ニュース速報

フィンテック、経済成長・社会問題の解決に貢献し得る=黒田日銀総裁

2019年03月15日(金)19時42分

[東京 15日 ロイター] - 黒田東彦日銀総裁は15日、都内で開催された経団連主催のG20参加国・地域の経済団体によるB20サミットであいさつし、金融と情報技術を融合させたフィンテックの普及は、利便性の向上などを通じて経済成長に寄与するとともに、金融包摂などの社会的問題の解決にも貢献し得るとの認識を示した。

今年のG20は日本が議長国を務めるが、総裁は議題の1つとなる「持続可能な開発目(SDGs)」に関連し、金融分野においても「誰ひとり取り残されることなく金融サービスにアクセスできる、という金融包摂が重要な政策課題として多くの国で掲げられている」と指摘。金融包摂を進めていく上で、フィンテックに注目していると語った。

特に新興国や発展途上国を中心にしたスマートフォンを用いたキャッシュレス決済や、オンライン融資サービスの普及などを挙げ、「フィンテックは、利便性の向上や金融仲介の活発化を通じて経済成長へ寄与するとともに、金融包摂など社会的問題の解決にも貢献し得る」と語った。

一方、フィンテックの急速な普及には「いくつか注意すべき点もある」とし、サイバーセキュリティー対策や個人情報保護など「取引の安全性を確保する必要がある」とともに、マネーロンダリングやテロ資金供与などに悪用されるリスクにも対応しなければならない、と述べた。

また、金融監督体制が整っていない国では、信用拡大によって「金融の不安定化につながるリスクを高める可能性が指摘されている」とも語った。

(伊藤純夫)

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング