ニュース速報

ビジネス

米Wファーゴ、7─9月期は32%増益 コスト削減が奏効

2018年10月13日(土)04時49分

[12日 ロイター] - 米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が12日発表した7─9月期決算は、コスト削減計画が奏功し、32%の大幅な増益となった。

総非金利費用は4.1%減の137億ドル。前年比での減少は今年に入ってから初めてとなる。

シュリューズベリー最高財務責任者(CFO)は2020年までに費用を約30億ドル削減する目標を表明。向こう3年間で約800の支店を閉鎖し、従業員の10%を削減する。

経費削減と減税の効果で大幅な増益となったものの、アナリストの間では収入低迷や融資縮小に対する懸念が出ている。

総収入は0.4%増の220億ドル。部門別で増収となったのは地域銀行部門のみだった。リフィニティブのI/B/E/Sデータがまとめたアナリスト予想では219億ドルだった。

総融資は1%減の9423億ドル。新規住宅ローンが130億ドル減少した。

これに対し、最大手のJPモルガン・チェースの同四半期の総収入は5.2%増、融資残高の平均は6%増となっている。

エドワード・ジョーンズのアナリスト、カイル・サンダース氏はWファーゴについて「融資と収入の伸びが引き続き課題となっている」と述べた。

ただ金利上昇を受けて、純金利マージン(NIM)は2.94%と前年同期の2.86%から上昇。普通株主帰属の純利益は54億5000万ドル(1株当たり1.13ドル)と、前年同期の41億3000万ドル(同0.83ドル)から増加。ただ調整後の1株利益は1.16ドルと、アナリスト予想の1.17ドルに届かなかった。

Wファーゴは、個人向け銀行業務などで不祥事が相次ぎ、過去2年にわたり信頼回復に向けて取り組んでいる。ムーディーズ・インベスターズ・サービスの上級バイスプレジデント、アレン・ティシュラー氏は「今回の決算は前期に比べ雑音が少ないが、これまでの不祥事によるさらなる落ち込みは払拭できていない」と述べた。

連邦準備理事会(FRB)はWファーゴの一連の不祥事を受け、同行に対し企業統治(コーポレートガバナンス)とリスクコントロールが改善されるまで資産規模を1兆9500億ドル以下に抑えるよう命じている。

9月末時点の資産規模は1兆8800億ドル。WファーゴはFRBが同制限措置を来年上半期に解消するとの見通しを示している。

*内容を更新しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

サウジが不明記者の死亡認める 高官2人解任 米大統

ワールド

焦点:貿易戦争が招いたブラジル農業ブーム、米アイオ

ビジネス

焦点:米中間選挙、株式オプション市場では「ささいな

ビジネス

S&P下落、金利上昇や貿易への懸念で

MAGAZINE

特集:日本人がまだ知らないウイグル弾圧

2018-10・23号(10/16発売)

中国共産党によって続くウイグル人の苛酷な強制収容── 世界はこの人権侵害からいつまで目を背けるのか

人気ランキング

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 3

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で分かった「死」

  • 4

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

  • 7

    ドイツで潰えたグリーン電力の夢

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 10

    中国で2020年までに「人工の月」を打ち上げる計画が…

  • 1

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 2

    「ありえないほどかわいい」羊に世界中から引き合い殺到

  • 3

    ノーベル平和賞のヤジディ教徒の女性が、ISISの「性奴隷」にされた地獄の日々

  • 4

    ムスリム世界が「同胞」ウイグルの悲劇を無視する訳

  • 5

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 6

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 7

    スウェーデン中国人観光客「差別事件」で、中国が支…

  • 8

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 9

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 10

    金利上昇で住宅ローンが危ない! 収支ギリギリの人…

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    「まぶた失い眠れない」 イギリスで急増する硫酸襲撃の恐怖

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

  • 5

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 6

    SNSのイタイ「セクシー自撮り」に隠された本音 他に…

  • 7

    ペンギンの同性カップル、両親からひなを誘拐

  • 8

    ソメイヨシノ韓国起源説に終止符? 日本文化の起源…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!