ニュース速報

英中銀、ブレグジット不安などで成長率予想引き下げ 政策金利据え置き

2019年02月08日(金)07時35分

[ロンドン 7日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)は7日、政策金利を0.75%で据え置くことを全会一致で決定した。国債買い入れ枠も4350億ポンドに据え置いた。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る不確実性や世界的な景気減速を踏まえ、2019年の英国の経済成長率予想を10年ぶりの低水準に下方修正した。

英中銀は「英経済成長は2018年終盤に減速し、2019年に入ってからさらに減速したとみられる」とし「この減速は、国外の経済活動の鈍化やブレグジットを巡る不確実性の影響拡大を主に反映している」と述べた。

カーニー総裁は「ブレグジットの霧が経済指標の短期的な変動に加え、より根本的には経済の緊張や企業に対する緊張を引き起こしている。多くの企業は緊急時の対応策を強化しているが、経済全体としてはまだ合意や移行なき離脱への備えはできていない」と語った。

英国は3月29日にEUを離脱することになっているが、政府の離脱合意案は議会で否決され、メイ首相はEUからさらなる譲歩を得ようとしている。

英中銀は、ブレグジットの最悪のシナリオとして、合意なくEUを離脱すれば、英経済は世界金融危機以上の打撃を被る可能性があると指摘していた。

7日発表したインフレ報告で、英中銀は、2019年の成長率予想を昨年11月の1.7%から1.2%に引き下げた。引き下げ幅は、2016年の国民投票直後以来最大で、1.2%は世界金融危機以降で最低となる。

今年は企業投資や住宅建設が減少すると予想するとともに、世界経済の減速を踏まえて輸出の伸び率予想も半分に下方修正した。

2020年の成長率予想も1.7%から1.5%に引き下げた。21年は1.9%に回復すると予想した。

英中銀は、市場が2021年末までに政策金利が1.1%に上昇すると織り込んでいると指摘。昨年11月の1.4%から低下した。

しかし、2年後のインフレ率について、中銀の目標である2%をわずかに上回る2.1%と予想し、市場の想定よりも金利が上昇する可能性を示唆した。

インフレ率は原油安で向こう数カ月は目標を下回るものの、1年後には目標を超えると予想。英中銀が基調的なインフレ圧力が高まるとみる根拠は、記録的な低失業率を受けた賃金の上昇だ。

今回、賃金に関する予想は前回と概ね変化はなかった。

INGのエコノミスト、ジェームズ・スミス氏は「中銀が短期的に一段とハト派に傾いていることは明らか。依然として利上げは好ましいと微妙にほのめかしてはいるものの、すべてはブレグジット次第だ」と指摘した。

JPモルガンのエコノミスト、アラン・モンクス氏は「今後数カ月間利上げはないとの中銀の明確なメッセージが読み取れる」とした上で、利上げは当初の見立てである5月から8月以降にずれ込むと予想した。

*体裁を整えて再送します。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

MAGAZINE

特集:日本人が知るべきMMT

2019-7・23号(7/17発売)

アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

人気ランキング

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 3

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 4

    家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

  • 5

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

  • 8

    苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

  • 9

    韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

  • 10

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 1

    子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

  • 2

    輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

  • 3

    同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

  • 4

    日本の重要性を見失った韓国

  • 5

    国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

  • 6

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 7

    トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

  • 8

    4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

  • 9

    韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

  • 10

    巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

  • 1

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

  • 2

    自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

  • 3

    若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

  • 4

    異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

  • 5

    日本の重要性を見失った韓国

  • 6

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 7

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 8

    テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

  • 9

    地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

  • 10

    全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版編集部員ほか求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!