ニュース速報

香港の抗議活動、中国「テロに近い」 空港運航再開

2019年08月15日(木)00時34分

[香港/北京 14日 ロイター] - 中国政府の香港マカオ事務弁公室は14日、香港国際空港で行われた抗議活動について「テロに近い行為」と非難し、香港当局が責任者を厳しく処罰することを支持すると改めて表明した。同空港は12日の全便欠航に続き13日も夕方から搭乗手続きを停止していたが、14日に業務を再開した。

同空港ではデモ参加者らが平穏に座り込んでいた光景が13日遅く一変。参加者らが中国の覆面捜査官と見なした男性を拘束し、これに対応した機動隊が参加者らと衝突した。機動隊は男性が運び出されると撤収、活動家らがターミナルを一時支配下に置き、中国の記者を短時間拘束した。

中国国営メディアは14日、香港のデモに対し一段と強い姿勢で対応するよう政府に求める論説を掲載し、香港警察を支持するメッセージをインターネットに投稿した。

人民日報は海外版の1面に掲載した社説で「法という刀を使って暴力を阻止し、秩序を回復することが、香港にとって圧倒的に最重要かつ喫緊の課題だ」と訴えた。中国本土のソーシャルメディア利用者らは、拘束された記者を英雄と称賛した。

デモ参加者らは衝突について謝罪。数人のグループは到着ロビーで「前日起きたことについて大変申し訳ない」、「必死で不完全な決断をしてしまった。どうか謝罪を受け入れてほしい」と書かれた横断幕を広げた。

ソーシャルメディアにも「自分たちの過ちが原因で運動全体への支持が失われ、戦いを諦める事態をただただ恐れている」、「反省し、改善することを約束する」という投稿メッセージが見られた。

抗議活動継続の意思表明も聞かれた。21歳の教師は空港で「ここにいる人は皆、とても怖がっている。しかし自由を失うことの方がもっと恐ろしくて抗議活動を続けている。われわれの思想は何者にも屈しない」と語った。

<空港運航再開>

出発ゾーンは14日、搭乗券を持つ乗客以外の立ち入りが制限された。夜間に血の跡やごみなどが掃除され、デモ参加者が自ら反政府ポスターをはがす光景も見られた。

キャセイ・パシフィック航空<0293.HK>は、混乱に伴い発着する計272便が欠航し、5万5000人以上が影響を受けたとしている。

中国の航空規制当局は先週、同社に抗議活動を支持する乗務員の本土便乗務を停止するよう要求。同社は14日、操縦士2人を解雇したと明らかにした。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

モーリシャスが環境緊急事態宣言、日本船の燃料流出で

ワールド

コロナ追加対策でトランプ氏が大統領令、失業給付上乗

ワールド

大規模爆発のレバノン首都、反政府デモで100人以上

ビジネス

アングル:韓国サムスン、インド市場で巻き返し 反中

MAGAZINE

特集:人生を変えた55冊

2020-8・11号(8/ 4発売)

コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

人気ランキング

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 4

    K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

  • 5

    陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

  • 6

    奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

  • 7

    再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

  • 8

    『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

  • 9

    【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

  • 10

    地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

  • 1

    コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

  • 2

    中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

  • 3

    中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

  • 4

    中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

  • 5

    韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

  • 6

    ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

  • 7

    宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

  • 8

    アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

  • 9

    戦略性を失った習近平「四面楚歌」外交の末路

  • 10

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!