ニュース速報

ビジネス

米Wファーゴ、7─9月期は32%増益 コスト削減が奏効

2018年10月13日(土)04時49分

[12日 ロイター] - 米銀大手ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)が12日発表した7─9月期決算は、コスト削減計画が奏功し、32%の大幅な増益となった。

総非金利費用は4.1%減の137億ドル。前年比での減少は今年に入ってから初めてとなる。

シュリューズベリー最高財務責任者(CFO)は2020年までに費用を約30億ドル削減する目標を表明。向こう3年間で約800の支店を閉鎖し、従業員の10%を削減する。

経費削減と減税の効果で大幅な増益となったものの、アナリストの間では収入低迷や融資縮小に対する懸念が出ている。

総収入は0.4%増の220億ドル。部門別で増収となったのは地域銀行部門のみだった。リフィニティブのI/B/E/Sデータがまとめたアナリスト予想では219億ドルだった。

総融資は1%減の9423億ドル。新規住宅ローンが130億ドル減少した。

これに対し、最大手のJPモルガン・チェースの同四半期の総収入は5.2%増、融資残高の平均は6%増となっている。

エドワード・ジョーンズのアナリスト、カイル・サンダース氏はWファーゴについて「融資と収入の伸びが引き続き課題となっている」と述べた。

ただ金利上昇を受けて、純金利マージン(NIM)は2.94%と前年同期の2.86%から上昇。普通株主帰属の純利益は54億5000万ドル(1株当たり1.13ドル)と、前年同期の41億3000万ドル(同0.83ドル)から増加。ただ調整後の1株利益は1.16ドルと、アナリスト予想の1.17ドルに届かなかった。

Wファーゴは、個人向け銀行業務などで不祥事が相次ぎ、過去2年にわたり信頼回復に向けて取り組んでいる。ムーディーズ・インベスターズ・サービスの上級バイスプレジデント、アレン・ティシュラー氏は「今回の決算は前期に比べ雑音が少ないが、これまでの不祥事によるさらなる落ち込みは払拭できていない」と述べた。

連邦準備理事会(FRB)はWファーゴの一連の不祥事を受け、同行に対し企業統治(コーポレートガバナンス)とリスクコントロールが改善されるまで資産規模を1兆9500億ドル以下に抑えるよう命じている。

9月末時点の資産規模は1兆8800億ドル。WファーゴはFRBが同制限措置を来年上半期に解消するとの見通しを示している。

*内容を更新しました。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:弾圧中国の限界

2019-6・25号(6/18発売)

ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

人気ランキング

  • 1

    嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤ったか

  • 2

    タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

  • 3

    石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない理由

  • 4

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 5

    本物のバニラアイスを滅多に食べられない理由――知ら…

  • 6

    難民を助ける「英雄」女性船長を、イタリアが「犯罪…

  • 7

    年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

  • 8

    老後資金二千万円問題 100年あんしん年金の最大の問…

  • 9

    「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女…

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

  • 2

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  • 3

    香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

  • 4

    厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

  • 5

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 6

    日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

  • 7

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 8

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 9

    日本の重要性を見失った韓国

  • 10

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 1

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 2

    台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

  • 3

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

  • 6

    タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

  • 7

    貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

  • 8

    アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

  • 9

    トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

  • 10

    脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!