ニュース速報

焦点:1─3月期GDP、設備投資プラス転換 先行きは外需波乱で不透明

2019年06月03日(月)15時50分

[東京 3日 ロイター] - 2019年1─3月期の国内総生産(GDP)は、1次速報値で落ち込んだ設備投資が法人企業統計を反映した2次速報でプラス転換する見通しだ。中国経済減速に伴う企業部門への打撃が懸念されたが、非製造業などの内需関連業種が好調で、設備投資全体では底堅さが維持された。だが、足元での米中貿易摩擦の激化などで製造業の業況感が落ち込む可能性が高く、先行きは予断を許さない情勢が展開しそうだ。

3日発表された同統計では、全産業の設備投資(ソフトウェアを除くベース)が前期比1.1%増となり、2四半期連続の増加となった。製造業は減少したものの、非製造業は過去最高益の後押しもあり、同2.8%増と全体を支えた。

農林中金総研総合研究所の南武志・主席研究員は、GDP1次速報でマイナスだった設備投資が2次速報値ではプラスに転換すると予測。「18年度の設備投資については、底堅く推移した」と分析。

企業の内部留保(利益剰余金)は466兆円と増加が続いているが、最近ではM&Aや設備投資にようやく資金が回り始めている。

今年1─3月期は、中国経済の需要減速で半導体関連や一般機械などの売り上げに影響が出た。だが、需要の強い自動車向け原材料や部品、国内再開発向けの建設機械やリース、安全対策投資などが全体を押し上げた。

GDP2次速報値が、設備投資の上方修正で1次速報値から押し上げられるかどうかについては、見方が分かれている。

多くの民間調査機関は、設備投資の上方修正を予測。その見方の半数が、GDP2次速報値の上振れをみている。

一方、みずほ証券・シニアマーケットエコノミストの末廣徹氏は、民間需要の各項目が1次速報値から横ばいと予測。「2次速報値では、個人消費と設備投資の減少が確認され、日本の景気後退が意識されるだろう」との見方を示す。

しかし、4─6月期以降も、堅調さが持続するとの見方は少ない。

産業界からは、5月連休以降の海外情勢について「これまでとは状況が異なる」(経済団体幹部)との声が上がっている。

米国による対中関税の対象が、今年6月下旬から3250億ドル分の輸入に拡大され、今秋にメキシコからの輸入品への関税が25%に引き上げられれば、世界のサプライチェーンが崩れ、企業コストが跳ね上がると懸念している。

経済官庁幹部は「1─3月期は、消費と設備投資がもっと悪化するとみていたが、トレンドから外れるような状況にはならなかった。ただ、今後は米国による関税引き上げなどで設備投資の様子も変わってくる可能性があり、よく見極めたい」としている。

企業部門に加えて、個人消費に関しても不安材料はある。食料品やサービス関連の値上げが相次ぎ、景気ウォッチャーや消費者態度指数といった消費者マインドは弱い動きが続いている。

令和改元効果や10連休下での消費刺激効果、雇用情勢のタイト化と時給上昇、消費増税前の駆け込み需要といったプラス材料と、海外情勢発の懸念材料との綱引きとなりそうだ。

(中川泉 編集:田巻一彦)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

日経平均は小反発で始まる、米株高好感も主力銘柄は売

ビジネス

日本の機械受注、5月は前月比プラス1.7% 非製造

ワールド

米地裁判事、ゴーン被告逃亡協力者の早期保釈に否定的

ビジネス

中国人民銀、デジタル通貨の試験で配車大手の滴滴出行

MAGAZINE

特集:香港の挽歌

2020-7・14号(7/ 7発売)

国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

人気ランキング

  • 1

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 2

    「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

  • 3

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 4

    ヘビのような両生類アシナシイモリの謎 口腔の毒腺…

  • 5

    習近平はなぜ香港国家安全維持法を急いだのか?

  • 6

    新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

  • 7

    ロシア諜報機関の汚れ仕事を担う、「29155部隊」は掟…

  • 8

    やはり空気感染はあった? だとすれば対策の強化が必要

  • 9

    ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

  • 10

    英会話では英語が身につかない2つの理由

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 5

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 6

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 7

    英首相ジョンソン、香港市民の英市民権取得を確約 中…

  • 8

    東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

  • 9

    スウェーデンの悪夢はパンデミック以前から始まって…

  • 10

    ブラックホール爆弾から無限のエネルギーを取り出す…

  • 1

    国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

  • 2

    中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

  • 3

    科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

  • 4

    世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

  • 5

    中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

  • 6

    孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

  • 7

    東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

  • 8

    ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

  • 9

    自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

  • 10

    宇宙に関する「最も恐ろしいこと」は何? 米投稿サ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!