ニュース速報

ビジネス

米Wファーゴ、7─9月期は32%増益 コスト削減が奏効

2018年10月13日(土)04時49分

[12日 ロイター] - 米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が12日発表した7─9月期決算は、コスト削減計画が奏功し、32%の大幅な増益となった。

総非金利費用は4.1%減の137億ドル。前年比での減少は今年に入ってから初めてとなる。

シュリューズベリー最高財務責任者(CFO)は2020年までに費用を約30億ドル削減する目標を表明。向こう3年間で約800の支店を閉鎖し、従業員の10%を削減する。

経費削減と減税の効果で大幅な増益となったものの、アナリストの間では収入低迷や融資縮小に対する懸念が出ている。

総収入は0.4%増の220億ドル。部門別で増収となったのは地域銀行部門のみだった。リフィニティブのI/B/E/Sデータがまとめたアナリスト予想では219億ドルだった。

総融資は1%減の9423億ドル。新規住宅ローンが130億ドル減少した。

これに対し、最大手のJPモルガン・チェースの同四半期の総収入は5.2%増、融資残高の平均は6%増となっている。

エドワード・ジョーンズのアナリスト、カイル・サンダース氏はWファーゴについて「融資と収入の伸びが引き続き課題となっている」と述べた。

ただ金利上昇を受けて、純金利マージン(NIM)は2.94%と前年同期の2.86%から上昇。普通株主帰属の純利益は54億5000万ドル(1株当たり1.13ドル)と、前年同期の41億3000万ドル(同0.83ドル)から増加。ただ調整後の1株利益は1.16ドルと、アナリスト予想の1.17ドルに届かなかった。

Wファーゴは、個人向け銀行業務などで不祥事が相次ぎ、過去2年にわたり信頼回復に向けて取り組んでいる。ムーディーズ・インベスターズ・サービスの上級バイスプレジデント、アレン・ティシュラー氏は「今回の決算は前期に比べ雑音が少ないが、これまでの不祥事によるさらなる落ち込みは払拭できていない」と述べた。

連邦準備理事会(FRB)はWファーゴの一連の不祥事を受け、同行に対し企業統治(コーポレートガバナンス)とリスクコントロールが改善されるまで資産規模を1兆9500億ドル以下に抑えるよう命じている。

9月末時点の資産規模は1兆8800億ドル。WファーゴはFRBが同制限措置を来年上半期に解消するとの見通しを示している。

*内容を更新しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:移民の歌

2018-12・11号(12/ 4発売)

「移民」受け入れが議論される人手不足の日本でとなりに生きる外国人労働者たちの声を聴く

人気ランキング

  • 1

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    ミャンマー若者世代、堕ちた偶像スー・チーに反旗

  • 4

    カルロス・ゴーン逮捕に見る日本の司法制度の異常さ

  • 5

    「中国はクソ」 アリババにオワコンにされたドルチ…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 8

    ファーウェイ副会長逮捕の報復で、中国がアメリカ人…

  • 9

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 10

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    忍び寄る「大学倒産」危機 2000年以降すでに14校が倒産している

  • 4

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 7

    倒産する大学の4つの特徴:地方、小規模、名称変更、…

  • 8

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    自我のあるラブドールは作れる、だが人間は創造主に…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 9

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!