ニュース速報

ビジネス

東京マーケット・サマリー(25日)

2020年05月25日(月)18時19分

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 107.74/76 1.0874/78 117.17/21

NY午後5時 107.61/64 1.0900/04 117.31/35

午後5時のドル/円は、22日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル高/円安の107円後半。新型コロナウイルス危機後の経済回復期待でドルの下値は支えられたものの、米中対立の激化懸念から上値は伸び悩んだ。この日は英米市場が休場となるため、午後は参加者が減少した。

<株式市場>

日経平均 20741.65円 (353.49円高)

安値─高値   20584.06円─20741.65円

東証出来高 10億0257万株

東証売買代金 1兆7371億円

東京株式市場で日経平均は反発した。国内の緊急事態宣言が全面的に解除される見通しで、経済活動再開への期待が高まり朝方から幅広い銘柄で買いが先行した。日経平均はもみあいが継続した後、大引けにかけてじり高の展開となり、高値引けとなった。緊迫化する香港情勢を受け、香港ハンセン指数.HSIの動きが注目されていたものの、大きく崩れることはなかったため警戒感は強まらなかった。25日の米国株式市場はメモリアルデーに伴い休場のため、商いは細り、東証1部の売買代金は2兆円割れとなった。

東証1部騰落数は、値上がり1857銘柄に対し、値下がりが259銘柄、変わらずが54銘柄だった。

<短期金融市場> 17時07分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.059%

ユーロ円金先(20年12月限) 100.025 (-0.005)

安値─高値 100.025─100.030

3カ月物TB -0.120 (変わらず)

安値─高値 -0.117─-0.120

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.059%になった。前営業日(マイナス0.059%)と横ばいだった。「金融機関による資金調達の動きは引き続き鈍い」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物は弱含み。

<円債市場> 

国債先物・20年6月限 152.33 (-0.11)

安値─高値 152.32─152.42

10年長期金利(日本相互証券引け値) 0.000% (+0.010)

安値─高値 0.000─0.000%

国債先物中心限月6月限は前営業日比11銭安の152円33銭となり、反落して引けた。日経平均株価の上昇などが重しとなり、先物は売りが優勢となった。現物債市場では国債増発懸念や翌26日の40年債入札に向けた調整がみられ、超長期ゾーンの金利上昇が目立った。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比1bp上昇の0.000%。

<スワップ市場> 16時27分現在の気配

2年物 0.01─-0.08

3年物 0.00─-0.09

4年物 0.00─-0.10

5年物 0.00─-0.09

7年物 0.02─-0.07

10年物 0.08─-0.01

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、独立記念日に記念碑破壊批判へ 景勝地で

ワールド

アングル:豪経済の長期繁栄に終止符、構造転換がコロ

ビジネス

焦点:「バイデン大統領」に備える投資家、ドル売りに

ワールド

NFLレッドスキンズ、チーム名変更検討へ 人種差別

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 5

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 6

    新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

  • 7

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 8

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 9

    亡き娘にもう一度会いたい──死者にVRで再会する番組…

  • 10

    【香港危機】台湾の蔡英文がアジアの民主主義を救う

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 10

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!