ニュース速報

香港の抗議活動、中国「テロに近い」 空港運航再開

2019年08月15日(木)00時34分

[香港/北京 14日 ロイター] - 中国政府の香港マカオ事務弁公室は14日、香港国際空港で行われた抗議活動について「テロに近い行為」と非難し、香港当局が責任者を厳しく処罰することを支持すると改めて表明した。同空港は12日の全便欠航に続き13日も夕方から搭乗手続きを停止していたが、14日に業務を再開した。

同空港ではデモ参加者らが平穏に座り込んでいた光景が13日遅く一変。参加者らが中国の覆面捜査官と見なした男性を拘束し、これに対応した機動隊が参加者らと衝突した。機動隊は男性が運び出されると撤収、活動家らがターミナルを一時支配下に置き、中国の記者を短時間拘束した。

中国国営メディアは14日、香港のデモに対し一段と強い姿勢で対応するよう政府に求める論説を掲載し、香港警察を支持するメッセージをインターネットに投稿した。

人民日報は海外版の1面に掲載した社説で「法という刀を使って暴力を阻止し、秩序を回復することが、香港にとって圧倒的に最重要かつ喫緊の課題だ」と訴えた。中国本土のソーシャルメディア利用者らは、拘束された記者を英雄と称賛した。

デモ参加者らは衝突について謝罪。数人のグループは到着ロビーで「前日起きたことについて大変申し訳ない」、「必死で不完全な決断をしてしまった。どうか謝罪を受け入れてほしい」と書かれた横断幕を広げた。

ソーシャルメディアにも「自分たちの過ちが原因で運動全体への支持が失われ、戦いを諦める事態をただただ恐れている」、「反省し、改善することを約束する」という投稿メッセージが見られた。

抗議活動継続の意思表明も聞かれた。21歳の教師は空港で「ここにいる人は皆、とても怖がっている。しかし自由を失うことの方がもっと恐ろしくて抗議活動を続けている。われわれの思想は何者にも屈しない」と語った。

<空港運航再開>

出発ゾーンは14日、搭乗券を持つ乗客以外の立ち入りが制限された。夜間に血の跡やごみなどが掃除され、デモ参加者が自ら反政府ポスターをはがす光景も見られた。

キャセイ・パシフィック航空<0293.HK>は、混乱に伴い発着する計272便が欠航し、5万5000人以上が影響を受けたとしている。

中国の航空規制当局は先週、同社に抗議活動を支持する乗務員の本土便乗務を停止するよう要求。同社は14日、操縦士2人を解雇したと明らかにした。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:パックンのお笑い国際情勢入門

2019-8・20号(8/ 6発売)

世界のニュースと首脳たちをインテリ芸人が辛辣風刺──日本人が知らなかった政治の見方お届けします

※次号は8/20(火)発売となります。

人気ランキング

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道は?

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    世界で最も有名なオオカミ「OR-7」を知っているか?

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    「日本は代が変わっても過去を清算せよ」金正恩が安…

  • 7

    世界が知る「香港」は終わった

  • 8

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 9

    9.11を経験したミレニアル世代の僕が原爆投下を正当…

  • 10

    日本の重要性を見失った韓国

  • 1

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 2

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断国家の世論割れる

  • 3

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 6

    世界が発想に驚いた日本の「ロボット尻尾」、使い道…

  • 7

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

  • 8

    犯人の容姿への嘲笑に警告 9万件のコメントを集めた…

  • 9

    世界が知る「香港」は終わった

  • 10

    未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

  • 1

    水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

  • 2

    寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで話題に

  • 3

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 6

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 7

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 8

    韓国で日本ボイコットに反旗? 日本文化めぐり分断…

  • 9

    「韓国の反論は誤解だらけ」

  • 10

    ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!