ニュース速報

ビジネス

世界経済、上期11%縮小の恐れ 新型コロナで=ブラックロック

2020年04月02日(木)09時13分

米資産運用大手ブラックロックのマネジングディレクター、アメール・ビサット氏は1日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界経済が今年上期に11%縮小し、経済生産が6兆ドル失われる可能性があるとの見通しを示した。ニューヨーク証券取引所で2017年3月撮影(2019年 ロイター/Brendan McDermid)

[ドバイ 1日 ロイター] - 米資産運用大手ブラックロックのマネジングディレクター、アメール・ビサット氏は1日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、世界経済が今年上期に11%縮小し、経済生産が6兆ドル失われる可能性があるとの見通しを示した。

同氏はオンラインで行われたパネルディスカッションで、「2008年の経済縮小や、(1918年から始まった)スペイン風邪の際に起きたと推定される縮小より大幅になる」と指摘。

「(1930年代の)世界大恐慌ほど深刻にはならないが、世界的な経済ショックとしては、間違いなく2番目に深刻なものになるだろう」と述べた。

また、控えめな予想でも上期に500万人の雇用が喪失する可能性があり、勤務時間短縮や賃金カットといった状況も考慮すると、状況は一段と深刻との認識を示した。

経済的ショックの大きさ釣り合った政策対応がこれまでに打ち出されているかとの質問に対しては、「政治的には間違いなくノーだ」とした一方、政府や中央銀行が発表した経済対策は肯定的に評価した。

「2─3月に世界各国で発表された財政出動の規模は5兆ドルに上り、これは向こう6カ月程度で投入される」とし、「これに加え、中銀による金利引き下げは65件行われ、20余りの中銀がすでに何らかの形の量的緩和を発表している」と指摘した。

<回復はV字に>

ビサット氏は新型コロナの世界的流行による経済的打撃を自然災害になぞらえ、自然災害の後には通常、「力強い回復」が見られるとした。

ただ新型コロナについては、打撃の終息時期が不透明で、感染再拡大の可能性もあるほか、世界的な問題であることなどから、回復は「それほど強くならない可能性がある」との見方を示した。

それでも、強力な政策対応や繰り延べ需要により、「その後の回復は非常に急速になると確信している」と語った。

その上で「回復はV字のような形になるだろうが、問題は、後退期に失われた経済生産を相殺するほど大きなV字になるかどうかだ。答えはノーだと思う」と述べ、「世界の国内総生産(GDP)の2─3%分は取り戻せないだろう」との見方を示した。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

IOC・組織委・東京都の動きをしっかり注視=五輪簡

ワールド

中国、外国航空会社の運航規制緩和 前日に米政府が圧

ワールド

アップルCEOのiPhone巡る発言、株主の提訴可

ワールド

ブラジルの新型コロナ死者が連日の最多更新、経済再開

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 2

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 3

    トランプの着々と進む「戦争」準備、ワシントン一帯に兵を配備

  • 4

    世界最速の座から転落 「上海リニア」もはや無用の長…

  • 5

    【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

  • 6

    日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

  • 7

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 8

    コロナ禍の世界が熱望する「日本製」 揺るがぬ信頼…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 6

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 7

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 10

    北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

  • 4

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 8

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 9

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!