ニュース速報

ビジネス

東京マーケット・サマリー・最終

2019年11月12日(火)18時39分

■レートは終値(前日比または前週末比)、安値─高値

<外為市場>

ドル/円 ユーロ/ドル ユーロ/円

午後5時現在 109.23/25 1.1026/30 120.45/49

NY午後5時 109.04/07 1.1032/34 120.30/34

午後5時のドル/円は、前日ニューヨーク市場午後5時時点に比べてややドル高/円安の109円前半。下値で実需や短期筋の買いが入る一方、上値の戻り売り圧力も根強く、売買は交錯した。

<株式市場>

日経平均 23520.01円 (188.17円高)

安値─高値   23312.25円─23545.70円

東証出来高 12億5976万株

東証売買代金 2兆2015億円

東京株式市場で日経平均は反発した。前日の米国株市場はさえない動きとなったものの、日経平均は目立った売り材料が見当たらず小反発で始まった。その後、次の材料を待ちながら2万3300円台半ばから後半を中心にもみあいが続いたが、後場、大引けにかけて上げ幅を拡大。終値ベースで2万3500円台を回復し年初来高値を更新した。

東証1部騰落数は、値上がり1270銘柄に対し、値下がりが787銘柄、変わらずが96銘柄だった。

<短期金融市場> 17時06分現在

無担保コール翌日物金利(速報ベース) -0.070%

ユーロ円金先(20年3月限) 99.990 (+0.010)

安値─高値 99.980─99.990

3カ月物TB ───

無担保コール翌日物の加重平均レートは、速報ベースでマイナス0.070%になった。「レートは低下傾向が続いているが、これ以上、下がらないとの見方も出てきている」(国内金融機関)という。ユーロ円3カ月金利先物はまちまち。

<円債市場> 

国債先物・19年12月限 152.59 (-0.43)

安値─高値 152.59─152.99

10年長期金利(日本相互証券引け値) -0.040% (+0.030)

安値─高値 -0.030─-0.060%

国債先物中心限月12月限は前営業日比43銭安の152円59銭と大幅反落して取引を終えた。10年最長期国債利回り(長期金利)の引け値は、前営業日比3bp上昇のマイナス0.040%。30年債入札を控えて調整地合いとなったが、入札結果は不調。後場はリスクオンムードが強まる中、下げ幅が拡大した。

<スワップ市場> 16時23分現在の気配

2年物 0.02─-0.08

3年物 0.02─-0.07

4年物 0.03─-0.07

5年物 0.04─-0.05

7年物 0.09─-0.00

10年物 0.17─0.07

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

TikTok含む中国アプリの禁止を検討─米国務長官

ワールド

英GSK、コロナワクチン開発でメディカゴと提携 田

ビジネス

英中銀、8月6日の政策決定発表時間を前倒し 日本時

ワールド

リジェネロン、コロナ抗体カクテル療法で米政府と契約

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 2

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 3

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで浮上する第2の道とは

  • 4

    火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    「県境をまたぐ移動自粛、一律要請の必要ない」 東京…

  • 8

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 9

    中国人民解放軍、インドとの国境係争地から撤退開始…

  • 10

    プーチン終身大統領に道を開いたロシア「全国投票」…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 7

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 8

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 7

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 8

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 9

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!