ニュース速報

ビジネス

マツダ、円安で10―12月期営業益は2.2倍 米国販売は厳しく

2018å¹´02月07日(水)18時44分

 2月7日、マツダ は、第3・四半期(2017年10―12月期)の営業利益が前年同期に比べ約2.2倍の306億円だったと発表した。米国での販売が低迷したが、コスト改善や円安効果が寄与した。写真はメキシコシティで昨年11月撮影(2018年 ロイター/Henry Romero)

[東京 7日 ロイター] - マツダ<7261.T> は7日、第3・四半期(2017年10―12月期)の営業利益が前年同期に比べ約2.2倍だったと発表した。米国販売は厳しかったが、円安効果が寄与した。前提為替レートの見直しなどにより、18年3月期通期見通しは売上高を上方修正した。通期の営業利益、純利益は従来予想を維持する。米国での販売費用増など考慮した。

10―12月期の営業利益は306億円で、トムソン・ロイターが算出したアナリスト9人の予測平均値334億円をやや下回った。

通期売上高は従来予想から1500億円増となる3兆5000億円に上振れる。通期の前提為替レートを1ドル=111円(従来は110円)、1ユーロ=130円(同127円)と円安方向にそれぞれ見直した。 

17年4―12月期の営業利益は前年同期比5.1%増の1071億円だった。米国での出荷減少や販売奨励金(インセンティブ)の増加などで242億円の減益要因となったが、円安など為替影響が315億円押し上げ、米国の不振を補った。

<中国は好調、米国はセダン系不調>

通期の世界販売計画は従来の160万台を据え置いたが、地域別では、セダン系車種が不振の北米を1万3000台引き下げ、好調な中国を1万6000台引き上げた。

4―12月期の世界販売は前年同期に比べ2%増の118万6000台と同期として過去最高となった。中国は8%増の24万5000台で、同じく過去最高。減税効果のあった小型車「マツダ3(日本名アクセラ)」、SUV(多目的スポーツ車)「CX―4」などが好調だった。一方、米国は5%減の22万台だった。

青山裕大常務執行役員は会見で、中国市場では減税措置終了後もSUV系車種を含めて成長が期待できるとし、「来期も今期並みの販売台数を期待したい」と述べた。

会見した藤本哲也常務執行役員は、米国市場では「特にセダン系のインセンティブが厳しく、台数も伸び悩むという現実に直面している」と指摘した。SUV「CX―5」などは好調で、CX系の販売比率を高めているが、「CX系シフトによる改善効果がセダン系の悪化に追いついていない」と語り、来期以降は販売網改革とSUV系で反転攻勢をかける意向を示した。

通期の純利益予想は前期比6.6%増の1000億円と従来のまま維持した。営業利益予想も従来通りの19.3%増の1500億円。トムソン・ロイターが算出したアナリスト20人の予測平均値は1547億円となっている。

*内容を追加しました。

(白木真紀)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

バイデン氏、外交面の主要人事発表 国務長官にブリン

ワールド

アストラゼネカのワクチン、有効性と安全性の確認待つ

ビジネス

政府支援なければ苦境、ワクチン普及に時間=米リッチ

ワールド

WTO有志、パンデミック対応策で合意 医療品輸出制

MAGAZINE

特集:バイデンのアメリカ

2020-11・24号(11/17発売)

就任100日でバイデン民主党新政権の内政・外交・経済そしてコロナ対策はこう動く

人気ランキング

  • 1

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多めのウェア着ている選手が悪いのか?

  • 2

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 3

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 4

    オーストラリアが打ち砕く、文在寅に残された「たっ…

  • 5

    バイデンは「親中」ではないが「親日」でもない──日…

  • 6

    【オバマ回顧録】鳩山元首相への手厳しい批判と、天…

  • 7

    新型コロナは2019年9月にはイタリアに広がっていた──…

  • 8

    やはり、脳と宇宙の構造は似ている......最新研究

  • 9

    大統領選の「トランプ爆弾」不発に民主党はがっかり…

  • 10

    中国とロシアがバイデンを祝いたくない理由

  • 1

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 2

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 3

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除方法はこれ

  • 4

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 9

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

  • 10

    トランプでもトランプに投票した7000万人でもない、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!