ニュース速報

米中通商協議、1日目終了 米は制裁関税発動へ

2019年05月10日(金)12時47分

[ワシントン 9日 ロイター] - 米国と中国は9日、ワシントンで行われている貿易問題を巡る閣僚級協議の1日目を終了した。米国が中国からの輸入製品への関税引き上げを準備する中、協議の行方に注目が集まっている。

中国の劉鶴副首相はこの日、ライトハイザー米通商代表部(USTR)代表、ムニューシン財務長官と約90分会談。

ホワイトハウスの報道官によると、ライトハイザー、ムニューシンの両氏と劉鶴副首相は、10日午前に通商協議を継続することで合意した。

米政府は米東部時間10日午前0時1分(日本時間同午後1時1分)に、中国からの2000億ドル相当の輸入品に対する関税を10%から25%に引き上げるとしている。

携帯電話やコンピューター、衣類、おもちゃなどの消費財が特に打撃を受ける見込み。

トランプ米大統領は9日、新たに3250億ドル相当の中国製品に追加関税を発動する手続きを始めたことを明らかにした。

トランプ氏は、中国が数カ月に及ぶ交渉で示してきた約束を破っていると批判。ホワイトハウスのイベントで「合意に非常に近づいていたが、中国側が交渉のやり直しを始めた。それはできない」と述べた。

米株式市場は通商交渉への警戒感から下落して終了した。ただ、中国の習近平国家主席から「美しい」書簡を受け取ったとトランプ氏が述べると、下げを縮小した。米原油先物価格は下落。米国債利回りは安全資産への資金シフトから低下した。

米商務省が9日発表した3月の貿易赤字は前月比1.5%増の500億200万ドルだった。トランプ氏が掲げる「米国第一主義」政策の中心的な課題である対中貿易赤字は16.2%減の207億4900万ドルと、2014年3月以来の低水準になった。

中国商務省は9日、米国との貿易戦争において自国の利益を守る用意が十分にあると表明。その上で、米国が一方的な措置でなく対話を通じて問題を解決することを期待するとした。同省の高峰報道官は記者団に対し、中国には国益を守る決意と能力があるが、米国が歩み寄ることを期待すると述べた。

関係筋が明らかにしたところによると、中国が合意文書案の文言を大幅に変更し、米国がそれを拒否することを踏まえると、文言修正には1カ月かかる可能性がある。ただ、協議は数日間続く可能性があるという。

中国が交渉を長引かせるためにある程度譲歩することや、交渉が決裂することもあり得る。また、中国が、合意文書案の大幅修正を撤回し、6月に日本で行われる20カ国・地域(G20)首脳会議までの合意を目指して残る課題に取り組むことも考えられる。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

バイデン陣営、納税問題でトランプ氏への攻撃強める 

ワールド

アゼルバイジャン民族紛争激化、ロシアとトルコ巻き込

ビジネス

米経済、包摂性なければ完全に回復せず=クリーブラン

ワールド

米大統領、短時間コロナ検査キット1.5億個を州に配

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に逆風

  • 3

    タイ環境相、国立公園に捨てられたゴミを「持ち主に送り返す」対策で対抗

  • 4

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 5

    中国漁船団は世界支配の先兵

  • 6

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    日本人のインスタ好きの背景に「英語が苦手な事実」…

  • 9

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 10

    南北統一をめぐる韓国人の微妙な本音「統一は必要で…

  • 1

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 2

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 3

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 7

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 8

    どこが人権国家? オーストラリア政府がコロナ禍で…

  • 9

    なぜ日本は「昭和」のままなのか 遅すぎた菅義偉首…

  • 10

    台湾有事を想定した動画を中国軍が公開

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 6

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 7

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 8

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 9

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

  • 10

    太陽の黒点のクローズアップ 最新高解像度画像が公…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!