ニュース速報

ビジネス

ドル下落、根強いコロナ懸念もリスク選好底堅く=NY市場

2020年07月09日(木)06時10分

ニューヨーク外為市場では、ドルが下落し2週間ぶりの安値を付けた。3月撮影(2020年 ロイター/Mike Segar)

[ニューヨーク 8日 ロイター] - ニューヨーク外為市場では、ドルが下落し2週間ぶりの安値を付けた。新型コロナウイルスの感染再拡大が懸念される一方、米ハイテク株やコモディティー価格が上昇するなど、底堅いリスク選好が見られた。

ユーロ/ドルは3週間ぶりの水準に上昇。豪ドルやニュージーランドドル、カナダドルなどコモディティー通貨も値上がりした。米国株式市場ではハイテク株の多いナスダック総合指数<.IXIC>が終値ベースの最高値を更新した。

OANDA(ニューヨーク)のシニア市場アナリスト、エドワード・モヤ氏は「投資家は株式相場の値上がりが早々には終了しないとの確信を強めているようだ。これは世界的な景気刺激対応が今後も継続するとの期待に基づいている」と述べた。

米疾病対策センター(CDC)は8日、全米のコロナ感染者数が5万0304人増加し298万2900人になったと発表。死者は932人増の13万1065人。

ドルは通貨バスケット<=USD>に対し0.5%安の96.479。

ドルは50日移動平均線が200日移動平均線を下回り、いわゆるデッドクロスが出現。デッドクロスはテクニカル的に弱気サインと認識される。

ユーロ/ドルは0.5%高の1.1329ドル。

豪ドル は0.5%高の0.6981米ドル。ニュージーランドドルは0.4%高の0.6573米ドル。カナダドル は0.7%高の1米ドル=1.3509カナダドル。

ドル/円は0.2%安の107.24円。ドル/スイスフランは0.5%安の0.9380フラン。

ポンド/ドル は0.6%高の1.2613ドル。英国のスナク財務相は8日、新型コロナウイルス感染拡大を受けた企業の人員削減による雇用危機の回避に向け、総額300億ポンド(377億ドル)の対策を発表した。

オフショア人民元 は7.0129元と横ばい。過去2日間、値上がりしていたが、この日は中国人民銀行(中央銀行)が設定した基準値が予想より元安だった。

ドル/円 NY終値 107.25/107.27

始値 107.54

高値 107.59

安値 107.21

ユーロ/ドル NY終値 1.1329/1.1331

始値 1.1281

高値 1.1351

安値 1.1277

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

コロナワクチン、来年初めまでに数千万回分用意も=フ

ビジネス

米株上昇続く、ダウ373ドル高 ディズニー決算が支

ビジネス

ドル下落、好決算やコロナ追加対策期待でリスク選好=

ワールド

米コロナ追加対策法案、7日までに合意なければ決裂も

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階氏や今井氏など

  • 3

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている......当局は「植えないで」と呼びかけ

  • 4

    【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

  • 5

    「韓国の対応は極めて遺憾、このような状況では政策対…

  • 6

    抗議デモに参加した17歳息子の足元に新品の靴 略奪…

  • 7

    三峡ダムより九州の水害を報じる、中国報道は「ポジ…

  • 8

    南シナ海でやりたい放題の中国、ベトナムいじめが止…

  • 9

    東京都、30日コロナ感染367人で過去最多 小池知事、酒…

  • 10

    学生が大学を訴える──質落ちたオンライン授業に「学…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 4

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3…

  • 5

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 6

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 7

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 8

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 9

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 10

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!