最新記事
ペット

きょうだい猫のカオスな日常に1匹がマジギレ...おねむ猫の不機嫌な表情がやばすぎる

Sleepy Cat Gives Death Stare to Loud Sibling: 'If Looks Could Kill'

2024年3月1日(金)16時00分
アリス・ギブス
(写真はイメージです) tickcharoen04-Shutterstock

(写真はイメージです) tickcharoen04-Shutterstock

<やかましいきょうだい猫に対する1匹の猫の反応がネットで話題沸騰>

1匹の猫がやかましく遊ぶきょうだいに対して見せた反応が爆笑を誘っている。

【動画】きょうだい猫のカオスな日常に1匹がマジギレ...おねむ猫の不機嫌な表情がやばすぎる

カナダに住むアマンダ・アラジはグッチー、リンド、プリンスの3匹の猫と暮らす飼い主。今回の動画は、回し車で遊ぶリンドに対するグッチーの反応をとらえた。

寝所に収まったグッチーは、あからさまに不機嫌そうな表情を見せている。一方のベンガル猫のリンドは、楽し気に回し車の上を歩きながら大きな鳴き声を立てていた。

「回し車で歩きながらのミャーミャーはいつものこと。普段のグッチーは気にしない様子だけれど、あの最中に不機嫌な顔をしたことがあったので、共有することにした。ちょっと面白いと思って」とアラジは本誌に語った。

動画はTikTokで5万4000回再生されている。猫好きたちはグッチーの不機嫌な表情に大喜び。「きょうだいの不慮の死をたくらんでいる。それが家族というものだ」という冗談のコメントもあった。

寝ようとしているグッチーが「文字通りの横目」で冷ややかな視線を送っていると面白がるユーザーや、「にらんで殺せたら」と反応したユーザーもいる。

別の飼い主によれば、猫が回し車で遊びながらやかましく鳴く反応は、それほど珍しくないという。「私のベンガル猫の1匹は、真夜中過ぎに回し車で歩きながら叫ぶのはいい考えだと思い付いた。(それが)何カ月も続いて、私は夜中に取り崩さなければならなかった」

回し車は、特にベンガルのようなエネルギッシュな種に関して、猫の生活を豊かにする道具として人気が高い。

猫が回し車で運動すればカロリーを燃焼でき、筋肉が付いて心の刺激にもなる。定期的に運動することで代謝の促進、関節の健康増進、家具をひっかくなど好ましくない行動の減少といった効果が期待できる。

グッチーの同居猫に対する反応が注目の的になったのは今回が初めてではない。昨年は、飼い主が新しい猫のプリンスを家に連れてきた時の反応が笑いを巻き起こした。

こちらの動画では戸棚の中のグッチーが新しい家族に対してシャーシャー言いながら唸り声を上げている。幸いなことに、最近では2匹は仲良しになり、グッチーが新入りに温かく接している。

(翻訳:鈴木聖子)

202404300507issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

2024年4月30日/5月7日号(4月23日発売)は「世界が愛した日本アニメ30」特集。ジブリのほか、『AKIRA』『鬼滅の刃』『ドラゴンボール』『千年女優』『君の名は。』……[PLUS]北米を席巻する日本マンガ

※バックナンバーが読み放題となる定期購読はこちら


今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

北朝鮮が弾道ミサイル発射、韓国軍発表 すでに落下の

ビジネス

英住宅売却希望価格、過去最高に迫る=ライトムーブ

ワールド

欧州で過酷な熱波の確率上昇、温暖化継続で=世界機関

ワールド

焦点:トランプ氏、若者の支持拡大 インフレやウクラ
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:老人極貧社会 韓国
特集:老人極貧社会 韓国
2024年4月23日号(4/16発売)

地下鉄宅配に古紙回収......繁栄から取り残され、韓国のシニア層は貧困にあえいでいる

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 2

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 3

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 4

    メーガン妃から「ロイヤルいちごジャム」を受け取っ…

  • 5

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 6

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 7

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 8

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    『関心領域』ゲストトーク付き特別試写会 50組100名…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 7

    天才・大谷翔平の足を引っ張った、ダメダメ過ぎる「無…

  • 8

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 9

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 10

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    浴室で虫を発見、よく見てみると...男性が思わず悲鳴…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中