ニュース速報

ビジネス

米経済に「濃い霧」、FRB当局者が相次ぎ懸念表明

2020年07月15日(水)07時47分

米連邦準備理事会(FRB)のブレイナード理事は14日、米経済の先行きに多大な不確実性が存在するため、FRBはフォワードガイダンス(将来の政策方針)に加え、大規模な資産買取制度を持続的に活用すべきという考えを示した。ワシントンのFRB本部で2018年7月撮影(2020年 ロイター/Leah Millis)

[ワシントン 14日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)当局者らは14日、米国各地で新型コロナウイルスの感染者が急増する中、米景気回復は予想よりも遅れる見通しだとし、感染第2波の広がりによって再び経済が深刻な打撃を受ける可能性があると警告した。

FRB当局者らはこのところ経済に対する悲観的な見方を強めており、雇用の伸びなど最近の指標の改善が一時的にすぎない可能性を懸念している。

ブレイナード理事は「新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が経済動向の鍵を握る。依然として不確実性という濃い霧に覆われており、下方リスクが目立つ」と指摘。FRBはフォワードガイダンス(将来の政策方針)に加え、大規模な資産購入策を持続的に活用すべきという考えを示した。

また、最初の感染拡大を受けて導入された政府の景気支援策が近く期限を迎えることを踏まえ、追加の財政支援策が力強い回復に「不可欠」だとした。

新型コロナの広範な第2波が到来すれば、回復の腰折れや景気の二番底、さらには金融市場の変動などを招く恐れがあると警告。「ノンバンクの金融機関が再び圧力を受ける可能性がある。一部の銀行は損失が拡大すれば、融資を縮小させるかもしれない」と述べた。

リッチモンド地区連銀のバーキン総裁は、コロナ禍による景気後退が予想よりも長期化する可能性に備え企業がリストラを実施し、政府による「給与保護プログラム(PPP)」など一連の支援策が終了すれば、失業者が再度増加に転じる可能性があるとの認識を示した。

同総裁は、失業を巡り「複雑に混じり合う」要素が存在すると指摘。企業の間では現況が2カ月程度で過ぎ去ることはないとの認識が浸透し、事業を見直す動きとなっており、ここ2カ月で確認されている雇用の強い伸びを脅かす可能性があると述べた。

ダラス地区連銀のカプラン総裁は「失業率は高く、多くの過剰生産能力が存在している。圧倒的なトレンドはディスインフレになる」と述べた。

米国では新型コロナの感染者急増を受け、一部の州が経済再開プロセスを後退・停止させている。

フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は、感染者の急増により、強制的な事業閉鎖という経済への直接的な影響と、消費者信頼感に与える心理的な影響の双方が懸念されるとした。

セントルイス地区連銀のブラード総裁は、米経済が下半期も成長を続けると予想し、幾分楽観的な見方を示しつつ、「下方リスクは大きい。リスクに基づくきめ細かい対策が景気後退の回避に向け重要になる」とした。

コロナ禍に家計と企業を引き続き支援するため、議会が今月末までに「大規模な」財政刺激策を承認することを期待するとも述べた。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

中国の香港出先機関、米制裁を批判「こっけいでばかげ

ワールド

コロナ対策協議、合意なければ権限行使する=トランプ

ワールド

アングル:「銭湯文化」を救う日本の新世代、コロナ禍

ワールド

アングル:トランプ氏TikTok「分け前」要求、法

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 6

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 7

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 8

    中国に「無関心で甘い」でいられる時代は終わった

  • 9

    中国はファーウェイ5Gで通信傍受する、英米の歴史か…

  • 10

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 5

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 6

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!