ニュース速報

ビジネス

ANA、エンジン点検で国内線330便追加欠航 8月は一部予約制限

2018年07月12日(木)17時01分

 7月12日、ANAホールディングス傘下の全日本空輸(ANA)は、ボーイング787型機に搭載しているエンジンの点検に伴い23─31日に国内線330便を追加で欠航すると発表した。写真は羽田空港で1月に撮影(2018年 ロイター/Toru Hanai)

[東京 12日 ロイター] - ANAホールディングス<9202.T>傘下の全日本空輸(ANA)は12日、ボーイング787型機に搭載しているエンジンの点検に伴い23─31日に国内線330便を追加で欠航すると発表した。約5万8000人の旅客が影響を受ける。規模は縮小するが、欠航は8月も続く見込みで、盆休みの同月9日―19日は一部の路線で予約も制限する。

7月23―31日に欠航となるのは、羽田空港発着の伊丹、関西、札幌、福岡、広島、岡山など計13路線。他の航空会社や新幹線など他の交通機関を含む代替手段が確保しやすい便を中心としている。787型機を使う貨物便も羽田ー佐賀線の計12便が24―28日、31日の計6日間欠航する。

ANAは今月4日、エンジン点検により6―12日に国内線113便を欠航すると発表。9日にも13日―22日に国内線176便を追加欠航すると公表した。7月中の欠航便数は計619便となり、6日から31日までの全便数の約3%を占める。影響旅客数は計11万5000人で、同社の昨年7月の旅客数1日分(1日当たり約10万人)強に相当する。

点検するのは、787型機に搭載している英ロールスロイス製のトレント1000型エンジン。今年4月、不具合が起きる恐れがあるとして欧米の航空当局がロールスロイスに対して改善を指示。日本当局も指示を出し、ANAは点検を進めている。

新しい機材の稼働開始日の前倒しや不急の機材改修作業の日程先送りなど、ありとあらゆる対応策を講じてきているが、機材繰りがうまくできず、今なお欠航を続けざるを得ない状況にあるという。

8月も羽田発着路線を中心に一部の便を欠航とする見通し。夏休みシーズンで旅客も増えて影響が大きくなるため、盆休みで繁忙期となる同月9―19日については羽田ー伊丹など一部の路線の予約受付を制限する。

ただ、欠航便数は、7月中の1日当たり15―40便程度に比べ、8月は同10―20便程度まで少なくできる見込み。欠航便の数や詳細については今月17日にあらためて公表する予定。

*内容を追加しました。

(白木真紀)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:沖縄ラプソディ

2019-2・26号(2/19発売)

報道が過熱するほど見えなくなる沖縄のリアル 迫る県民投票を前にこの島を生きる人々の息遣いを聞く

人気ランキング

  • 1

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

  • 2

    数百万人の「中年フリーター」が生活保護制度を破綻させるかもしれない

  • 3

    日本、オランダ、ついにアメリカも 培養肉の時代がやって来る

  • 4

    JKビジネスを天国と呼ぶ「売春」女子高生たちの生の声

  • 5

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 6

    貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

  • 7

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

  • 8

    いじめで「死ななかった子」と親を取材して分かった…

  • 9

    習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

  • 10

    アップルの税逃れ拠点、アイルランドの奇妙な二重生活

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 5

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

  • 6

    「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

  • 7

    地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

  • 8

    炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

  • 9

    アリアナのタトゥー炎上と日本人の「不寛容」

  • 10

    南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

  • 1

    13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

  • 2

    ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

  • 3

    【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

  • 4

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

  • 5

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

  • 6

    『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

  • 7

    エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

  • 8

    口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

  • 9

    恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

  • 10

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!