最新記事

アメリカ

米NY最小!? 家賃650ドルのアパートにネット驚愕...日本人には驚くほどじゃない?

Internet Stunned by NYC's 'Smallest Apartment' Going For $650 Per Month

2022年9月25日(日)07時34分
キャサリン・フェリス
ニューヨークのアパート

billnoll-iStock

<家賃の値上がりが止まらない米ニューヨーク市だが、そこで最小と思われるアパートの一室に暮らす女性が、その部屋を動画で公開した>

一般人の住居を見学する動画をネットで公開している男性が、「ニューヨークで最も小さなアパート」の部屋と、そこに住む女性の声を紹介。「これで十分かも」「値段の割にクール」「閉所恐怖症の私には無理」と、さまざまな反響を呼んでいる。

■【動画】「ニューヨーク最小」アパートの部屋の中を紹介する動画

ケイレブ・シンプソンが自身のTikTokアカウント(@calebwsimpson)に投稿したのは、マンハッタンのミッドタウンにあるアライナ・ランダッツォさんのアパートで、月額家賃は650ドルだという。

シンプソンはYouTubeに見学動画の拡大版を掲載しており、「今日見学するのはニューヨークで一番狭いアパートで、80平方フィート(約7.4平方メートル)、つまり駐車場の大きさだ」と紹介している。全米の賃貸物件を調査するサイト「ズンパー」によると、ニューヨークの1ベッドルームアパートの平均家賃は3975ドルで、1年間で28%上昇したという。

シンプソンのTikTokの動画を見れば、ランダッツォさんのアパートの簡単な「見学」ができる。

狭小スペースに物がギリギリ収まっている

狭小スペースを俯瞰した映像では、ランダッツォさんがキッチンとリビングを兼ねたスペースに入ってくる。ドアが開くと、薄型テレビや音響機器にぶつかりそうだ。そこから1フィート(約30センチ)ほど離れたところに、2口コンロとシングルシンクが垂直に位置している。

次の場面では、部屋の狭さが一目瞭然だ。ランダッツォさんが床に横たわると、頭を玄関ドアにもたれかけた状態で、足がコンロ下のミニ冷蔵庫に余裕で届いてしまう。「5フィート5インチ(約165センチ)で、収まらないんだね」とシンプソンが語りかける。

テレビの向かいには小さなソファがあり、隣にロフトベッドに上がるためのはしごが備え付けられている。「ロフトがこの間取りで一番気に入っている」とランダッツォさん。

部屋に窓はないが、日中は天窓から自然光が入る。バスルームは部屋を出た廊下の先にある。

拡大版の動画では、ランダッツォさんとシンプソンが狭小住宅での生活について語っている。ランダッツォさんは、このアパートに引っ越す前は、高級な高層ビルに住んだこともあるという。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

中国の過剰生産能力による世界経済への悪影響を懸念=

ワールド

アングル:太陽光発電大国オーストラリア、さらなる普

ビジネス

米国株式市場=S&Pとダウ再び最高値、エヌビディア

ビジネス

NY外為市場=ドル指数横ばい、週足では年初来初の下
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    対戦車ミサイルがロシア兵に直撃...衝撃映像に「プロの仕事」「費用対効果が...」と反応さまざま

  • 3

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を受け、炎上・爆発するロシア軍T-90M戦車...映像を公開

  • 4

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 5

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年.…

  • 6

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな…

  • 7

    米大統領選、バイデンが撤退ならミシェル・オバマが…

  • 8

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 9

    元CIA諜報員がウクライナ支援を解き明かす、バイデン…

  • 10

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 1

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話題に 外交の場での「奇妙な様子」にも注目集まる

  • 2

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 3

    毎日を幸福に過ごす7つの習慣の1つ目が「運動」である理由

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑…

  • 6

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 7

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 8

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 9

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 5

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 6

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

  • 10

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中