ニュース速報

ビジネス

英企業、EU離脱巡る不確実性の解消望む=ラムスデン中銀副総裁

2018年10月13日(土)02時02分

[ロンドン 12日 ロイター] - イングランド銀行(英中銀)のラムスデン副総裁は、英国の企業は欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る不確実性が解消することを望んでいると述べた。

同副総裁は英北東部に拠点を持つ日産自動車<7201.T>などの企業を訪問。訪問後にノーザン・エコー紙のインタビューに応じた。12日付の同紙に掲載されたインタビューによると、同副総裁は「離脱交渉は一段の計画が必要な重要な局面に差し掛かっている。(合意がないままに離脱する)クリフエッジ型のブレグジットとなった場合に備え、極めて困難な状況への対応を計画しておく必要がある」と述べた。

日産は英国最大の自動車工場を運営。同社は前週、英国がEUと合意を得られないまま離脱すれば、英国の製造業が「深刻な影響」を受けるとの懸念を示した。

ラムスデン副総裁は、日産が示している懸念から、すべての産業で離脱交渉が決着し、不確実性の解消が望まれていると感じると述べた。

その上で、中銀が前年に実施した銀行ストレステスト(健全性審査)はブレグジットが「極めて悪い」状況となった場合のシナリオに基づいて実施されたと指摘。

ただ、中銀の中核的なシナリオは、ブレグジットが円滑に行われ、英経済が毎年1.75%近辺のペースで拡大する想定だとし、「こうした状況で、市場ではあと2─3年は利上げが続くとの見方が出ている。向こう2─3年の間に2─3回の利上げが実施されるとの予想が現在市場で出ている」と述べた。

英中銀は8月に利上げを実施。ロイターが実施したエコノミスト調査では、来年3月29日のEU離脱後まで追加利上げはないとの見方が示されている。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!