最新記事

ロシア

毒を盛られたとの憶測も...プーチンの「忠実なしもべ」に何が? 公開された「新動画」で議論が再燃

Ramzan Kadyrov Appears in Hospital Video Amid Health Speculation

2023年9月23日(土)12時35分
イザベル・ファン・ブリューゲン
ロシアのプーチン大統領とチェチェン共和国のカディロフ首長

ロシアのプーチン首相(当時)とチェチェン共和国のカディロフ首長(2011年12月) Alexei Nikolsky/RIA Novosti/Pool-REUTERS

<チェチェン共和国のカディロフ首長の健康状態をめぐり、ウクライナ側からの情報も含めてさまざまな憶測が飛び交っている>

ウクライナを相手に苦戦が続くロシアのウラジーミル・プーチン大統領は、またもや重要な「盟友」を失ってしまったのか......。ここ最近、チェチェン共和国のラムザン・カディロフ首長の健康状態をめぐって、「死亡説」を含むさまざまな憶測が飛び交っている。そうしたなか、カディロフのテレグラムチャンネルには、病院で撮影されたと見られる彼の動画が投稿されて議論を呼んでいる。

■【動画】「健在」をアピールするも、真偽について議論は二分...公開されたカディロフの新たな動画

カディロフは、プーチンの「盟友」または「忠実なしもべ」などと呼ばれることの多い人物だが、最近は重病説や死亡説まで囁かれている。今回、こうした動画を公開したのには、それらの噂を払拭する狙いがあったとみられる。

カディロフの健康状態については先週、ウクライナ国防省情報総局のアンドレイ・ユソフ報道官が、全身性の健康問題によりかなり前から体調を崩していると発言したことから、さまざまな憶測が浮上していた。ユソフは9月15日にウクライナの国営通信社「ウクルインフォルム」に対して、カディロフが「数日前から重体」だと述べていた。

今回カディロフのテレグラムチャンネルに投稿された内容によれば、彼は生きていて体調にも問題はないという。動画の場面は、モスクワの大統領府中央病院で治療を受けている、叔父のハースマゴメド・カディロフを見舞ったときのものだとしている。

動画には、カディロフが病室で叔父の隣に座っている様子が映っている。さらに医師とみられる男性の姿もあり、この人物はハースマゴメド・カディロフが2週間前から入院していると説明し、「今日は9月20日だ」とも述べている。

「誰が嘘をついているかが分かった」

ただカディロフは動画の中で、自身の健康状態をめぐる憶測については語っておらず、動画に添えられた文章の中で言及されているだけだ。また動画は、カディロフを近距離から撮影してはいない。

本誌はこの動画がいつ、どこで撮影されたものか裏付けを取ることができなかった。本誌はこの件についてロシア外務省にメールでコメントを求めたが、返答はなかった。

カディロフのテレグラムチャンネルに投稿された文章は、次のようなものだった。「私の健康状態をめぐる噂についてコメントしよう。全能の神のおかげで、私は元気に過ごしている。それに、もしも私が病気だったとしても、大騒ぎするようなことだろうか。だが今回の一件ではいいこともあった。どのメディアやどの人物が、読者に向けて図々しく嘘をついているのかが分かったということだ」

【20%オフ】GOHHME 電気毛布 掛け敷き兼用【アマゾン タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国の石炭火力発電、23年認可容量10%増 気候目

ビジネス

利益成長が支援、4万2000円は十分可能=コムジェ

ビジネス

ヘッジファンド、先週の米株式市場で売り越し=Bof

ワールド

南ア、中銀の緊急準備取り崩し 債務対策で3年間に約
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 2

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中国のあまりにお粗末な防災意識

  • 3

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が語る「敗北のシナリオ」

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    アゾフ旅団がロシア軍陣地を「闇討ち」...暗視カメラ…

  • 6

    南海トラフ巨大地震で日本を失わないために

  • 7

    中国株の暴落が止まらない 外国人投資家はほぼ撤退

  • 8

    台湾に100機近い気球を飛ばしてくる中国が意味不明

  • 9

    アウディーイウカ制圧「ロシアは大きな犠牲を支払っ…

  • 10

    2024年を生き抜いたプレーヤーが、Web3.0の未来を握る

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    「ノージャパン」はどこへ......韓国ソウルの街角に…

  • 7

    日経平均「ほぼ史上最高」を喜べない2つの理由

  • 8

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 9

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 10

    本物のプーチンなら「あり得ない」仕草......ビデオ…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    いよいよ来年に迫った「2025年問題」とは何か? リス…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中