ニュース速報

ビジネス

マツダ、円安で10―12月期営業益は2.2倍 米国販売は厳しく

2018å¹´02月07日(水)18時44分

 2月7日、マツダ は、第3・四半期(2017年10―12月期)の営業利益が前年同期に比べ約2.2倍の306億円だったと発表した。米国での販売が低迷したが、コスト改善や円安効果が寄与した。写真はメキシコシティで昨年11月撮影(2018年 ロイター/Henry Romero)

[東京 7日 ロイター] - マツダ<7261.T> は7日、第3・四半期(2017年10―12月期)の営業利益が前年同期に比べ約2.2倍だったと発表した。米国販売は厳しかったが、円安効果が寄与した。前提為替レートの見直しなどにより、18年3月期通期見通しは売上高を上方修正した。通期の営業利益、純利益は従来予想を維持する。米国での販売費用増など考慮した。

10―12月期の営業利益は306億円で、トムソン・ロイターが算出したアナリスト9人の予測平均値334億円をやや下回った。

通期売上高は従来予想から1500億円増となる3兆5000億円に上振れる。通期の前提為替レートを1ドル=111円(従来は110円)、1ユーロ=130円(同127円)と円安方向にそれぞれ見直した。 

17年4―12月期の営業利益は前年同期比5.1%増の1071億円だった。米国での出荷減少や販売奨励金(インセンティブ)の増加などで242億円の減益要因となったが、円安など為替影響が315億円押し上げ、米国の不振を補った。

<中国は好調、米国はセダン系不調>

通期の世界販売計画は従来の160万台を据え置いたが、地域別では、セダン系車種が不振の北米を1万3000台引き下げ、好調な中国を1万6000台引き上げた。

4―12月期の世界販売は前年同期に比べ2%増の118万6000台と同期として過去最高となった。中国は8%増の24万5000台で、同じく過去最高。減税効果のあった小型車「マツダ3(日本名アクセラ)」、SUV(多目的スポーツ車)「CX―4」などが好調だった。一方、米国は5%減の22万台だった。

青山裕大常務執行役員は会見で、中国市場では減税措置終了後もSUV系車種を含めて成長が期待できるとし、「来期も今期並みの販売台数を期待したい」と述べた。

会見した藤本哲也常務執行役員は、米国市場では「特にセダン系のインセンティブが厳しく、台数も伸び悩むという現実に直面している」と指摘した。SUV「CX―5」などは好調で、CX系の販売比率を高めているが、「CX系シフトによる改善効果がセダン系の悪化に追いついていない」と語り、来期以降は販売網改革とSUV系で反転攻勢をかける意向を示した。

通期の純利益予想は前期比6.6%増の1000億円と従来のまま維持した。営業利益予想も従来通りの19.3%増の1500億円。トムソン・ロイターが算出したアナリスト20人の予測平均値は1547億円となっている。

*内容を追加しました。

(白木真紀)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

米共和トップ、円滑な政権移行を支持 「選挙の勝者が

ビジネス

英経済、今年は9.7%縮小 従来から引き下げ=S&

ワールド

米英加、ベラルーシ制裁を検討 25日に発動も=関係

ビジネス

米新築住宅販売、8月は前月比4.8%増 14年ぶり

MAGAZINE

特集:コロナで世界に貢献した グッドカンパニー50

2020-9・29号(9/23発売)

新型コロナで企業フィランソロピーが本格化──利益も上げ、世界を救うグッドカンパニー50社を紹介

人気ランキング

  • 1

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮想「東シナ海戦争」の結末

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」の卑劣な手口

  • 4

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 5

    「習vs.李の権力闘争という夢物語」の夢物語

  • 6

    日本人はたぶん知らない、日本の定期券がちょっと残…

  • 7

    フランスから見ると驚愕の域、日本の鉄道のあり得な…

  • 8

    中国人に同化されゆく内モンゴルの問題は内政問題に…

  • 9

    『わかりやすさの罪』から抜け落ちている「わかりや…

  • 10

    Siriが「テロリストは警官」と返答、アップルに怒り…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    権威なき少数民族にはここまで残酷になれる、中国の…

  • 6

    拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

  • 7

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 8

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 9

    2020年ドイツ人が最も恐れるのは......コロナではな…

  • 10

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

  • 3

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 4

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

  • 5

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 6

    1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

  • 7

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!