ニュース速報

ビジネス

FRB当局者、コロナ危機克服で追加財政支援の必要性訴え

2020年05月13日(水)10時08分

 米連邦準備理事会(FRB)の当局者らは5月12日、新型コロナウイルス感染拡大からの景気回復は当初の想定より時間がかかる公算が大きいとし、国内の企業と家計を支援するため、一段の財政出動が必要になると論じた。1日、ワシントンで撮影(2020年 ロイター/Kevin Lamarque)

[12日 ロイター] - 米連邦準備理事会(FRB)の当局者らは12日、新型コロナウイルス感染拡大からの景気回復は当初の想定より時間がかかる公算が大きいとし、国内の企業と家計を支援するため、一段の財政出動が必要になると論じた。

失業率はさらに悪化する見通しで、景気回復はまだら模様になるとの見方も示した。

ダラス地区連銀のカプラン総裁はCNNインターナショナルに対し、失業率は20%かそれ以上の水準でピークを付け、その後は低下するが年内は8─10%にとどまると予想。4月の失業率は14.7%だった。

「失業率を抑え込み、完全雇用に近づけるために、経済成長率押し上げに向けた追加の財政刺激策が必要になるだろう」と語った。

リッチモンド地区連銀のバーキン総裁とミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁もこの日、同様の見解を示した。

FRBは新型コロナ危機に対応し、流動性供給のための緊急措置を相次いで打ち出しており、米議会ではこれまでに、3兆ドル近い景気対策が成立している。

カシュカリ氏はオンラインで行われたインタビューで「米政府はこの危機に対応し、米国民を支えるための資金を捻出する能力がある」と強調した。

FRB当局者らはまた、景気回復のスピードは米国人が安全と感じる度合いに大きく左右されるとし、地域や部門によって一様ではないと予想した。

カシュカリ氏は経済再開について、州知事や大統領の方針よりも、国民が外食や映画鑑賞、野球観戦などの活動を安全と感じるかどうかで決まるところが大きいと指摘。自身もワクチンや治療薬が入手できるようになるまでは映画には行かないと語った。

「新型コロナを制御できるようになるまでは経済は修復できない」とし、経済正常化の道筋は一様ではないかもしれないと述べた。

フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁もまた、新型コロナ危機からの景気回復は一様ではないと語った。

一方、セントルイス地区連銀のブラード総裁は、封鎖措置について、新型コロナのワクチンが開発されるまでの1年半程度の継続になれば、一時的に解雇された数百万の人々が恒久的に職を失い、「壮大な規模の経営破綻」が起きると警告。感染者を追跡するなどのリスクベースの保健政策で、より効果的な対応を図る必要があると指摘した。

クリーブランド地区連銀のメスター総裁は今年の下半期にプラス成長に回帰するという「妥当な基本シナリオ」を達成するには「多くの条件がそろう必要がある」と分析。経済の救済と支援を間断なく続けることや、「外出制限を公衆衛生上の基準に基づき、慎重かつ責任ある形で緩和する」などの条件を挙げた。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

アストラゼネカ製ワクチン、英の接種結果が他国の参考

ビジネス

中国銀保監会、海外市場のリスク警戒 資本流入増加へ

ワールド

独、コロナ対策のロックダウンを28日まで延長へ=報

ワールド

オーストリア、ワクチン共同生産へ デンマーク・イス

MAGAZINE

特集:人民元研究

2021年3月 9日号(3/ 2発売)

一足先にデジタル化する「RMB」の実力 中国の通貨は本当に米ドルを駆逐するのか

人気ランキング

  • 1

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こした本当の理由

  • 2

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 3

    無数の星? いいえ、白い点はすべて超大質量ブラックホール 星図が作成される

  • 4

    赤ちゃんの手足が真っ青に──コロナ関連小児多臓器症…

  • 5

    バイデン政権のシリア爆撃が、ロシア、シリア政府、…

  • 6

    なぜドラえもんの原っぱには「土管」がある? 東京の「…

  • 7

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

  • 8

    新型コロナ関連の小児病MIS-Cで10歳の少年が両手と両…

  • 9

    人民元は2021年中に基軸通貨になるのか?

  • 10

    バブルは弾けた

  • 1

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 2

    バブルは弾けた

  • 3

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 4

    がら空きのコロナ予防接種センター、貴重なワクチン…

  • 5

    トランプにうんざりの共和党員が大量離党 右傾化に…

  • 6

    弁護士の平均年収は4割減 過去十年で年収が上がった…

  • 7

    あらゆる動物の急所食いちぎり去勢も? 地上最凶の…

  • 8

    ミャンマー国軍が「利益に反する」クーデターを起こ…

  • 9

    リコール不正署名問題──立証された「ネット右翼2%説」

  • 10

    アメリカの顔をした中国企業 Zoomとクラブハウスの…

  • 1

    フィット感で人気の「ウレタンマスク」本当のヤバさ ウイルス専門家の徹底検証で新事実

  • 2

    ロシアの工場跡をうろつく青く変色した犬の群れ

  • 3

    屋外トイレに座った女性、「下から」尻を襲われる。犯人はクマ!──アラスカ

  • 4

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

  • 5

    韓国メディアが連日報道、米日豪印「クアッド」に英…

  • 6

    バブルは弾けた

  • 7

    中国はアメリカを抜く経済大国にはなれない

  • 8

    全身が泥で覆われた古代エジプト時代のミイラが初め…

  • 9

    現役医師が断言、日本の「ゆるいコロナ対策」が多くの…

  • 10

    こんなに動いていた! 10億年のプレートの移動が40秒…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!