ニュース速報

英中銀、ブレグジット不安などで成長率予想引き下げ 政策金利据え置き

2019年02月08日(金)07時35分

[ロンドン 7日 ロイター] - イングランド銀行(英中央銀行)は7日、政策金利を0.75%で据え置くことを全会一致で決定した。国債買い入れ枠も4350億ポンドに据え置いた。英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る不確実性や世界的な景気減速を踏まえ、2019年の英国の経済成長率予想を10年ぶりの低水準に下方修正した。

英中銀は「英経済成長は2018年終盤に減速し、2019年に入ってからさらに減速したとみられる」とし「この減速は、国外の経済活動の鈍化やブレグジットを巡る不確実性の影響拡大を主に反映している」と述べた。

カーニー総裁は「ブレグジットの霧が経済指標の短期的な変動に加え、より根本的には経済の緊張や企業に対する緊張を引き起こしている。多くの企業は緊急時の対応策を強化しているが、経済全体としてはまだ合意や移行なき離脱への備えはできていない」と語った。

英国は3月29日にEUを離脱することになっているが、政府の離脱合意案は議会で否決され、メイ首相はEUからさらなる譲歩を得ようとしている。

英中銀は、ブレグジットの最悪のシナリオとして、合意なくEUを離脱すれば、英経済は世界金融危機以上の打撃を被る可能性があると指摘していた。

7日発表したインフレ報告で、英中銀は、2019年の成長率予想を昨年11月の1.7%から1.2%に引き下げた。引き下げ幅は、2016年の国民投票直後以来最大で、1.2%は世界金融危機以降で最低となる。

今年は企業投資や住宅建設が減少すると予想するとともに、世界経済の減速を踏まえて輸出の伸び率予想も半分に下方修正した。

2020年の成長率予想も1.7%から1.5%に引き下げた。21年は1.9%に回復すると予想した。

英中銀は、市場が2021年末までに政策金利が1.1%に上昇すると織り込んでいると指摘。昨年11月の1.4%から低下した。

しかし、2年後のインフレ率について、中銀の目標である2%をわずかに上回る2.1%と予想し、市場の想定よりも金利が上昇する可能性を示唆した。

インフレ率は原油安で向こう数カ月は目標を下回るものの、1年後には目標を超えると予想。英中銀が基調的なインフレ圧力が高まるとみる根拠は、記録的な低失業率を受けた賃金の上昇だ。

今回、賃金に関する予想は前回と概ね変化はなかった。

INGのエコノミスト、ジェームズ・スミス氏は「中銀が短期的に一段とハト派に傾いていることは明らか。依然として利上げは好ましいと微妙にほのめかしてはいるものの、すべてはブレグジット次第だ」と指摘した。

JPモルガンのエコノミスト、アラン・モンクス氏は「今後数カ月間利上げはないとの中銀の明確なメッセージが読み取れる」とした上で、利上げは当初の見立てである5月から8月以降にずれ込むと予想した。

*体裁を整えて再送します。

ロイター
Copyright (C) 2019 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

コロナ関連倒産の増加、雇用面の影響注意深く見ていく

ワールド

インドの新型コロナ感染者、20万人突破 ピークはか

ビジネス

働き方より柔軟に、社員分散も選択肢=野村グループC

ビジネス

仏ルノー、50億ユーロ規模の政府保証融資制度で合意

MAGAZINE

特集:検証 日本モデル

2020-6・ 9号(6/ 2発売)

日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

人気ランキング

  • 1

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 2

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機を操作した可能性

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    警官と市民の間に根深い不信が横たわるアメリカ社会…

  • 5

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

  • 6

    ブラジル、食肉施設で約2400人が新型コロナ感染 南部…

  • 7

    新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(1…

  • 8

    中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 イン…

  • 9

    東京都「東京アラート」発動、レインボーブリッジ赤く…

  • 10

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

  • 1

    ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

  • 2

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 3

    レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

  • 4

    ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

  • 5

    新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

  • 6

    韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

  • 7

    「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

  • 8

    ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

  • 9

    「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危…

  • 10

    西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

  • 1

    「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

  • 2

    金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

  • 3

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

  • 4

    スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

  • 5

    過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

  • 6

    日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

  • 7

    コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

  • 8

    コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

  • 9

    ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

  • 10

    優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!