ニュース速報

ビジネス

ゴールドマンなどがテスラ株の判断引き下げ、1000ドルは割高

2020年06月13日(土)00時20分

 12日、米ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーが、米電気自動車大手テスラの投資判断を引き下げた。写真はテスラのロゴ。2019年11月撮影(2020年 ロイター/Fabrizio Bensch)

[12日 ロイター] - 米ゴールドマン・サックスとモルガン・スタンレーが、米電気自動車大手テスラの投資判断を引き下げた。10日に初めて1000ドルの大台に乗せたテスラ株だが、割高な水準にあるとした。

2社はテスラ株の長期的な判断は引き続きポジティブとしながらも、現在の株価水準は電気自動車(EV)業界における競争激化などのリスクを過小評価していると指摘。

EV分野にはゼネラル・モーターズやフォード・モーターなど自動車大手も投資を強化し、ラインナップを拡大している。

モルガン・スタンレーのアナリスト、アダム・ジョナス氏は12日の顧客メモで、「より注意すべき主要な弱気のベクトルとして、米中貿易、短期的な需要、資本ニーズ、技術競争へのリスクを挙げる」と指摘した。

モルガン・スタンレーは投資判断を「アンダーウエート」に引き下げ、他の証券12社と並んで売りを推奨。ゴールドマンは「ニュートラル」に引き下げた。これにより、12社が「ホールド」、9社が「バイ」かそれ以上となった。

ゴールドマンのアナリスト、マーク・デレニー氏は11日、同社のファンダメンタルズに対するハードルは高まっていると指摘。目標株価は925ドルから950ドルに引き上げた。

一方、モルガン・スタンレーは目標株価を680ドルから650ドルに引き下げた。リフィニティブによると、この水準は目標株価中央値と同じ。

テスラ株は過去1年で360%急騰。12日午前の取引では1.3%安の約960ドルで推移している。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

中国製造業PMI、2月は49.1に低下 5カ月連続

ワールド

アングル:米上院でも「トランプ流」拡大か、共和党ト

ビジネス

BYD、日本で25年・26年に毎年1車種以上の新型

ビジネス

米FRB、年内利下げの見通し 急ぐ必要なし=NY連
MAGAZINE
特集:世界が愛した小澤征爾
特集:世界が愛した小澤征爾
2024年3月 5日号(2/27発売)

圧倒的情熱でクラシック界に新風を吹き込んだ「世界のオザワ」がわれわれに遺したもの

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行される

  • 2

    欧米はなぜもてはやすのか? 「ロシア反体制派のヒーロー」ナワリヌイの正体

  • 3

    ゾンビ映画の父ジョージ・A・ロメロは「ホラーで社会風刺」にも成功した

  • 4

    NATO軍とロシア軍がウクライナで直接衝突する可能性…

  • 5

    ロシアの脅威を知り尽くしたスウェーデンがNATOを強…

  • 6

    「ボストンを変えた」交響楽団に音楽監督として乗り…

  • 7

    経済が下向きな上、政府は理不尽──外国人投資家が歴…

  • 8

    仏大統領のウクライナ派兵巡る発言、NATO諸国に…

  • 9

    生涯賃金から見える日本の学歴格差、男女格差、地域…

  • 10

    「衝撃的に劣悪」な性能...北朝鮮ミサイル、ウクライ…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 3

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃の反応が...「触らないで!」動画に注目集まる

  • 4

    ロシア兵と若者の衝突...帰還兵が路上で一方的に暴行…

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 7

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 8

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 9

    もう取り返しがつかない?ロシアがウクライナ侵攻で…

  • 10

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 1

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 2

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 3

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 4

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 5

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 6

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中