジア経済の回復を背景にハイテク株の買いが膨らんだ。

インド、インドネシア、フィリピン、韓国、台湾、タイ、ベトナムの各証券取引所のデータによると、海外勢の7月の買い越し額は12億ドル。6月は44億ドルの買い越しだった。

アジア太平洋株価指数<.MIAP00000PUS>は7月に4.29%上昇。ハイテク株が12.8%値上がりした。

ANZのアジアリサーチ担当トップ、Khoon Goh氏は「世界的に潤沢な流動性、アジア経済の回復、アジアでの新型コロナウイルスの感染ペース鈍化を背景に資金が流入した」と指摘。「ドル安もアジアの資産価格を支える要因となっている」と述べた。

地域別では、ハイテク株の多い韓国株が7億2560万ドルの流入超。台湾株にも1億8939万ドルの海外資金が流入した。

流入額トップはインド株で、10億2000万ドルの流入。新型コロナの感染拡大が懸念されているにもかかわらず、海外資金が流入した。

一方、タイ株は3億1530万ドルの流出と、11カ月連続の売り越しとなった。フィリピン株も1億2400万ドルの流出で、9カ月連続の売り越し。

フィリピンでは6月のロックダウン(都市封鎖)解除後に、新型コロナの感染者が7倍近く増え13万6000人を超えた。死者も2倍以上に増えている。マニラ周辺では先週、ロックダウンが再導入された。

インドネシア株とベトナム株も、7月は海外資金が流出した。

IGのマーケット・ストラテジスト、Jingyi Pan氏は「強弱まちまちだ。中国を除くアジア市場は、全体としては年末に向け回復するとみられる。投資家が慎重に市場に戻ってくる可能性がある」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

7─8月の感染拡大は接待飲食が主因=西村再生相

ビジネス

訂正:日経平均は小反落、円高一服が安心感誘い徐々に

ワールド

焦点:効果上がる米の遠隔医療、規制緩和が活用後押し

ビジネス

アングル:コロナ禍で「余る」航空機、解体・部品業者

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で留学生らを排斥

  • 3

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首相の「デジタル化」大号令

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 6

    台湾・蔡英文総統、菅首相と電話会談予定せず 森元首…

  • 7

    アフリカで外国による軍事基地建設ラッシュが起きて…

  • 8

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッ…

  • 9

    米科学誌が初めて特定候補支持を表明、「事実に基づ…

  • 10

    関係悪化の責任は安倍前首相にあると煽ってきた韓国…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の「特色ある」民族差別

  • 4

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 5

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 6

    韓国の世代間格差と若者の怒り

  • 7

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 8

    金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

  • 9

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 10

    親の過干渉が子どもの幸福感を下げる

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!