ニュース速報

ビジネス

米サンフランシスコ連銀、労働経済学者のデイリー氏を総裁に指名

2018年09月15日(土)05時44分

[フォートウェイン(米インディアナ州) 14日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀は14日、同連銀のリサーチ部門主任のメアリー・デイリー氏(55)を次期総裁に指名したと発表した。

10月1日付で就任し、11、12月開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つことになる。

ウィリアムズ前総裁が6月にニューヨーク連銀総裁に就任してから、同ポストは空席となっていた。

デイリー氏は、経済格差や賃金動向、労働力ダイナミクスなどの研究で知られる労働経済学者で、段階的なペースでの利上げを支持する公算が大きい。

高校を中退したが、後にシラキュース大学で博士号を取得。1996年にサンフランシスコ地区連銀のリサーチ部門に入り、17年から同部門の主任を務める。

デイリー氏の就任によって、地区連銀の女性総裁は3人となる。また、同氏は同性愛を公表している初のFRB幹部となる。

デイリー氏は7月、米経済見通しは「驚くほど明るい」と判断。その上で、失業率が低下を続けるとの見通しを示しつつも、「賃金インフレ高進の兆候が限られる中、総合インフレが短期的に高進する兆候もほぼない」との認識を示した。

同時に、FRBは金利を低水準にとどめることで、経済を過熱させることはできないともけん制。「経済の拡大を維持しながら、景気を過熱させないよう、インフレ高進を回避することが必要だ。しかし、『パンチボウル(緩和的金融政策)』を早期に片付けてしまうことで、景気を冷え込ませることも望ましくない」と述べた。

イエレン前FRB議長は「デイリー氏は素晴らしいエコノミストで、労働市場に関するFRBの理解を深めることに大きく寄与してきた」と賞賛している。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:世界を変えるブロックチェーン起業

2019-4・23号(4/16発売)

難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

人気ランキング

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメディアの罪

  • 3

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文化破壊

  • 4

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 5

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 6

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 7

    インドネシア大統領選、敗北認めぬ候補支持者が大規模…

  • 8

    ボストン・ダイナミクスの四足歩行ロボット、10台で…

  • 9

    米朝対話で狭まる北朝鮮の選択肢

  • 10

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 3

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 4

    「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

  • 5

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 6

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 7

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 8

    「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

  • 9

    子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

  • 10

    墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

  • 1

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 2

    無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

  • 5

    女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

  • 6

    「令和」に関して炎上する中国ネット

  • 7

    謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

  • 8

    映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

  • 9

    大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
広告営業部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!