ニュース速報

大幅反落、下げ幅400円超 先物売りで崩れる

2018年12月14日(金)16時10分

[東京 14日 ロイター] - 東京株式市場で日経平均は大幅に反落した。世界景気に対する先行き懸念が相場の重しとなる中、海外短期筋とみられる先物売りに押され、下げ幅は440円を超えた。中国の11月鉱工業生産や小売売上高が低調な内容となったことも、投資家心理の悪化につながった。

騰落率は日経平均が前日比2.02%安、TOPIXは同1.51%安となった。東証1部の売買代金は3兆円を超えたが、日中の値幅の大きさやSQ(特別清算指数)算出日であることを考慮すると、商いは盛り上がりを欠いた。セクター別で上昇したのは電気・ガスのみ。32業種が値下がりし、下落率トップは鉱業。精密機器、機械、証券がこれに続いた。

寄り前発表の12月日銀短観は大企業・製造業の業況判断(DI)がプラス19と前回調査比で横ばい。市場予想のプラス17を上回った。ただ先行きはプラス15と悪化が見込まれており、「懸念を持たせる内容」(国内証券)との声が聞かれた。

日経平均は下落スタートとなった後、下げ幅を縮小。2万1700円台半ばまで戻す場面があったが、先物売りで崩れる展開となった。前場後半に中国の経済指標が発表されると、この日の安値を付けた。

松井証券シニアマーケットアナリストの窪田朋一郎氏は「もともとSQ前に過剰に指数は引き上げられていた。昨日までが出来すぎていた」としたうえで、「下値が徐々に切り下がっているのは気になるが、中国景気に関しては、当局による財政出動などの対応や効果も見込まれる」と指摘する。後場に入ると先物売りは一服。大引け前に売り仕掛けの動きもみられたが、日中安値の更新には至らなかった。

大阪取引所によると、12月限の日経平均先物のSQ値は2万1618円88銭。日経平均はこれを大きく下回って終了した。

個別銘柄ではジャパンディスプレイ<6740.T>が急騰。同社は14日、一部で報じられた中国系企業や投資ファンドなどとの出資交渉について、同社が発表したものではないとのコメントを開示。その上で「外部との提携で協議を継続しており、交渉相手には中国系企業も含まれる」としている。経営再建の進展に期待した買いが入った。

半面、ホシザキ<6465.T>がストップ安。14日、提出期限の延長承認を受けていた第3四半期報告書について、期限となる同日までに提出できない見込みとなったと発表した。これを受け東京証券取引所はホシザキ株を監理銘柄(確認中)に指定。上場廃止リスクが意識された。

東証1部の騰落数は、値上がり252銘柄に対し、値下がりが1826銘柄、変わらずが50銘柄だった。

日経平均<.N225>

終値      21374.83 -441.36

寄り付き    21638.96

安値/高値   21353.94─21751.31

TOPIX<.TOPX>

終値       1592.16 -24.49

寄り付き     1609.93

安値/高値    1590.48─1614.93

東証出来高(万株) 187153

東証売買代金(億円) 31637.70

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

トランプ氏、レアアース依存の検証を閣僚に指示

ビジネス

東証、全銘柄の売買を停止 札幌・名古屋・福岡の取引

ビジネス

大手金融機関、接戦の大統領選に備え 市場混乱を警戒

ワールド

民主党の2.2兆ドルのコロナ経済対策法案は受け入れ

MAGAZINE

特集:感染症 vs 国家

2020-10・ 6号(9/29発売)

新型コロナウイルスに最も正しく対応した国は? 各国の感染拡大防止策を徹底査定する

人気ランキング

  • 1

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 2

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 3

    「お疲れさまでした」1人の中国人から、安倍前首相へ

  • 4

    韓国ネットに新たな闇 犯罪者を晒す「デジタル刑務所…

  • 5

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    感染者数・死者数を抑えた国、失敗した国 14カ国の…

  • 8

    安倍政権が推進した「オールジャパン鉄道輸出」の悲惨…

  • 9

    台湾の都市名に添えられた「中国」表記、EUの支援で「中…

  • 10

    トランプ巨額脱税疑惑、スキャンダルの本丸はその先…

  • 1

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 2

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿勢と内部腐敗の実態

  • 3

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに動画が拡散

  • 4

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 5

    中国の台湾侵攻に備える米軍の「台湾駐屯」は賢明か 

  • 6

    北朝鮮の韓国乗組員射殺で「終戦宣言を」の文在寅に…

  • 7

    新型コロナは「中国病」どころかアメリカ病だ

  • 8

    核武装しても不安......金正恩が日本の「敵基地攻撃…

  • 9

    美貌の女性解説員を破滅させた、金正恩「拷問部隊」…

  • 10

    トランプはなぜ懲りずに兵士の侮辱を繰り返すのか(…

  • 1

    安倍首相の辞任で分かった、人間に優しくない国ニッポン

  • 2

    中国人民解放軍、グアムの米空軍基地標的とみられる模擬攻撃の動画公開

  • 3

    【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

  • 4

    反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

  • 5

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立…

  • 6

    日本がついに動く実物大のガンダムを建造、ファンに…

  • 7

    中国軍の侵攻で台湾軍は崩壊する──見せ掛けの強硬姿…

  • 8

    米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

  • 9

    尖閣問題への米軍介入で中国軍との戦闘は不可避──仮…

  • 10

    アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!