ニュース速報

ビジネス

米サンフランシスコ連銀、労働経済学者のデイリー氏を総裁に指名

2018年09月15日(土)05時44分

[フォートウェイン(米インディアナ州) 14日 ロイター] - 米サンフランシスコ地区連銀は14日、同連銀のリサーチ部門主任のメアリー・デイリー氏(55)を次期総裁に指名したと発表した。

10月1日付で就任し、11、12月開催の米連邦公開市場委員会(FOMC)で投票権を持つことになる。

ウィリアムズ前総裁が6月にニューヨーク連銀総裁に就任してから、同ポストは空席となっていた。

デイリー氏は、経済格差や賃金動向、労働力ダイナミクスなどの研究で知られる労働経済学者で、段階的なペースでの利上げを支持する公算が大きい。

高校を中退したが、後にシラキュース大学で博士号を取得。1996年にサンフランシスコ地区連銀のリサーチ部門に入り、17年から同部門の主任を務める。

デイリー氏の就任によって、地区連銀の女性総裁は3人となる。また、同氏は同性愛を公表している初のFRB幹部となる。

デイリー氏は7月、米経済見通しは「驚くほど明るい」と判断。その上で、失業率が低下を続けるとの見通しを示しつつも、「賃金インフレ高進の兆候が限られる中、総合インフレが短期的に高進する兆候もほぼない」との認識を示した。

同時に、FRBは金利を低水準にとどめることで、経済を過熱させることはできないともけん制。「経済の拡大を維持しながら、景気を過熱させないよう、インフレ高進を回避することが必要だ。しかし、『パンチボウル(緩和的金融政策)』を早期に片付けてしまうことで、景気を冷え込ませることも望ましくない」と述べた。

イエレン前FRB議長は「デイリー氏は素晴らしいエコノミストで、労働市場に関するFRBの理解を深めることに大きく寄与してきた」と賞賛している。

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:嫌韓の心理学

2019-10・15号(10/ 8発売)

日本人はいつから韓国が嫌いになったのか? 心理学とメディア分析で「嫌韓」を分析

人気ランキング

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    保守がネット右翼と合体し、いなくなってしまった理由(古谷経衡)

  • 4

    台風19号、関東中心に記録的な風雨 2人死亡

  • 5

    ラグビー日本代表「多様性ジャパン」は分断と対立を…

  • 6

    台風19号、東日本直撃し各地で氾濫被害 千曲川は堤防…

  • 7

    日本が「生産性が低すぎる国」になった五輪イヤー 衰…

  • 8

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 9

    台風19号接近、東海・関東地方で河川が氾濫危険水位に…

  • 10

    プレゼンでスティーブ・ジョブズから学ぶべきでない3…

  • 1

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 2

    全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描いた被害者の肖像

  • 3

    なぜ韓国の若者は失業に苦しみ続けるのか

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    北朝鮮漁民は「100年前の船」で無謀な出漁......日本…

  • 6

    日本に巣食う「嫌韓」の正体

  • 7

    『ジョーカー』怒りを正当化する時代に怒りを描く危…

  • 8

    ツイッター動画が人生を変えた......ホームレス・シ…

  • 9

    「国に『金くれ』とか言うなよ」という話? 再開され…

  • 10

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパーク…

  • 1

    韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

  • 2

    写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

  • 3

    イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

  • 4

    「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

  • 5

    繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

  • 6

    「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

  • 7

    米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

  • 8

    コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

  • 9

    サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!