ニュース速報

ビジネス

海外企業とのエンゲージメント活動強化=三井住友トラストAM社長

2018年10月12日(金)00時23分

[東京 12日 ロイター] - 三井住友トラスト・ホールディングス <8309.T>傘下の運用会社、三井住友トラスト・アセットマネジメント(AM)の菱田賀夫社長はロイターとのインタビューで、投資先の海外企業とのエンゲージメント(意見交換)活動を強化する方針を示した。グローバル化を進める投資先の日本企業とのエンゲージメント活動にもプラスになるとした。

三井住友トラストAMは1日、グループの三井住友信託銀行の運用部門を分割・統合した。運用資産は9月末時点で66兆円となり、みずほフィナンシャルグループ <8411.T>のアセットマネジメントOneを抜いて国内で最大、アジアでも最大規模の運用会社となった。

菱田社長は統合の背景について「機関投資家は銀行、個人は投信会社と顧客に分けて資産運用業務を展開してきたが、機関投資家と個人のニーズが似通ってきた。一体化することで運用事業を強化できると判断した」と語った。

菱田社長は、今後の取り組み方針として「テクノロジーが進歩する中で、運用会社が何で生き残るのかというと、投資先企業としっかり対話して付加価値を上げること。それはAI(人工知能)が取って代わることはない。その活動を通じて企業価値が上がれば運用パフォーマンスも上がり、自ずと手数料ももらえる」と述べ、エンゲージメントの重要性を強調。

特に海外企業とのエンゲージメントを強化するとした。同社が議決権を行使している企業は、国内が2200社、16兆円なのに対して、海外は2500社、15兆円で海外企業への投資が増えている。

菱田社長は「海外企業への投資をしているので、もちろん必要だが、それに加えてグローバル化が進んでいる日本企業とのエンゲージメントにも役に立つ。日本企業もグローバルな業界動向や、どのように考えなければならないのかを求めている。相互交流が重要だ」と語った。

17年度に実施した海外企業に対するエンゲージメントは、企業数で104社、対話数で134社となった。数値目標は立てていないが、回数や対象企業を順次増やしていく。

国内運用会社は海外企業に対するエンゲージメントへの取り組みが本格化できておらず、三井住友トラストAMは先陣を切って対応する考えだ。

(布施太郎 編集:田巻一彦)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:間違いだらけのAI論

2018-12・18号(12/11発売)

AI信奉者が陥る「ソロー・パラドックスの罠」── 過大評価と盲信で見失う人工知能の未来とチャンス

人気ランキング

  • 1

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 2

    【動画】ロシアの「最先端ロボット」には......実は人が入っていた

  • 3

    宇宙からのメッセージ!? 11光年先の惑星から謎の信号

  • 4

    おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

  • 5

    華為Huaweiを米国に売ったのはZTEか?──中国ハイテク…

  • 6

    「ディズニーパークに遺灰がまかれている」という都…

  • 7

    心肺停止後、5分は意識がある!? 最新の脳神経学で…

  • 8

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 9

    ミシェル前大統領夫人が告白した「インポスター症候…

  • 10

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最も複製された犬に

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

  • 5

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 6

    韓国で隣家のコーギー犬を飼い主に食べさせようとし…

  • 7

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 10

    8メートルの巨大ニシキヘビ、漁師を締め上げ インド…

  • 1

    生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

  • 2

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 3

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    恋人を殺して食べたロシア人の男、詩で無罪を訴え

  • 6

    フランス人の自信の秘密は「性教育」にあった!? 実…

  • 7

    日本がタイ版新幹線から手を引き始めた理由

  • 8

    カルロス・ゴーン逮捕、アメリカでどう報じられたか

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    世界最小チワワ、韓国で49回クローンされ、世界で最…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!