ニュース速報

米銀大手が決算発表へ、幹部会見に注目=今週の米株式市場

2019年10月14日(月)09時44分

[ニューヨーク 11日 ロイター] - 今週の米株式市場では、第3・四半期決算を発表する銀行最大手に関心が集まる見通し。金利の低下を背景にした純金利マージンの縮小により1株利益が3年ぶりに前年比で減少する可能性がある。

堅調な住宅ローン業務や株価の値ごろ感がS&P500金融指数<.SPXBK>を下支えする可能性もあるが、信用状況や融資の伸びの見通し、預金コストの削減などについて各行の経営陣が投資家に安心感を与えることができるかどうかが株価動向の鍵となる。

決算発表はシティグループ、ウェルズ・ファーゴ(Wファーゴ)、JPモルガン・チェース、ゴールドマン・サックスが15日、バンク・オブ・アメリカ(バンカメ)が16日となる。

リフィニティブのアナリストがまとめたデータによると、米銀最大手の第3・四半期決算は0.9%増収、1.2%減益と予想されている。

キーフ・ブリュイエット・アンド・ウッズ (KBW)のリサーチディレクター、フレッド・キャノン氏は、第3・四半期中に米2年債と10年債のイールドカーブがフラット化し、一時は逆転も見られたことに言及し、「純金利の状況を踏まえると、全体としてかなり厳しい四半期になりそうだ」と述べた。

シティ、Wファーゴ、JPモルガンの幹部はいずれも9月、マクロ経済面の懸念を理由に、通年の純金利収入の見通しを下方修正した。

マニュライフ・インベストメント・マネジメントのリサ・ウェルチ氏は、今週の決算発表で投資家が注目するのは、純金利マージンの見通しや景気減速への対応策に関する各行幹部の発言だと指摘する。

アバディーン・スタンダード・インベストメントの投資マネジャー、マイク・クローニン氏は、米景気減速が債務返済状況に影響しているかどうかを示す兆候にも投資家は敏感になるとした。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

フランス内閣総辞職、マクロン大統領が再選見据え態勢

ビジネス

日産自動車、6月の中国販売は前年比4.5%増

ワールド

インド、中国製電源装置・部品の輸入審査強化へ

ワールド

インサイト:「院内感染」の重い代償、医療現場で続く

MAGAZINE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

人気ランキング

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 3

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようやくプロセスが明らかに

  • 4

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 5

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 6

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 7

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 8

    コロナ禍なのにではなく、コロナ禍だからBlack Lives…

  • 9

    新型コロナが細胞に生やす不気味な触手の正体は

  • 10

    アメリカはコロナ感染の「第2波」に入ったのか?

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小池知事が緊急会見「現在は感染拡大要警戒」

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 7

    BLMの指導者「アメリカが我々の要求に応じないなら現…

  • 8

    韓国「炭酸カリウム」を不当廉売? 経産省が調査開…

  • 9

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 10

    北京で6月にクラスター発生したコロナウイルス、東南…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪雨で大規模水害、そして...

  • 3

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

  • 4

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 7

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 8

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

  • 9

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 10

    「この貞淑な花嫁は......男だ」 イスラムの教え強い…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!