ニュース速報

失業率と物価の関係は崩壊、物価目標未達は信認問題=FRB理事

2019年05月17日(金)03時07分

[ワシントン 16日 ロイター] - ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事は16日、失業率と物価がトレードオフの関係にあることを示すフィリップス曲線は崩壊しており、物価を目標水準に引き上げられない場合、問題が生じる恐れがあるとの考えを示した。

理事は、失業率が半世紀ぶりの水準にまで改善しているのにインフレ率が伸びないのは「不可解」であり、2%の物価目標を達成できなければFRBの信認に関わってくると指摘。

その上で「インフレ率はすう勢として2%目標をやや下回っているもようで、家計や企業は物価が目標を下回る状況が長引くと想定し、行動を変える恐れがある」と述べた。

また輸入物価などが急激に上昇した場合、FRBは日和見的にこうした上昇を容認することで、インフレの多少のオーバーシュート(行き過ぎた変動)が物価目標と一致することをメッセージとして伝達することができるとした。

理事は、フィリップス曲線の崩壊が銀行の資本バッファー(最低資本比率からの上乗せ分)引き上げなど規制強化の根拠にもなると指摘。低金利が金融バブルの発生を促すリスクに対し、利上げではなく資本バッファーの引き上げで対処することが可能とした。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング