ニュース速報

ビジネス

日経平均は反発、上げ幅一時250円超 米中間選控え慎重姿勢も

2018年11月06日(火)15時41分

 11月6日、東京株式市場で日経平均は反発した。米国株や為替の落ち着きを支えに買いが先行。トヨタの決算発表後に上げ幅を一時250円超に拡大したが、米中間選挙の結果を見極めたいとのムードは強く、一段上を買う姿勢は限られた。写真は都内で2015年4月撮影(2018年 ロイター/Issei Kato)

[東京 6日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反発した。米国株や為替の落ち着きを支えに買いが先行。トヨタ<7203.T>の決算発表後に上げ幅を一時250円超に拡大したが、米中間選挙の結果を見極めたいとのムードは強く、一段上を買う姿勢は限られた。米アップルが台湾メーカーに新型スマートフォンの増産中止を要請したと一部で報じられ、ハイテク株は軟調だった。

TOPIXも反発。終値は10月22日以来、2週ぶりの高値を付けた。東証33業種中、値下がりしたのは空運のみ。医薬品、保険、卸売が値上がり率上位に入った。東証1部の売買代金は2週ぶり低水準となった。また取引時間中にトヨタは2019年3月期の連結業績予想の上方修正と自社株買いを発表。同社株は一時3%を超す上昇となった。

ドルトン・キャピタル・ジャパンのシニアファンドマネージャー、松本史雄氏は「トヨタの上方修正は為替要因が中心とはいえ、着実に利益を増やしている。自社株買いがやりやすい環境と受け止めることもでき、マーケットに不透明感がある中で安心感につながった」とみる。

米中間選挙を巡っては、上院で共和党、下院で民主党の勝利が市場のメインシナリオとなっている。中間選挙後の株高アノマリーも意識され、日本株に対してはポジション調整の売りも限定的。ただ結果発表後に短期筋による先物売買で現物指数が振幅するリスクも警戒された。日経平均ボラティリティー指数<.JNIV>は低下したが、26ポイント台後半と比較的高い水準を維持した。

決算発表を受けた個別物色の動きも目立った。ソフトバンクグループ<9984.T>は上昇スタートとなったが下げに転じ、1.97%安で取引を終えた。9月中間期営業利益は1.4兆円と大幅増益となったが、10月以降に市場環境が急変したことを背景に、ファンドビジネスの先行きを懸念した売りに押された。日経平均に対しては約20円の押し下げ要因となった。

一方、ジャパンディスプレイ<6740.T>や、TDK<6762.T>など電子部品関連株が軟調。日本経済新聞は5日、アップルが生産委託先の鴻海(ホンハイ)精密工業<2317.TW>などに対し、10月に発売した「iPhone(アイフォーン)XR」の生産ライン増設計画を中止するよう要請したと報じた。受注の先行きに対する不透明感が意識され、関連銘柄が売りに押された。

東証1部の騰落数は、値上がり1362銘柄に対し、値下がりが674銘柄、変わらずが75銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      22147.75 +248.76

寄り付き    22018.87

安値/高値   21994.28─22160.83

TOPIX<.TOPX>

終値       1659.35 +18.96

寄り付き     1646.42

安値/高値    1646.21─1663.37

東証出来高(万株) 134259

東証売買代金(億円) 23815.39

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 7

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 8

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 9

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 4

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 5

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    日本の重要性を見失った韓国

  • 9

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 10

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!