ニュース速報

ビジネス

日経平均は反落、約2週ぶり安値 北朝鮮リスク警戒で後場崩れる

2017年12月28日(木)15時26分

 12月28日、東京株式市場で日経平均は反落した。横ばいで始まった後じり高基調となり、前場後半に取引時間中として7営業日ぶりの高値水準まで上昇した。写真は都内で2014年12月撮影(2017年 ロイター/Yuya Shino)

[東京 28日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は反落した。横ばいで始まった後じり高基調となり、前場後半に取引時間中として7営業日ぶりの高値水準まで上昇した。市場参加者は少なく積極的な売買は手控えられていたが、北朝鮮情勢の緊迫化が警戒されると後場に軟化。下げ幅は一時174円まで拡大するなど荒い動きとなった。終値は同15日以来、約2週ぶりの安値水準を付けた。

TOPIXも反落。東証1部売買代金は前日比で1.3%増となったが、4営業日連続で2兆円割れとなった。東証1部の出来高は連日で10億株割れ。セクター別では非鉄金属が上昇率トップとなったが、33業種中、値上がりしたのは4業種にとどまった。下落率トップは銀行。証券がこれに続いた。

米CNNは、北朝鮮が新たなミサイルの発射準備を進めている可能性があることが、28日までにわかったと報じた。アジア市場の主要株価指数は総じて堅調だったが、国内では地政学リスクの高まりが警戒され、ドル/円が弱含むと日本株も後場に先物主導で売られた。石川製作所<6208.T>が9%近く上昇するなど、防衛関連株に買いが入った。

日経平均、TOPIXはともに大引け直前に日中安値を付けた後、急速に下げ幅を縮小し取引を終えた。市場では「年末に過度に買われ過ぎた場合、年明けに大きく調整するリスクもある。押し目を待つ投資家も存在し、冷静な判断に基づいた売り買いが行われている印象もある」(藍沢証券・投資顧問室ファンドマネージャーの三井郁男氏)との声が出ていた。

個別銘柄ではサイボウズ<4776.T>が急伸。27日に2017年12月期の通期業績予想の上方修正を発表し、好感された。クラウドサービスの売上増などを反映させた。

半面、日本板硝子<5202.T>が反落。27日に18年3月期通期の最終利益予想を下方修正したと発表した。米税制改革の成立により、繰延税金資産を新税率で再評価したことに伴い、同資産を約100億円取り崩し法人所得税に計上する。一転して最終減益となる見込みとなった。

東証1部の騰落数は、値上がり606銘柄に対し、値下がりが1353銘柄、変わらずが103銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      22783.98 -127.23

寄り付き    22912.05

安値/高値   22736.43─22954.45

TOPIX<.TOPX>

終値       1819.03 -10.76

寄り付き     1829.27

安値/高値    1815.96─1830.59

東証出来高(万株) 99736

東証売買代金(億円) 17305.64

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

ハメネイ師関連サイト、トランプ氏似ゴルファー狙う画

ワールド

WHO、26日にモデルナ製ワクチン巡る推奨発表

ワールド

米州兵150人超がコロナ感染、バイデン大統領就任式

ワールド

WHO、ファイザー製ワクチン調達合意 2月に低所得

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 3

    共和党重鎮マコネル、弾劾裁判の準備にトランプに2週間与える提案

  • 4

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 5

    去りゆくトランプにグレタがキツいお返し「とても幸…

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    反政府団体らがオレゴン州民主党支部を襲撃 バイデ…

  • 8

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 9

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 10

    トランプロスの共和党重鎮、「彼には共和党の指導者…

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 5

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 10

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 4

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

  • 5

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 6

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 7

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 10

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!